親機とWi-Fi接続する

親機との接続方法をご案内します。
本商品を親機に接続するには、WPSでWi-Fi接続します。
WPSで接続すると、親機のネットワーク名(SSID)、暗号化モード、暗号化キーを自動で引き継ぎます。
また、親機がWPSに対応していない場合でも、本商品(中継機)のクイック設定Webで接続することができます。

◆注意◆

  • 暗号化モード「WEP」は使用できません。
  • 親機側で次の設定を変更した場合、本商品の5GHzランプ、2.4GHzランプが両方とも消灯したときは、親機との接続をやり直してください。
    ・ ネットワーク名(SSID)
    ・ 暗号化モード
    ・ 暗号化キー
  • 使用チャネルは変更できません。
    親機と接続している周波数帯のチャネルは、親機と同一になります。
    親機と接続していない周波数帯は、次のとおり固定になります。

    ・2.4GHz帯:「自動」

    ・5GHz帯:「W52」

◆補足◆

  • 接続する親機が、中継機能に対応している必要があります。対応した親機の最新情報は、サポートデスク-「目的別で探す」-「動作検証情報」を参照してください。(2017年4月現在)
  • WPSに対応した他社製の親機と接続することができます。

    ※ ただし、すべての製品との接続を保証するものではありません。

設定を行う前に

設定手順

説明で使用している画面は一例です。OS、Webブラウザの種類など、ご利用の環境によっては表示内容が異なる場合があります。

親機とのWi-Fi設定には、次の方法があります。

  • WPSでWi-Fi接続する

    親機がWPSに対応している場合のWi-Fi 接続方法です。

  • クイック設定WebからWi-Fi接続する

    親機がWPSに対応していない場合は、こちらの方法で接続できます。
    また、本商品(中継機)を多段接続の2段目以下に設定した場合も、こちらの方法でWi-Fi接続してください。
    本商品(中継機)のクイック設定Webで、親機のWi-Fi設定内容を本商品に設定する方法です。
    ホーム画面の「親機との接続設定」および「子機との接続設定」で、本商品(中継機)のネットワーク名(SSID)を親機のネットワーク名(SSID)と同じ設定にしてください。

WPSでWi-Fi接続する

設定を行う前に

  • Wi-Fi接続する親機がWPSに対応している必要があります。親機の取扱説明書 などで確認してください。
  • 工場出荷状態では、優先的に5GHz帯のネットワークに接続します。

    ※ ご利用の環境や親機によっては、2.4GHz帯のネットワークに接続される場合があります。

  • 親機とWi-Fi接続すると、接続に使用した親機のWi-Fi情報が、自動的に中継機(本商品)の接続帯域のWi-Fi設定に引き継がれます。

    例:親機と5GHz帯でWi-Fi接続した場合、中継機(本商品)の5GHz帯のネットワーク名(SSID)、暗号化方式、暗号化キー に、親機のWi-Fi設定(5GHz帯のSSID)が設定されます。

    また、親機がWi-Fiデュアルバンド中継機能に対応している場合は、接続帯域にかかわらず、中継機(本商品)の2.4GHz帯、5GHz帯両方のWi-Fi設定に、親機のWi-Fi設定が引き継がれます。
  • 本商品が、多段接続の2段目以降の中継機でも、上段の中継機ではなく親機とWi-Fi接続を行います。

※ 説明で使用している親機の装置図は一例です。
親機のらくらくスタートボタン(WPSプッシュボタン)およびPOWERランプの位置や形状は、装置によって異なります。親機の取扱説明書などで確認してください。

1.
本商品のらくらくスタートボタンを長押しして、POWERランプが緑点滅になったら放します。

WG2600HP2 <WG2600HP2>

◆補足◆

  • POWERランプが緑点滅するまで、時間がかかる場合があります。
2.

親機のWPSプッシュボタンを押して、WPS機能を起動します。

親機の例<親機> 装置図は、Atermシリーズの一例です。

3.

Atermシリーズの親機の場合は、しばらく待って、親機のPOWERランプが橙点灯することを確認します。

親機の例<親機> 装置図は、Atermシリーズの一例です。

◆補足◆

  • 親機のPOWERランプは、約10秒間橙点灯したあと、緑点灯に戻ります。
4.

