DHCPサーバ機能(DHCPv4サーバ)

DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバ機能により、LAN上のパソコンなどが起動すると、その都度、IPアドレスなどのネットワーク利用に必要な設定情報を、各パソコンなどに自動的に割り当てます。
これにより、各クライアントでネットワークの詳細な設定を行わなくても、LANやインターネットに接続することができます。

◆参考◆

  • 本商品は、工場出荷状態および初期化後の状態で本機能が使用できる設定になっています。
    通常、本機能を使用する場合は、初期値のままでお使いください。間違えると接続できなくなります。

設定を行う前に

  • ACTIVE ランプは緑点灯、CONVERTER ランプは消灯している(PPPoE ルータモードまたはローカルルータモードに設定されている)ことをご確認ください。 そうでない場合は、「動作モードを変更する」を参照し、本商品を親機(PPPoE ルータモードまたはローカルルータモード)に設定してください。

設定手順

説明で使用している画面は一例です。OS、Webブラウザの種類など、ご利用の環境によっては表示内容が異なる場合があります。

クイック設定Webで変更します。
1.

ホーム画面の[詳細な項目を表示]をクリックし、「詳細設定」-「IPv4LAN側設定」をクリックします。

2.
設定値を選択・入力してください。 設定画面イメージ

◆補足◆

  • LAN側に別のDHCPサーバがある場合や、DHCPを使用せずに運用する場合には「DHCPサーバ機能」を「OFF」に設定します。
3.

設定値を選択・入力したあと、[設定]をクリックします。

◆注意◆

  • 設定変更は即時に有効となります。[設定]ボタンをクリックしたあと、本商品にアクセスできなくなる場合がありますので、その場合は、Webブラウザを一度終了し、接続する端末と本商品の設定を合わせたあと、Webブラウザを開き直してください。
4.
下の画面が表示されたら、内容をよく読んで[OK]をクリックします。
設定画面イメージ

使いかた

うまく動作しない場合は

Troubleshooting