クイック設定Webの使いかた(中継機または子機としてご使用のとき)

本商品を中継機または子機としてご使用の場合のクイック設定Webの起動方法、終了方法などを説明します。
クイック設定Webとは、Internet ExplorerなどのWWWブラウザで表示できる本商品の設定画面です。 本商品に有線接続されているパソコンからWWWブラウザを使用してクイック設定Webを起動することで、本商品の設定変更や状態確認を行うことができます。

設定を行う前に

  • 本商品のランプを確認してください。
    CONVERTERランプが消灯している場合は、中継機および子機として動作していません。親機として動作しています。

    <本商品を中継機または子機に設定する場合>
    「動作モードを変更する」を参照してください。

    <本商品をそのまま親機としてご使用になる場合>
    クイック設定Webの使いかたは「クイック設定Webの使いかた」を参照してください。

  • 本商品のLANポートにパソコンを有線接続してください。
  • ご利用のWWWブラウザのキャッシュを削除してください。WWWブラウザやWWWブラウザの設定により、説明されている操作を行った際に、WWWブラウザが以前に保存していた内容を表示する場合があります。
  • WWWブラウザの接続設定を「ダイヤルしない」、「プロキシサーバーを使用しない」に変更します。

設定手順

使いかた

◆補足◆

  • WWWブラウザの[戻る]、[進む]、[更新]ボタンは使用しないでください。本商品への操作が正しく行われない場合があります。
  • WWWブラウザの設定により、セキュリティに関するダイアログが表示される場合があります。その場合は、表示内容をご確認のうえ、操作を行ってください。
  • WWWブラウザの「互換表示機能」は「OFF」に設定して、ご利用ください。
  • WWWブラウザによっては、文字サイズの変更やズーム(表示画面の拡大/縮小)を行うと表示が乱れる場合があります。
  • 説明で使用している画面は一例です。OS、ブラウザの種類など、ご利用の環境によっては表示内容が異なる場合があります。
  • 回線の状況や設定によっては、設定内容がWWWブラウザに表示されるまでに時間がかかる場合があります。

起動のしかた

本商品の状態によって手順を選択します。本商品のランプを確認してください。

● ACTIVEランプが消灯している場合(親機とWi-Fi接続していない場合)
本商品のDHCPサーバ機能を起動して、払い出されたIPアドレスでクイック設定Webを起動する方法です。

※ 親機とWi-Fi接続されている状態(ACTIVEランプが緑点灯)でこの手順でクイック設定Webを起動すると、親機とのWi-Fi通信は切断されます。

● ACTIVEランプが緑点灯している場合(親機とWi-Fi接続している場合)
本商品が接続しているネットワークからIPアドレスを特定し、そのIPアドレスを固定値にしてクイック設定Webを起動する方法です。

■ ACTIVEランプが消灯している場合(親機とWi-Fi接続していない場合)

1.

本商品からACアダプタのプラグをいったん外し、約10秒待ちます。

2.

本商品のらくらくスタートボタンを押しながら、ACアダプタのプラグを接続します。
しばらく押し続けてCONVERTERランプが緑点滅したら、らくらくスタートボタンを放します。

DHCPサーバ機能起動

◆参考◆

  • CONVERTERランプが緑点滅すると、本商品のDHCPサーバ機能が起動します。
3.

本商品に有線接続したパソコンを起動します。

4.

パソコンのWWWブラウザを起動し、アドレス欄に本商品のIPアドレスを入力して実行します。(工場出荷時は192.168.1.245です。)

例:http://192.168.1.245/

◆補足◆

  • 本商品のIPアドレスを固定値に設定した場合は、設定したIPアドレスをWWWブラウザのアドレス欄に入力してください。
  • Windows 10搭載のパソコンでInternet Explorer を起動する場合は、[スタート](Windowsのロゴボタン)-[すべてのアプリ]-[Windows アクセサリ]-[Internet Explorer]をクリックします。
5.
認証画面が表示されたら、「ユーザー名」(上段)に「admin」を、「パスワード」(下段)に管理者パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

※ ブラウザの設定によってはパスワードがブラウザに保存されます。
パスワードを再入力することなくログインが可能になりますが、セキュリティ上、ブラウザにはパスワードを保存しないことをお勧めします。

設定画面イメージ

※ ユーザー名「admin」は半角小文字で入力してください。

◆補足◆

この手順の前に「管理者パスワードの初期設定」が表示された場合は、次の手順で管理者パスワードを設定してください。

  1. 画面の指示にしたがって管理者パスワード(任意の文字列)を決めます。
    管理者パスワードは控えておいてください。忘れた場合、設定画面(クイック設定Web)を開くことができず、本商品を初期化して設定を最初からやり直すことになります。

