ページの先頭
11acで高速Wi-Fiはじめよう!

「11acのキーテクノロジー」11nの約11.5倍となる高速通信。11acの速さの秘密とは?11acのキーテクノロジー
11nの約11.5倍となる高速通信。11acの速さの秘密とは?

ギガ・スピードの高速通信を実現する仕組み

従来規格11nでは「チャネルボンディング」「MIMO」といった技術によって最大600Mbps(規格値)の速度を実現していました。 最新規格11acでは、こうした技術をさらに発展させて、理論速度で最大6.9ギガbpsもの高速化が可能とされています。比較すると約11.5倍も高速に! ここでは高速通信のカギとなる11acのキーテクノロジーをご紹介します。

利用できる帯域幅が2倍に拡大
【チャネルボンディング】

チャネルボンディングは、複数のチャネルを束ねて周波数幅を広げる技術。道路に置き換えると、11a/gでは1車線だったものが、11nでは、隣り合った2つのチャネルをあわせて2車線に。11acでは、さらにチャネルを束ねて4車線となり、11nより高速な通信が可能となります。

利用できるルートが2倍に増加
【MIMO(通信の多重化技術)】

MIMOは、複数のアンテナを使って通信を高速化する技術。アンテナを目的地へのルートに置き換えると、11nでは、最大4つのルートで速度を得ていたものが、11acでは、さらに倍の最大8つのルートを使えるようになり、より高速な通信が可能となります。

転送できるデータ量が1.3倍に増加
【変調方式の多値化】

変調とは電波を信号に乗せること。1回の運搬で扱えるデータ量が増えれば、完了までの時間も短縮されるトラックの積載量のようなイメージです。信号1単位で送れる情報密度は、11nでは6ビット(64QAM)でしたが、11acではさらに高度な8ビット(256QAM)送信も可能です。

1度に転送するパケットの数が16倍に増加
【フレームの多重化】

1度に転送可能なデータ量が増加します。トラックの荷台を拡張したようなイメージです。11acでは、11nと比べてフレームサイズが16倍に拡大。効率的に多くのパケットを送れることから、データの送信や応答確認に必要な待ち時間が短縮され、高速化を実現できます。

ビームフォーミングとの融合で「MIMO」が一段と進化

複数端末との同時通信を実現するMU-MIMO(マルチユーザMIMO)

MU

11acの技術革新の中で、最も特徴的なのが「MU-MIMO」と呼ばれる同時通信の技術です。
無線LANの通信を細かな時間軸で見ていくと、従来の「SUーMIMO」は時分割多重で、じつは送信側と受信側の通信は“1対1”で行われており、端末が増えるほど速度が低下していることがわかります。
進化した「MUーMIMO」は、特定の端末に向けて電波を発信する「ビームフォーミング」と融合することで、電波干渉が起きないよう位相をずらして複数の信号波を送る「空間多重」による通信を実現。複数の端末に別々のデータを送る“1対多”の同時通信を可能にしました。

ビームフォーミングとは

通常は全方位へ均等に電波を送信するのに対して、ビームフォーミング対応の端末を自動で検出し、集中的に電波を照射。よりつながりやすく実効速度がアップします。

  • ※ ビームフォーミングに対応しているのは、Aterm WG2600HP2/WG2200HP/WG1900HP/WG1200HP2/WG1200HP/WG1200HS2/WF1200CRです。
  • ※ ビームフォーミングを利用するには、受信側の機器もビームフォーミングに対応している必要があります。

従来のMIMOの場合(SU-MIMO:シングルユーザMIMO)

端末1台1台との間を順次切り替えながら「時分割多重」で通信するため、端末の台数が増えるほど通信速度が低下していました。

11acで進化した「MU-MIMO」
対応機種 WG2600HP2/WG2200HP/WG1200HP2/WG1200HS2

電波干渉が起きないよう位相をずらして複数の信号波をビームフォーミングで送信。「空間多重」によって、複数台の同時通信を可能にします。

  • ※ 3台の端末がすべて1ストリームの場合となります(WG1200HP2/WG1200HS2は1ストリーム×端末2台の対応となります)。
  • ※ MU-MIMOに対応しているのは、Aterm WG2600HP2/WG2200HP/WG1200HP2/WG1200HS2です。
  • ※ MU-MIMOを利用するには、受信側の機器もMU-MIMOに対応している必要があります。