送信元を詐称した通信を遮断する

送信元検証機能により、LAN側からのアクセスを監視し、送信元のアドレスが不正なパケットを廃棄します。


◆補足◆

  • 本商品は、工場出荷状態および初期化後の状態で、本機能が使用できる設定になっています。
  • 本機能は、動作モードごとに設定してご使用になれます。

設定を行う前に

  • 本商品が工場出荷状態または初期化後の状態ならば、送信元検証機能は「ON」に設定されています。本機能を使用する場合は、設定の必要はありません。
  • 送信元検証機能を「OFF」に設定すると、本商品のセキュリティが低下します。「ON」でのご使用をお勧めします。

設定手順

説明で使用している画面は一例です。OS、Webブラウザの種類など、ご利用の環境によっては表示内容が異なる場合があります。

●PPPoEルータモード/ローカルルータモードの場合
●ブリッジモードの場合
●Wi-Fi子機(CONVERTER)モードの場合

送信元検証機能の設定を変更する<PPPoEルータモード/ローカルルータモードの場合>

クイック設定Webで設定します。
1.
ホーム画面の「基本設定」-「接続先設定」をクリックします。

設定画面イメージ

2.
[詳細な項目を表示]をクリックします。

設定画面イメージ

3.
「送信元検証機能」を設定して、[設定]をクリックします。設定画面イメージ
※画面は「接続先設定(ローカルルータ)」の場合の例です。

送信元検証機能の設定を変更する<ブリッジモードの場合>

クイック設定Webで設定します。
1.
ホーム画面の「基本設定」-「基本設定」をクリックします。

設定画面イメージ

2.
「送信元検証機能」を設定して、[設定]をクリックします。設定画面イメージ

送信元検証機能の設定を変更する<Wi-Fi子機(CONVERTER)モードの場合>

クイック設定Webで設定します。
1.
ホーム画面の「基本設定」-「基本設定」をクリックします。

設定画面イメージ

2.
「送信元検証機能」を設定して、[設定]をクリックします。設定画面イメージ

使いかた

HowToUse

うまく動作しない場合は

Troubleshooting