WPS機能

WPS(Wi-Fi Protected Setup)とは、Wi-Fi Allianceが策定したWi-Fiの接続設定を簡単に行うための規格です。本商品は、WPSに対応したWi-Fiの自動設定を行うことができます。

※設定するには、子機もWPSに対応している必要があります。

※本機能では、わかりやすくするために「らくらくスタートボタン」を「らくらくスタートボタン(WPSプッシュボタン)」と呼びます。

<ご注意>

  • 本商品の設定が次のいずれかの場合、WPS機能で接続設定を行うことはできません。
    「2.4GHz通信機能」、「5GHz通信機能」が両方とも「使用しない」
    「Wi-Fi自動設定」が「らくらく無線」
    2.4GHz通信機能、5GHz通信機能両方の、プライマリSSIDの「ESS-IDステルス機能(SSIDの隠蔽)」が「使用する」
    2.4GHz通信機能、5GHz通信機能両方の、プライマリSSIDの「MACアドレスフィルタリンク機能」が「使用する」
    2.4GHz通信機能、5GHz通信機能両方の、プライマリSSIDの「暗号化モード」が「WEP」

<お知らせ>

  • 周囲にある本商品以外の親機でWPS「PIN方式」を実行すると、本商品がWPS信号を検知して、POWERランプ表示が変化することがあります。
  • 接続する子機がない状態で「WPS設定」を行った場合、2分間で自動的にキャンセルされます。
  • 本商品では、WPS機能での設定の際、2.4GHz帯または5GHz帯のどちらにも接続することができます。
  • 子機が無線LAN内蔵パソコンの場合は、Windows 8/7、Windows Vista(SP2以降)でWPS機能による設定を行うことができます。
  • 2.4GHz帯/5GHz帯対応の無線LAN内蔵パソコンをご利用の場合は、2.4GHz帯、または5GHz帯のどちらか一方でのみWPSが行えます。選択した帯域でWPSが実行できない場合は、パソコンを再起動し、再度実行してください。

■設定方法

設定方法には、以下の方法があります。


●PIN方式
「クイック設定Web」の詳細モード「Wi-Fi設定」-「WPS設定」で設定する

<お知らせ>

  • PIN方式を使って、子機の設定を本商品に設定すると、本商品のWi-Fi設定が変更になり、設定済みの他の子機から接続できなくなる場合があります。
  • Windows 10/8/7、Windows Vista(SP2以降)をご利用の場合、親機で「プライマリSSID」の暗号化モードが「暗号化無効」以外に設定されていると、PIN方式での設定に失敗する場合があります。 本商品とパソコンを有線で接続し、「クイック設定Web」の「Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)」、「Wi-Fi詳細設定(5GHz)」でプライマリSSIDの「暗号化モード」を「暗号化無効」に設定してください。

<本商品のWi-Fi設定を子機に設定する>

イメージ

ご利用になる子機のドライバや設定ツールが必要な場合は、インストールを済ませておいてください。

1.
「クイック設定Web」を起動する
子機を接続したパソコンで「クイック設定Web」を起動する場合は、いったんETHERNETケーブルでパソコンと本商品を接続する   
2.
詳細モード「Wi-Fi設定」で「WPS設定」を選択する
3.
「Wi-Fi端末のPINコード」に子機のPINコードを入力する

※子機のPINコードは、子機に添付の取扱説明書などをご覧ください。

画面例

4.
[WPS(PIN方式)開始]をクリックする

画面例

5.
画面の指示にしたがって設定する

※本商品のPOWERランプが緑点滅します。

6.
子機側でWPS機能を起動する
子機を接続したパソコンで上記の設定をした場合は、パソコンからETHERNETケーブルを取り外して、10秒待ちます。

※起動方法については、子機に添付の取扱説明書などをご覧ください。

※Wi-Fi設定が完了すると、本商品のPOWERランプが橙点灯(約10秒間)します。

<お知らせ>

  • 「WPSの状態」を「UnConfigured」に設定した場合、予期せずWi-Fi設定が上書きされる場合があります。セキュリティの観点から、「Configured」に設定することをお勧めします。

