ルータ機能

本商品を親機としてご使用になる場合のルータ機能について説明します。
ルータ機能は、PPPoE ルータモードまたはローカルルータモードでご使用になれます。ブリッジモードでは、ルータ機能は停止します。
以下は、本商品で行うことのできるルータ機能です。

 

  • 静的ルーティング
    本商品に宛先IPアドレスを登録することによって、データの送信先を振り分けることができます。
  • DNSルーティング
    宛先ドメイン名を指定して、ルーティングを設定することができます。
  • PPPoEブリッジ
    PPPoEプロトコルを持つ端末から、直接インターネットへの接続が可能になります。
  • アドバンスドNAT(IPマスカレード/NAPT)
    IPアドレスに加え、ポート番号も変換して、1つのグローバルアドレスを複数のプライベートアドレスに変換できるようにした機能です。
  • ポートマッピング(アドバンスドNATオプション)
    IPアドレスのみをあらかじめ登録した設定テーブルにしたがって固定的に変換することにより、プライベートとグローバルのネットワークをつなぎます。
  • ダイナミックポートコントロール(SPI)
    LAN上のパソコンからのリクエストパケットに応じて、通信開始時にWAN側ポートを開き、セッション終了時または内部タイマ満了をもって自動的にWAN側ポートを閉じる機能です。
  • DNSフォワーディング(DNSプロキシ)
    LAN上の各パソコンからDNSの問い合わせパケットを受け取ると、インターネット上の本来のDNSサーバにフォワーディングして問い合わせ、IPアドレスを各パソコンに回答します。
  • IPパケットフィルタリング
    アプリケーションやネットワークに応じて不必要なIPパケットの送受信を拒否することができます。

◆参考◆

  • 通信事業者によっては、ルータ機能を持つ装置の接続を制限している場合があります。事前に、サポートデスク-「目的別で探す」-「動作検証情報」-「接続確認済ブロードバンド事業者リスト」で対応状況をご確認ください。
  • 子機は、10台以下でのご使用を推奨します。(2016年9月現在)
  • 本商品とWi-Fi接続してご利用になれる子機は、サポートデスク-「目的別で探す」-「動作検証情報」を参照してください。(2016年9月現在)
  • 子機を同じパソコンで複数同時に使用することはできません。 また、他のネットワークデバイス(LANポートデバイスなど)とも同時に使用することはできませんので、1台のパソコンに対して使用するネットワークデバイスは1つだけにしてください。
  • 本商品のWANポートにブロードバンドモデムまたはFTTH回線終端装置を接続してご利用ください。

 

設定を行う前に

設定手順

使いかた

うまく動作しない場合は