v6プラスモードでインターネットに接続する

v6プラスモードは、日本ネットワークイネイブラー株式会社仕様のMAP-EプロトコルでIPv4 over IPv6通信を行います。
v6プラスモードでインターネットに接続するためには、次の方法があります。

● 自動判定機能で設定する
本商品の自動判定機能は、工場出荷状態で有効(「ON」)になっています。
本商品で利用可能なIPv4 over IPv6通信サービスを検出した場合、自動判定機能により該当のIPv4 over IPv6通信モードへの設定を完了し、接続します。
自動判定機能が有効の場合、PPPoEルータモードなど他の動作モードですでにインターネットをご利用になっている場合でも定期的に自動判定が行われ、本商品で利用可能なIPv4 over IPv6通信サービスを検出すると該当のIPv4 over IPv6通信モードへの設定が完了し、接続します。
自動判定機能を使用するには、クイック設定Webで「自動判定」を「ON」に設定します。

◆補足◆

  • 自動判定機能を使用する場合は、本商品のソフトウェアを最新にしてください。
    ソフトウェアの更新は、「ファームウェアをバージョンアップする」を参照してください。
  • 状態表示ランプ点灯設定を「POWERランプのみ点灯」または「全消灯」に設定している場合は、本商品で利用可能なIPv4 over IPv6通信サービスを検出してもACTIVEランプは消灯のままですが、自動判定機能は動作しています。
● クイック設定Webで設定する
本商品に接続したパソコンなどから、Webブラウザの設定画面で「動作モード」を「v6プラス」に設定します。
自動判定機能を使用しないで、v6プラスサービス固定でインターネットを利用する場合の設定方法です。

設定を行う前に

本商品が下記の状態であることを確認してください。
  • RT/BR/CNVモード切替スイッチがRT側になっている。

    → RT側になっていない場合は、本商品の電源をいったん切って、RT/BR/CNVモード切替スイッチをRT側にしてから、電源を入れ直してください。

設定手順

説明で使用している画面は一例です。OS、Webブラウザの種類など、ご利用の環境によっては表示内容が異なる場合があります。

自動判定機能で設定する

「回線を自動判定して設定する」を参照してください。

クイック設定Webで設定する

クイック設定Webで設定します。
1.

ホーム画面の「基本設定」-「基本設定」をクリックします。

◆補足◆

  • 「自動判定」が「ON」の状態では「動作モード」が「ローカルルータ」と表示され、実際の状態と異なった表示をしている場合があります。接続中の動作モードを確認する場合は、画面上部の[現在の状態]をクリックして確認してください。
2.

「自動判定」を「OFF」にしてから、「動作モード」で「v6プラス」を選択して、[設定]をクリックします。
「動作モード」は、「自動判定」を「OFF」にすると選択できます。

設定画面イメージ
3.
ダイアログボックスが表示された場合は、内容をよく読んでボタンをクリックしてください。
4.

「設定内容を更新しました。」と表示されたら、設定は完了です。

◆補足◆

  • v6プラスモードでインターネットに接続すると、ACTIVEランプが緑点灯します。

使いかた

上記の設定が完了したら、Webブラウザ(Microsoft Edgeなど)を起動し、インターネットのホームページにアクセスしてみましょう。

(例)サポートデスクの場合(2018年11月現在)

http://www.aterm.jp/support/

うまく動作しない場合は

  • ACTIVEランプが赤点滅している場合はv6プラス通信サービスを利用することができません。手順2の「動作モード」を「transix」に設定していることが考えられます。設定をやり直してください。