    ※ この画面は、管理者パスワードが未設定の場合に表示されます。

    ※ 親機や中継機としてご使用になる場合も、管理者パスワードは共通となります。

  2. 手順1で控えた管理者パスワードを入力し、[設定]をクリックします。

    ※ 「管理者専用設定」で「管理者専用認証スルー機能」の「使用する」にチェックすると、この画面を表示している端末のMACアドレスを管理者専用のMACアドレスとして本商品に登録します。登録した端末では、クイック設定Web起動時にユーザ名・管理者パスワード入力を省略することができます。

    設定画面イメージ
6.
クイック設定Webのトップページが表示されます。

※ 設定の際は、画面左のメニューから項目をクリックして設定画面を開きます。

※ 設定が完了したら、本商品からACアダプタのプラグをいったん外し、約10秒待ってからプラグを接続してください。DHCPサーバ機能を停止します。

設定画面イメージ

■ ACTIVEランプが緑点灯している場合(親機とWi-Fi接続している場合)

手順1から手順10は、本商品のDHCPクライアント機能をOFFにしてIPアドレスを設定する手順です。
本商品のIPアドレスを固定(DHCPクライアント機能をOFF)にして使用している場合は、手順11へ進んでください。

1.

本商品が接続しているネットワークのアドレスを確認して控えます。
本商品に有線接続しているパソコンのIPアドレスから、ネットワークのアドレスを確認することができます。

2.

本商品からACアダプタのプラグをいったん外し、約10秒待ちます。

3.

本商品のらくらくスタートボタンを押しながら、ACアダプタのプラグを接続します。
しばらく押し続けてCONVERTERランプが緑点滅したら、らくらくスタートボタンを放します。

DHCPサーバ機能起動

◆参考◆

  • CONVERTERランプが緑点滅すると、本商品のDHCPサーバ機能が起動し、親機とのWi-Fi通信は切断されます。
4.

本商品に有線接続したパソコンを起動します。

5.

パソコンのWWWブラウザを起動し、アドレス欄に本商品のIPアドレスを入力して実行します。(工場出荷時は192.168.1.245です。)

例:http://192.168.1.245/

◆補足◆

  • Windows 10搭載のパソコンでInternet Explorer を起動する場合は、[スタート](Windowsのロゴボタン)-[すべてのアプリ]-[Windows アクセサリ]-[Internet Explorer]をクリックします。
6.
認証画面が表示されたら、「ユーザー名」(上段)に「admin」を、「パスワード」(下段)に管理者パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

※ ブラウザの設定によってはパスワードがブラウザに保存されます。
パスワードを再入力することなくログインが可能になりますが、セキュリティ上、ブラウザにはパスワードを保存しないことをお勧めします。

設定画面イメージ

※ ユーザー名「admin」は半角小文字で入力してください。

◆補足◆

この手順の前に「管理者パスワードの初期設定」が表示された場合は、次の手順で管理者パスワードを設定してください。

  1. 画面の指示にしたがって管理者パスワード(任意の文字列)を決めます。
    管理者パスワードは控えておいてください。忘れた場合、設定画面(クイック設定Web)を開くことができず、本商品を初期化して設定を最初からやり直すことになります。

    ※ この画面は、管理者パスワードが未設定の場合に表示されます。

    ※ 親機としてご使用になる場合も、管理者パスワードは共通となります。

  2. 手順1で控えた管理者パスワードを入力し、[設定]をクリックします。

    ※ 「管理者専用設定」で「管理者専用認証スルー機能」の「使用する」にチェックすると、この画面を表示している端末のMACアドレスを管理者専用のMACアドレスとして本商品に登録します。登録した端末では、クイック設定Web起動時にユーザ名・管理者パスワード入力を省略することができます。

    設定画面イメージ
7.
クイック設定Webのトップページが表示されるので、「詳細設定」をクリックします。
設定画面イメージ
8.
下記の項目を入力し、[設定]をクリックします。
  • DHCPクライアント機能
    チェックを外します。
  • IPアドレス/ネットマスク(ビット指定)
    手順1で確認したIPアドレスとネットマスクを入力します。

    ※ 「X.Y.Z」は手順1で確認したネットワークのアドレスです。手順1で確認したアドレスが「192.168.1.3」の場合、 「http://192.168.1.245」と入力します。

  • 固定アドレス
    手順1で確認したゲートウェイのアドレスを入力します。
  • プライマリDNS
    手順1で確認したゲートウェイのアドレスを入力します。
設定画面イメージ
9.

