Wi-Fi通信の拡張機能を使う

本商品では、Wi-Fi通信の送信出力や、使用チャネルの変更のほか、以下の設定ができます。

設定を行う前に

  • 設定を変更した場合は、再起動を行う前に設定を保存しないと設定内容が失われます。
    再起動の前に[設定]をクリックしてください。
  • バージョンアップ中は、本商品の電源を切らないでください。本商品が正常に動作しなくなる可能性があります。

設定手順

無線優先制御機能を設定する

Wi-Fi通信の優先制御機能を有効にします。WMM(Wi-Fi Multimedia)方式に、原則として準拠した機能です。IEEE802.11n通信をご利用の場合には、必ず「使用する」に設定してください。

※ 初期値では無線優先制御機能を「使用する」設定になっています。

 

クイック設定Webで設定します。
1.
「無線LAN設定」-「無線LAN設定」をクリックします。
設定画面イメージ
2.
[高度な設定を表示]をクリックします。
設定画面イメージ
3.

「無線優先制御機能」の「使用する」にチェックし、[設定]をクリックします。

設定画面イメージ
4.
メッセージが表示されたら[OK]をクリックします。
設定画面イメージ

◆補足◆

  • 設定変更後、Wi-Fi接続が切断される場合があります。Wi-Fi接続し直してください。

マルチキャスト伝送速度を変更する

Wi-Fi通信のマルチキャストを伝送する速度を変更できます。Wi-Fiのマルチキャストスピードは、初期値で低く設定されているため、マルチキャストストリーミングサービスを利用する場合には、伝送速度の値を変更する(上げる)必要があります。
クイック設定Webで設定します。
1.
「無線LAN設定」-「無線LAN設定」をクリックします。
設定画面イメージ
2.
[高度な設定を表示]をクリックします。
設定画面イメージ
3.

「マルチキャスト伝送速度(Mbps)」で、伝送速度を選択し、[設定]をクリックします。
「1(初期値)」、「2」「5.5」「11」から選択します。

設定画面イメージ
4.
メッセージが表示されたら[OK]をクリックします。
設定画面イメージ

◆補足◆

  • 設定変更後、Wi-Fi接続が切断される場合があります。Wi-Fi接続し直してください。

DTIM値を変更する

Wi-Fi通信のDTIM値を設定します。Beaconに含めるDTIMの間隔を入力します。 DTIMの間隔はパワーセーブモードの子機の動作に影響します。

※  通常は、初期値のままで使用してください。

クイック設定Webで設定します。
1.
「無線LAN設定」-「無線LAN設定」をクリックします。
設定画面イメージ
2.
[高度な設定を表示]をクリックします。
設定画面イメージ
3.
「DTIM(回)」で回数を入力し、[設定]をクリックします。
入力できる値は、1~10回です。
設定画面イメージ
4.
メッセージが表示されたら[OK]をクリックします。
設定画面イメージ

◆補足◆

  • 設定変更後、Wi-Fi接続が切断される場合があります。Wi-Fi接続し直してください。

使いかた

うまく動作しない場合は