ページの先頭
  1. AtermStationホーム
  2. スッキリわかる!ルータ活用コンテンツ
  3. ネットが遅い!スマホが止まる!Atermが解決!

ネットが遅い!スマホが止まる!Atermが解決!

Aterm!! うちのWi-Fi何とかして!

ネットが遅い、スマホが止まる…だれもが一度は陥る「ネットがつながらない問題」。
その原因をしっかり探り、問題解決に向けてAtermは今日もがんばっています。

自宅のWi-Fiでイライラ…あなたも経験ありませんか?

佐藤家では近ごろWi-Fiの通信が遅く、こんな症状が出て困っています。

読み込みが遅い

動画が止まる

ネットが途切れる

なぜ、Wi-Fiが遅くなってしまうのでしょうか?

と、その前に。そもそもWi-Fiの役割ってご存知ですか?

開く

インターネットとWi-Fi

インターネットに接続するための回線網には2つの形態があります。自宅やオフィスなどに引いた回線から接続する「固定網」。もう一方は、屋外で通信する際にみなさんが使用しているLTEや3Gといった「モバイル網」。どちらも通信事業者の基地局を経由してインターネットに接続しますが、通信経路やサービス体系は大きく異なります。
さらに、外部につながる「WAN」と内側でつながる「LAN」という2つのネットワーク概念があります。

WAN(Wide Area Network)

遠く離れた場所とつながったネットワーク(つまりインターネット側)のこと。ルータの「WAN」と記された差込口には、インターネット回線を接続します。

LAN(Local Area Network)

自宅やオフィスなど接続する対象や範囲が限定されたネットワークのこと。ルータの「LAN」と記された差込口には、パソコンやテレビといったインターネットにつなぐ機器を接続します。

このLANの部分を物理的なケーブルではなく、
無線の電波でつなぐのがWi-Fi(無線LAN)の役割です。

インターネットの仕組みとWi-Fiの役割イメージ

スマホなんて、ずっとLTEでつないでおけば話が早いんじゃないの?

それだと、通信を使いすぎた時に速度規制がかかったりするでしょ?
毎月のスマホ代は安く抑えたいし…。そうなるとモバイル網の基地局まで電波を飛ばすより、家の回線に乗り入れた方が通信量を気にせずネットを使えるし、基地局との距離も関係ないから通信も安定するんだよ。

家と外で通信の使い分けができるのね!通信が安定するうえに、スマホ代も節約できるなんて、ありがたいわ!! そしてスマホみたいに回線の差込口がない機器でも、お家の回線につなげられるのが「Wi-Fi」ってことね!

Wi-Fiが遅くなる理由 その1
ご近所のWi-Fiとぶつかって、電波同士のケンカ(干渉)が発生!

たとえばスマホなどでWi-Fiアクセスポイントを探すと、自宅の接続先以外にもたくさんの名前が表示されませんか? これはあなたが今いるエリアまで電波が飛んでいる近隣のWi-Fiアクセスポイントたちです。
Wi-Fiにはたくさんのチャネル(データの通り道)があり、自分と近隣のWi-Fiが同じチャネルを使用して通信を行っている場合には、電波同士が干渉しあって通信が遅くなったり、切断されることがあります。

電波同士のケンカが発生!

* 2.4GHz帯には13個、5GHz帯には19個のチャネルがあります。

Atermならこれで解決!

電波は目に見えないもの。しかも自分以外のWi-Fiがどのチャネルを使用しているか、自力で把握することは困難です。そこで役立つのがAtermの【オートチャネルセレクト】という機能。周囲のWi-Fiアクセスポイントで使用されているチャネル、混んでいるチャネルを判別し、空いたチャネルを選んでつながりやすくします。

空いているのでケンカしない!

ご近所さんのWi-Fiがわが家に影響しているなんて思いもしなかった。
つながりやすいチャネルに自動で切り替えてくれるなんて賢いね!

Atermの【オートチャネルセレクト】とは?

