更新履歴

機種名称 初期出荷
バージョン
出荷日 最新
バージョン
更新日
WD622GV (E) 7.96 2003年9月30日 8.79 2009年1月16日

製品出荷時に適用されているバージョン以降でご利用ください。出荷バージョン以前のものでの動作保証はいたしかねます。ご了承ください。

2009年1月16日の更新履歴
バージョン 8.79
更新内容
  1. IP電話接続性の向上
備考

2009年2月16日追記

当バージョンは、2009年2月16日に掲載いたしました事象 「装置起動から約6年9ヶ月(81ケ月)連続稼動を行うと、IP電話の発着信ができなくなる」問題を改善するためのファームウェアになります。

この事象に関する詳細な内容は、「IP電話対応機器の不具合についてお詫びとお願い」をご参照ください。

お客様には多大なご迷惑とご不便をお掛けしますことを心よりお詫び申し上げますとともに、当ファームウェアの適用をお願い申し上げます。

2007年2月7日の更新履歴
バージョン 8.76
更新内容
  1. IEEE802.11aにつきまして、旧5.2GHz帯(J52)から新5.2GHz帯(W52)への対応が可能になりました。

    従来の「IEEE802.11a(J52)」から新方式の「IEEE802.11a(W52)」に書き換えを行うと、書き換え前の状態(「IEEE802.11a(J52)」)には戻せません。

    詳細につきましては、「新5.2GHz(W52)対応情報」をご確認ください。

  2. IP電話接続性の向上
2006年4月19日の更新履歴
バージョン 8.6f
更新内容
  1. 無線LANの接続性向上
  2. ルータ機能の接続性向上
  3. UPnPの接続性向上
2004年9月24日の更新履歴
バージョン 8.36
更新内容
  1. IP電話接続性の向上
  2. 一部の電話機において、ナンバーディスプレイ表示ができない場合があることへの動作改善
  3. 一般加入電話からの着信検出感度の向上

    一般加入電話からの着信検出をリンガ1鳴動分早めました。

  4. IP電話着信処理の改善

    一部の電話機において、IP電話による着信により留守番電話機能が作動した場合、相手側が切断してもすぐに切断できない場合があることへの対処を行いました。

  5. 回線などの環境によって、まれにVoIPランプが赤点灯し、IP電話が使えなくなる場合についての動作改善
  6. 回線などの環境によって、まれにインターネットに接続できなくなる現象に対処
  7. MacOS X 10.3以降でインターネットエクスプローラを使用した際、クイック設定Webの[詳細設定]−[高度な設定]画面で設定・表示が正しく行えない現象に対処
  8. WPA-TKIP、WPA-AES対応

    無線LANの暗号化方式として、従来の「WEPモード」に加えて「WPA-PSK(TKIP)モード」と「WPA-PSK(AES)モード」に対応しました。

  9. 無線LAN性能の向上

    Atheros Communications社の無線LAN高速化技術「Super AGモード」のうち「フレームバースティング機能」と「無線ネットワーク最適化」に対応しました。

    詳細につきましては、「Super AG 対応情報」をご参照ください。

    注意

    • 上記機能はファーム更新すると自動的に有効となります。
    • 「リアルタイム圧縮」には対応していません。
    • Super AGをご使用になるには、無線LANアクセスポイント(親機)・無線LAN端末(子機)の双方が対応している必要があります。
2003年12月10日の更新履歴
バージョン 7.aa
更新内容
  1. 184/186ダイヤル時の動作変更

    184/186以降に続く電話番号で、IP電話発信なのかPSTN発信なのかを判断するように変更

  2. ADSL特性改善

    ノイズ耐性を改善することにより、安定性を向上しました。

» このページのトップへ戻る

この画面を閉じる