DHCPサーバ機能

DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバ機能とは、LAN上のパソコンなどが起動すると、その都度、IPアドレスなどのネットワーク利用に必要な設定情報を、本商品から各パソコンなどに自動的に割り当てる機能です。
これにより、各クライアントでネットワークの詳細な設定を行わなくても、LANやインターネットに接続することができます。

イメージ


■設定方法

「クイック設定Web」

詳細モード「詳細設定」-「LAN側設定」の「DHCPサーバ機能」で設定する

<割り当てるIPアドレスの範囲を限定したい場合>

詳細モード「詳細設定」-「LAN側設定」の「DHCP割当範囲」で設定する

<特定の端末に常に同じIPアドレスを割り当てたい場合>

詳細モード「詳細設定」-「DHCP固定割当設定」で設定する

<お願い>

  • DHCPを使用しない場合は、「LAN側設定」の「DHCPサーバ機能」で「使用しない」を選択し、パソコンのネットワークの設定で下記の設定をする必要があります。

設定方法は こちら

[Windowsの場合]

・「次のIPアドレスを使う」を選択する

・IPアドレス
パソコン側のIPアドレスを任意で入力する
(他のホストのIPアドレスと重複しないアドレスを設定してください)
・サブネットマスク
255.255.255.0
・デフォルトゲートウェイ
本商品のIPアドレスを指定する

・「次のDNSサーバのアドレスを使う」を選択する。

・優先DNSサーバ
本商品のIPアドレスを指定する

[Mac OS の場合]

・IPアドレス
パソコン側のIPアドレスを任意で入力する
(他のホストのIPアドレスと重複しないアドレスを設定してください)
・サブネットマスク
255.255.255.0
・ルータ
本商品のIPアドレスを指定する
  • 「LAN側設定」で「IPアドレス」「ネットマスク」を変更した場合は、それらの設定に合わせて「DHCP割当範囲」も変更してください。
    正しく設定しないとパソコンなどが本商品と通信できなくなります。