周囲にある他の無線LANアクセスポイントの利用状況をサーチし、電波状況の良いチャネルへ自動的に切り替えてくれる機能。電波干渉が少なく、混雑していないチャネルを使用するので、無線LANの高速性をより有効に活かすことができます。

【オートチャネルセレクト】の効果イメージ

  • * 動作中の自動切り替えは、2.4GHz帯のみです。
  • * チャネルは、無通信状態時に切り替わります。
  • * 当社測定環境での検証結果の一例であり、ご利用の環境により改善効果は異なります。

Wi-Fiが遅くなる理由 その2
同じ周波数帯にWi-Fi接続が集中し、大渋滞が発生!

通信速度の足かせとなる要因は、家の中にも存在します。Wi-Fiには「5GHz帯」と「2.4GHz帯」という2つの周波数帯があり、同じ周波数帯で接続するライバル(Wi-Fi端末)が多いほど、通信が遅くなったり、切断されることがあります。
特に2.4GHz帯は、2.4GHz帯でしか通信できない機器が多いうえ、家電などの電磁波と波長が近く干渉を受けやすいため、混雑しがちです。

渋滞発生!

* 端末が11ac(5GHz)対応でも、初期設定で2.4GHz帯優先接続となっている場合があります。

Atermならこれで解決!

「5GHz帯/2.4GHz帯」どちらかで渋滞が起きたときに、端末に応じて使用する周波数帯を振り分けて解消するのがAtermの【バンドステアリング】という機能です。 たとえば2.4GHz帯が混雑してきた場合、5GHz帯対応端末のデータはもう一方の通り道に移るように誘導し、通信速度の低下を抑えます。

空いてる方に誘導!

道路状況にあわせて車線を変えながらスイスイ走っていく優良ドライバーみたい。おかげで混んでいた側も渋滞が緩和されるし、一石二鳥!

Atermの【バンドステアリング】とは?

Wi-Fi端末の電波強度や対応帯域を判別し、5GHz帯と2.4GHz帯の混雑していない周波数帯へ自動で振り分け。Wi-Fi端末ごとに適切な周波数帯に移動させることで電波の混雑を解消し、快適な通信を提供します。

【バンドステアリング】イメージ

  • * 端末の機能や仕様により周波数帯が切り替わらない場合があります。

【バンドステアリング】【オートチャネルセレクト】
2つの機能によって、
安定したWi-Fi通信を実現します

ゲームがサクサク/動画がスムーズ/ネットが快適


あなたのお家で今日もつながる。Wi-Fiルータは、Aterm

【オートチャネルセレクト】&【バンドステアリング】搭載機種

4ストリーム
(5GHz帯&2.4GHz帯)
[筐体画像] 速さと安定性を極め、さらに進化した4ストリーム ハイスピードモデル。
Aterm WG2600HP2
特長 仕様
無線LAN:1733Mbps(11ac/5GHz帯) + 800Mbps(11n/2.4GHz帯)
有線LAN:1000BASE-T
* WG2600HP2のオートチャネルセレクトは、起動時のみ動作します。
3ストリーム
(5GHz帯&2.4GHz帯)
[筐体画像] 安定性と利便性を兼ね備えた3ストリーム 高機能モデル
Aterm WG1900HP
特長 仕様
無線LAN:1300Mbps(11ac/5GHz帯) + 600Mbps(11n/2.4GHz帯)
有線LAN:1000BASE-T
2ストリーム
(5GHz帯&2.4GHz帯)
[筐体画像] 安定性と利便性を兼ね備えた2ストリーム 高機能モデル
Aterm WG1200HP2
特長 仕様
無線LAN:867Mbps(11ac/5GHz帯) + 300Mbps(11n/2.4GHz帯)
有線LAN:1000BASE-T
  • ※ 11nを800Mbpsまたは600Mbpsで通信する場合は、子機がデジタル変調方式の256QAMに対応している必要があります。

この他、オートチャネルセレクトは以下の機種が対応しています

  • WG1800HP3、WG1200HS2、WG1200HS、WF1200CR、WF800HP(起動時のみチャネル切替対応)
  • WG2200HP(起動時および動作中にチャネル切替対応)