<子機のWi-Fi設定を本商品に設定する>

イメージ

ご利用になる子機のドライバや設定ツールが必要な場合は、インストールを済ませておいてください。

1.
「クイック設定Web」を起動する
子機を接続したパソコンで「クイック設定Web」を起動する場合は、いったんETHERNETケーブルでパソコンと本商品を接続します。
2.
Windows 10/8/7 の場合は、「Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)」「Wi-Fi詳細設定(5GHz)」を選択して、プライマリSSIDの「暗号化モード」を「暗号化無効」に設定して、[設定]をクリックする

※「Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)」、「Wi-Fi詳細設定(5GHz)」はかんたんモード、または詳細モード「Wi-Fi設定」から選択することができます。

※Windows 10/8/7 以外の場合は、手順3に進みます。

3.
詳細モード「Wi-Fi設定」で「WPS設定」を選択する
4.
「WPSの状態」の[UnConfigured状態へ変更]をクリックする

画面例

5.
「・・・・再起動を行います。よろしいですか?」が表示されたら[OK]をクリックする
本商品が再起動し、UnConfigured状態に変更されます。
6.
詳細モード「Wi-Fi設定」で「WPS設定」を選択する
7.
本商品のPINコードを確認する
[再生成]をクリックすると本商品のPINコードを再生成します。

画面例

8.
子機側に本商品のPINコードを入力し、WPS機能を起動する
子機を接続したパソコンで上記の設定をした場合は、パソコンからETHERNETケーブルを取り外して、10秒待ちます。
Wi-Fi設定が開始されると、本商品のPOWER ランプが緑点滅し、Wi-Fi設定が完了すると、橙点灯(約10秒間)します。
  

※PINコードの入力画面の表示方法およびWPSの起動方法については、子機に添付の取扱説明書などをご覧ください。

※Windows 7 の無線LAN内蔵パソコンをご利用の場合は、通知領域(タスクトレイ)に表示されているネットワークアイコンをクリックし、接続するネットワーク名(SSID)をクリックして「自動的に接続する」のチェックを入れ、[接続]をクリックしたあと、本商品のPINコードなどの情報を入力して、WPS機能を起動してください。

-不正アクセスの防止-

  • 子機側でPINコードを10回間違えるとロック状態になり接続できません。ロック状態を解除するには、本商品の「クイック設定Web」で詳細モード「Wi-Fi設定」-「WPS設定」の「Wi-FiアクセスポイントのPINコード」にある[ロック解除]をクリックするか、本商品を再起動してください。

<お知らせ>

  • 「WPSの状態」は、下記の場合、自動的に「Configured」に設定されます。
    • ・本商品のWi-Fi設定が変更された場合
    • ・「WPS機能」を用いて、子機の設定を変更した場合
    • ・本商品の設定を初期化した場合

●らくらくスタートボタン(WPSプッシュボタン)

本商品の「らくらくスタートボタン(WPSプッシュボタン)」を利用して設定することができます。

1.
子機のWPS機能を起動する

※起動方法は子機の取扱説明書などをご覧ください。

2.
本商品のらくらくスタートボタン(WPSプッシュボタン)を長押しし、POWERランプが緑点滅したら放す
3.
本商品のPOWERランプが橙点灯することを確認する

※POWERランプは約10秒間橙点灯したあと、緑点灯に戻ります。

<ご注意>

  • 「クイック設定Web」で「Wi-Fi基本設定」の「Wi-Fi自動設定」を「らくらく無線/WPS自動」に設定した場合、本商品は接続する子機のモードを自動判別して、本商品のモードを切り替えますが、子機によって設定が正常に完了しない場合があります。その場合は、「WPS」を選択し、再度、設定してください。

    ※「Wi-Fi基本設定」はかんたんモード、または詳細モード「Wi-Fi設定」から開くことができます。

<お知らせ>

  • 失敗した場合は、本商品のPOWERランプが約10秒間赤点灯または赤点滅します。
    手順1からやり直しても失敗する場合は、子機の取扱説明書などを参照して、本商品のネットワーク名(SSID)と暗号化キー(セキュリティキーまたはパスフレーズ、ネットワークキー)を設定してください。
    ※本商品のネットワーク名(SSID)と暗号化キーは、本商品のラベルに記載されています。