[保存]をクリックします。

10.

本商品からACアダプタのプラグをいったん外し、約10秒待ってからプラグを接続します。

11.
パソコンのWWWブラウザを起動し、アドレス欄に「http://X.Y.Z.245/」(または、本商品のIPアドレスを固定で使用している場合は、本商品のIPアドレス)を入力して実行します。

※ 「X.Y.Z」は手順8で設定したIPアドレスです。

12.
認証画面が表示されたら、「ユーザー名」(上段)に「admin」を、「パスワード」(下段)に管理者パスワードを入力し、[OK]をクリックします。

※ ユーザー名「admin」は半角小文字で入力してください。

※ ブラウザの設定によってはパスワードがブラウザに保存されます。
パスワードを再入力することなくログインが可能になりますが、セキュリティ上、ブラウザにはパスワードを保存しないことをお勧めします。

設定画面イメージ
13.
クイック設定Webのトップページが表示されます。

※ 設定の際は、画面左のメニューから項目をクリックして設定画面を開きます。

※ 設定が完了したら、手順8で設定した項目を戻し[設定]をクリックしたあと[保存]をクリックします。
本商品からACアダプタのプラグをいったん外し、約10秒待ってからプラグを接続してください。DHCPサーバ機能を停止します。

設定画面イメージ
14.
手順1から10で本商品の設定を変更した場合は、設定後、本商品の設定を元に戻してください。

終了のしかた

1.
画面左上の[ログアウト]をクリックします。
設定画面イメージ

◆補足◆

  • 不正アクセスを防止するため、終了の際にはログアウトを行ってください。
2.
WWWブラウザを閉じてください。

◆注意◆

  • 不正アクセスを防止するため、WWWブラウザ画面は必ず閉じてください。

ポップアップヘルプ

クイック設定Webの各項目にイメージ(ポップアップヘルプ)があります。
イメージをクリックすると、各設定項目の内容や入力条件(文字数など)が表示されます。

うまく動作しない場合は

  • クイック設定Webが起動しない。

    - WWWブラウザの設定で、JavaScriptの設定が有効になっていますか。

    - WWWブラウザでキャッシュを使用しないように設定されていますか。

    <WWWブラウザのキャッシュを使用しない設定にする(Internet Explorer 9.0 の設定例)>

    1. 「ツール」-「インターネットオプション」-「全般」-「閲覧の履歴」-「設定」を開きます。
    2. 「インターネット一時ファイル」の「保存しているページの新しいバージョンがあるかどうかの確認」で「Webサイトを表示するたびに確認する」を選択します。

    - 本商品の親機がルータ機能を持っていない、またはルータ機能を停止している場合、親機のWAN側にDHCPサーバ機能を持つブロードバンドルータが必要です。

    - WindowsでInternet Explorerをご利用の場合の制限事項
    WindowsでInternet Explorerをご利用の場合、Winows 8などスタート画面があるOSでは、スタート画面の「Internet Explorer」を使用しないでください。スタート画面から「デスクトップ」を選択し、デスクトップ上のInternet Explorerからクイック設定Webを起動してください。
    なお、クイック設定Webを起動する際、下の画面が表示された場合は、[アクセスを有効にする]をクリックしてください。
    表示画面イメージ

    -パソコンにIPアドレスが設定されていますか。
    確認方法は、「パソコンなどのIPアドレスを確認する」を参照してください。
    パソコンにIPアドレスが設定されていない場合は、下記の確認、設定を行ってください。

    → パソコンの設定で「IPアドレスを自動的に取得する」もしくは「DHCPサーバを参照」になっていることを確認してください。
    確認方法は、サポートデスクの[Aterm Q&A]で「無線LAN端末のIPアドレスを自動取得に設定したい」を検索してください。(2015年11月現在)
    パソコンのIPアドレスを自動的に設定させるために、下記のどちらかの方法をお試しください。

    a. パソコンの電源を切り、再度パソコンの電源を入れます。起動後、「パソコンなどのIPアドレスを確認する」を参照して、パソコンのIPアドレスを確認します。

    b. 「パソコンなどのIPアドレスを再取得する」を参照して、パソコンのIPアドレスを取り直します。

    → Wi-Fiをご利用の場合は、「さまざまな子機からWi-Fi接続する」を参照してWi-Fi通信を確立させてください。