本商品のPOWERランプが橙点灯になることを確認します。

WG2600HP2<WG2600HP2>

◆補足◆

  • しばらくすると本商品のPOWERランプは緑点灯または橙点灯に変わります。
5.
しばらくして本商品のACTIVEランプが緑点灯または橙点灯することを確認します。

WG2600HP2<WG2600HP2>

◆注意◆

  • 本商品のACTIVEランプが緑点灯または橙点灯しない場合は、本商品(中継機)のクイック設定Webで、「設置段数」を確認してください。
    設定されている段数の、一段上の中継機が存在しない(または、親機と接続されていない)可能性があります。その場合は、「設置段数」を修正してから、Wi-Fi接続をやり直してください。

クイック設定WebからWi-Fi接続する

設定を行う前に

  • Wi-Fi接続する親機のネットワーク名(SSID)、暗号化モード、暗号化キーを確認してください。
  • 本設定は本商品(中継機)と有線接続したパソコンで行ってください。本設定を行うと、本商品(中継機)と子機(パソコン、スマートフォン/タブレットを含む)のWi-Fi接続が切断されます。

クイック設定Webで設定します。

1.
ホーム画面の「親機との接続設定」-「Wi-Fi接続先設定」をクリックします。

設定画面イメージ

2.
親機のネットワーク名(SSID)を入力します。 設定画面イメージ

◆参考◆

  • 「ネットワーク名(SSID)」の[アクセスポイント検索]をクリックして、親機を選択することもできます。接続したい親機の「ネットワーク名(SSID)」のラジオボタンにチェックし、[選択]をクリックします。
    選択した親機のネットワーク名(SSID)と暗号化モードが、「Wi-Fi接続設定」の各項目に設定されたことを確認し、[設定]をクリックしてください。

    画面イメージ

    ※ 「暗号化」が「WEP」の親機は選択できません。

    ※ 接続したい親機のネットワーク名(SSID)が表示されない場合は、親機に設定されているWi-Fiのステルス設定を解除してから、再度本設定を行ってください。

3.
次の項目を設定します。
親機と同じ設定にしてください。
  • 暗号化モード
    「暗号化無効」、「WPA2-PSK(AES)」、「WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)」から選択できます。
  • 暗号化キー
    「暗号化モード」に「暗号化無効」を設定した場合、「暗号化キー」は設定できません。
    親機と同じ暗号化キーを入力します。

    ※ 英字の大文字と小文字は区別されます。

設定画面イメージ

4.
[設定]をクリックします。
5.
下の画面が表示されたら、内容をよく読んで[OK]をクリックします。
設定画面イメージ
6.
親機のネットワーク名(SSID)と暗号化の設定を確認します。
2.4GHz帯と5GHz帯の両方のネットワーク名(SSID)、暗号化設定を控えておいてください。

手順7以降は、親機の設定が次の場合を例にして説明します。
例:

親機2.4GHz帯

ネットワーク名(SSID):aterm-aaaaaa-g
暗号化モード:WPA2-PSK
暗号化キー:xxxxxxxxxxxxx

親機5GHz帯

ネットワーク名(SSID):aterm-bbbbbb-a
暗号化モード:WPA2-PSK
暗号化キー:yyyyyyyyyyyyy

7.
2.4GHz帯のWi-Fi設定を親機のWi-Fi設定に合わせます。

(1) ホーム画面の「子機との接続設定」-「Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)」をクリックします。

設定画面イメージ

(2) ネットワーク名(SSID)、暗号化モード、WPA暗号化キー(PSK)を親機と合わせ、[設定]をクリックします。

設定画面イメージ

(3) 下の画面が表示されたら、内容をよく読んで[OK]をクリックします。

設定画面イメージ

8.
5GHz帯のWi-Fi設定を親機のWi-Fi設定に合わせます。

(1) ホーム画面の「子機との接続設定」-「Wi-Fi詳細設定(5GHz)」をクリックします。

設定画面イメージ

(2) ネットワーク名(SSID)、暗号化モード、WPA暗号化キー(PSK)を親機と合わせ、[設定]をクリックします。

設定画面イメージ

(3) 下の画面が表示されたら、内容をよく読んで[OK]をクリックします。

設定画面イメージ

使いかた

うまく動作しない場合は

  • 親機とWi-Fi接続できない

    → 本商品と親機の距離を1~3mに近づけてWi-Fi接続してください。

    → 電波に影響を与える機器(コードレス電話機や電子レンジなど)から離れて接続してください。