子機WG1800HP/WG1400HPの使い方

本商品は、IEEE802.11ac、IEEE802.11n、IEEE802.11a、IEEE802.11g、IEEE802.11bに対応したイーサネットコンバータタイプの子機です。同じ無線LAN規格に対応した親機と、離れたところからWi-Fi通信することができます。

<お知らせ>

  • 利用できる親機はAtermStation(http://121ware.com/aterm/)をご覧ください。

■子機WG1800HP/WG1400HPとパソコンを接続する

1.
ETHERNETケーブルで子機WG1800HP/WG1400HPのLANポートとパソコンのLANポートを接続する

■子機WG1800HP/WG1400HPのDHCPサーバ機能を起動する

1.
子機WG1800HP/WG1400HPのRT/BR/CNVモード切替えスイッチがCNV側になっていることを確認する
2.
子機WG1800HP/WG1400HPからACアダプタのプラグをいったん外し、約10秒待つ
3.
子機WG1800HP/WG1400HPのらくらくスタートボタンを押しながら、ACアダプタのプラグを接続し、CONVERTERランプが緑点滅したら、らくらくスタートボタンを放す

親機とのWi-Fi接続はいったん切断されます。
子機WG1800HP/WG1400HPのDHCPサーバが起動します。

■「クイック設定Web」を起動する

4.
パソコンなどを起動する

※子機WG1800HP/WG1400HPに接続したパソコンから設定を行うには、パソコンのIPアドレスの設定が必要です。

Windows 8の場合

Windows 7の場合

Windows Vistaの場合

Windows XPの場合

Mac OS の場合

5.
WWWブラウザを起動し、子機WG1800HP/WG1400HPのIPアドレスを入力し、設定画面を開く(工場出荷時は192.168.1.245です)
例:http://192.168.1.245/
6.
画面にしたがって「管理者パスワードの初期設定」を行う

※この画面は管理者パスワードが未設定の場合に表示されます。

※親機としてご使用になる場合も子機としてご使用になる場合も、管理者パスワードは共通です。

このパスワードは、本商品の「クイック設定Web」を開く度に必要になります。忘れないように控えておきましょう。

画面例

7.
「ユーザー名」(上段)に「admin」(半角小文字)を、「パスワード」(下段)に手順6.で入力した「管理者パスワード」を入力し、[OK]をクリックする

※「クイック設定Web」を2回目以降に起動する場合はこの画面が表示されます。

画面例

8.
「クイック設定Web」が表示されます。

■「クイック設定Web」でWi-Fi接続する

1.
「基本設定」を選択する

画面例

2.
「ネットワーク名(SSID)」にWi-Fiネットワーク内で使用するネットワーク名(SSID)を入力する

※使用する親機のネットワーク名(SSID)を確認しておいてください。

画面例

※親機としてAtermシリーズを使う場合、工場出荷時のネットワーク名(SSID) は、親機のラベルに記載されています。
ただし、記載がない場合は「WARPSTAR-XXXXXX」(XXXXXXは親機に記載されているMACアドレスの下6桁)です。

※[アクセスポイント検索]をクリックして[アクセスポイント検索]画面を表示してネットワーク名(SSID)を選択することもできます。

3.
親機の暗号化設定に合わせて暗号化の設定を行う
親機に暗号化の設定を行っていない場合は、[暗号化モード]で[暗号化無効]を選択し、手順4に進みます。

■暗号化モードでTKIPまたはAESを使用する場合

画面例

(1)
[暗号化モード]で「TKIP」または「AES」を選択します。

※「WPA-PSK(TKIP)」、「WPA2-PSK(TKIP)」を選択した場合、IEEE802.11ac通信、IEEE802.11n通信はご利用になれません。

  • WPA/WPA2-PSK(TKIP)
  • WPA/WPA2-PSK(AES)
  • WPA2-PSK(TKIP)
  • WPA2-PSK(AES)
  • WPA-PSK(TKIP)
  • WPA-PSK(AES)
(2)
[指定方法]を選択します。
(3)
暗号化キーを入力します。

※暗号化キーに使用できる文字は以下のとおりです。

8~63桁の場合:英数記号(0~9、a~z、A~Z、下表の記号)

記号表

※「」(クエスチョンマーク)は親機によっては、使用できない場合があります。(親機がWR9500Nの場合は使用できません)

※「」(バックスラッシュ)はパソコンによっては、「」と表示されます。

64桁の場合:16進数(0~9、a~f、A~F)
4.
[設定]をクリックする。
5.
[OK]をクリックする
6.
[保存]をクリックする。
設定内容を書き込みます。
7.
「メンテナンス」-「再起動」を選択する
8.
[再起動]をクリックする
9.
[OK]をクリックする
10.
子機WG1800HP/WG1400HPのACTIVEランプが緑点灯することを確認する
親機とWi-Fi通信が確立すると、2.4GHzランプまたは5GHzランプが点灯または点滅します。

設定が終わったら必要に応じて、パソコンのIPアドレスをお使いのネットワーク環境(ルータなど)に合わせて戻してください。

<お知らせ>

  • 親機でMACアドレスによる接続制限(MACアドレスフィルタリング機能)を行う場合、子機WG1800HP/WG1400HPの無線クライアントモードによって次のように設定してください。

<無線クライアントモードが拡張モードまたは標準モードの場合>

子機WG1800HP/WG1400HPのラベルに記載されているWi-FiのMACアドレスを登録することでWi-Fi接続する他の子機を制限できます。

<無線クライアントモードがMACクローンモードの場合>

子機WG1800HP/WG1400HPのラベルに記載されているWi-FiのMACアドレスと子機WG1800HP/WG1400HPに接続しているパソコンなどの端末のMACアドレスも登録してください。また、子機WG1800HP/WG1400HPに接続する端末が複数台ある場合は、すべての端末のMACアドレスを登録してください。

→子機WG1800HP/WG1400HPでは接続されている複数の端末のうち、最初にアクセスのあった端末のMACアドレスを記憶し、他の端末からのアクセス時はMACアドレスを最初の端末のものに変換します。
このため、親機のMACアドレスフィルタに未登録の端末が最初にアクセスすると、子機WG1800HP/WG1400HPのACTIVEランプが消灯し、子機WG1800HP/WG1400HPに接続しているすべての端末がWi-Fi接続できなくなります。(子機WG1800HP/WG1400HPの電源を入れたときにMACアドレスを登録された端末が接続されていない場合も、Wi-Fi接続できなくなります)
なお、既にACTIVEランプが点灯している子機WG1800HP/WG1400HPに、MACアドレスが未登録の端末を接続した場合は通信が可能です。