IEEE802.11a 通信

本商品は、IEEE802.11aに準拠したWi-Fi通信を行うことができます。

IEEE802.11n、IEEE802.11a通信とIEEE802.11g、IEEE802.11b通信を同時に使用できます。
2台の子機で、5GHz帯(IEEE802.11n またはIEEE802.11a)と2.4GHz帯(IEEE802.11n、IEEE802.11g またはIEEE802.11b)のそれぞれのWi-Fi通信モードを占有しての通信や、電波状態の良いWi-Fi通信モードでの通信ができます。
それぞれのWi-Fi通信モードに電波出力、ネットワーク名(SSID)、暗号化キー、ESS-IDステルス機能(SSIDの隠蔽)、MACアドレスフィルタリングの設定をすることができます。

※子機から5GHzモードにWi-Fi接続する際は、5GHz帯のネットワーク名(SSID)を選択してください。
なお、「らくらく無線スタート」でのWi-Fi設定は、工場出荷時の状態では、2.4GHzモードに設定されています。「らくらく無線スタート」で5GHzモードのWi-Fi設定を行う場合は、「Wi-Fi設定」-[Wi-Fi基本設定]で「Wi-Fi自動設定動作モード」を「5GHz」に変更してから、接続設定してください。ただし、子機WG1800HP/WG1400HP、子機WR9500N、WL300NE-AGの場合は、工場出荷時の状態であれば、5GHz帯に優先的に接続できます。


■設定方法

「クイック設定Web」

「Wi-Fi設定」-「Wi-Fi基本設定」で「2.4GHz通信機能」、「5GHz通信機能」を「使用する」に設定する

<制限事項>

  • W53(52/56/60/64ch)/W56(100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch)を選択した場合は、法令により次のような制限事項があります。
    各チャネルの通信開始前に、1分間のレーダー波検出を行いますのでその間は通信を行えません。
    通信中にレーダー波を検出した場合は、自動的にセカンダリのチャネルに変更しますので、通信が中断されることがあります。

<ポイント>

  • 親機に接続できる子機の数は本商品のLANポートに接続されているパソコンと合わせて32台までです。子機は10台以下でのご利用を推奨します。
  • 子機を同じパソコンに複数同時に使用することはできません。
    また、他のネットワークデバイス(ETHERNETポートデバイスなど)とも同時に使用することはできませんので、1台のパソコンに対して使用するネットワークデバイスは1つだけにしてください。

<お知らせ>

  • ワイヤレスLAN機器をご使用になる場合は、AtermStation(http://121ware.com/aterm/)-[サポートデスク]-「動作検証情報」-「無線LAN製品動作確認情報」で接続できる機種を確認してください。
  • IEEE802.11aは、無線LANの規格です。データの伝送速度、通信方式、通信データの構造など、Wi-Fi通信を標準化するための規格が決められています。
  • IEEE802.11a(5.2GHz、5.3GHz)の屋外での使用は電波法により禁じられています。
  • 通信中にレーダー波を検出した場合は、DFS機能により自動的にチャネルを変更しますので、通信が中断されることがあります。