USBポートに接続した機器へのアクセス方法が知りたい

No. 00049

USBポートに接続した機器へのアクセス方法が知りたい

公開日 2010/05/26 最終更新日 2016/10/12

回答

Windows・Mac(OS X)の場合、USBポートに接続した機器へのアクセス方法は、以下のとおりです。

ご注意

対応のフォーマット形式は、FAT32、FAT16です。NTFSは対応しておりません。

フォーマット形式を確認して、未対応のフォーマット形式だった場合は、FAT32またはFAT16にフォーマット形式を変更してください。

フォーマット形式の変更方法につきましては、接続する機器側のマニュアルやサポートをご参照ください。

フォーマット形式の確認方法は、以下のとおりです。

  1. 以下の手順で「コンピューター」を開きます。

    起動方法は、OSにより異なります。

    • Windows 10 / 8.1の場合 : デスクトップ画面の左下にある(スタートボタン)で右クリックをすると表示されるメニューで、「エクスプローラー」を選択し、「エクスプローラー」が表示されましたら、右メニューで「PC」を選択します。
    • Windows 8の場合 : スタート画面で右クリックをして、「すべてのアプリ」を選択します。

      その後、Windowsシステムツールから「コンピューター」を選択します。

    • Windows 7 / Vistaの場合 : 「(スタート)」-「コンピューター」を開きます。
    • Windows XPの場合 : 「スタート」-「マイコンピュータ」を開きます。
  2. 「デバイスとドライブ」から接続をする機器のアイコンを右クリックして、プロパティを選択します。

    ※Windows 8以前は「リムーバブル記憶域があるデバイス」です。

  3. 「全般」タブのファイルシステムに記載された内容(FAT32、NTFS、exFATなど)が、フォーマット形式です。

ファイル共有を使用してUSBポートにアクセスする場合

Windowsでのアクセス方法

  1. 「ファイル名を指定して実行」を起動します。

    起動方法は、OSにより異なります。

    • Windows 10 / 8.1の場合 : デスクトップ画面の左下にある(スタートボタン)で右クリックをすると表示されるメニューで、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
    • Windows 8の場合 : キーボードの[Windows]キーを押しながら「X」キーを押すと表示される一覧から、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
    • Windows 7 / Vistaの場合 : パソコン画面左下の「(スタート)」-「すべてのプログラム」-「アクセサリ」から「ファイル名を指定して実行」を選択します。
    • Windows XPの場合 : パソコン画面左下の「スタート」から「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 入力欄に「¥¥ATERM-XXXXXX」(※)と半角で入力して、「OK」ボタンを押します。

    「XXXXXX」は、Aterm本体側面のラベルに記載されたMACアドレス(WAN)下6桁です。

    「:」(コロン)は外して入力します。また英字は、ラベルに記載とおり大文字で入力を行ないます。

  3. USBポートに接続した機器のフォルダが表示されますので、フォルダをダブルクリックします。

  4. USBポートに接続した機器のフォルダが開きます。

Mac(OS X)でのアクセス方法

  1. Finderの「移動」から「サーバへ接続...」を選択します。
  2. サーバアドレスの欄に「smb://ATERM-XXXXXX」(※)と半角で入力して、「接続」ボタンを押します。

    「XXXXXX」は、Aterm本体側面のラベルに記載されたMACアドレス(WAN)下6桁です。

    「:」(コロン)は外して入力します。

    また英字は、ラベルに記載とおり大文字で入力を行ないます。

    ※ ご使用の機種がWG2600HP2の場合は、「cifs://ATERM-XXXXXX」と入力してください。

    「cifs://ATERM-XXXXXX」と入力して、先に進めなかった場合は「smb://ATERM-XXXXXX」と入力する方法もお試しください。

  3. 「名前」にユーザー名が入っていることを確認して、「接続」ボタンを押します。
  4. USBポートに接続した機器が表示されますので、選択します。
  5. USBポートに接続した機器のフォルダが開きます。

Webブラウザを使用してUSBポートにアクセスする場合

機種によって手順は異なります。以下の機種リストより、ご使用の機種名をクリックして詳細をご確認ください。

WG2600HP2・WG2600HP

アクセスを行なう前に、初期値では本手順のアクセスが無効になっていますので、有効に変更を行なう必要があります。

手順は以下のとおりです。

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 『詳細設定』より『USBストレージ設定』を選択してください。

    ※『詳細設定』は、【詳細な項目を表示】を押すと表示されます。

  3. 『USBストレージ設定』画面が開きますので、「ファイル共有機能設定(ブラウザ用)」の該当個所に入力・選択を行って、【設定】ボタンを押してください。

    • [ブラウザファイル共有機能] : 【ON】にしてください。
    • [アカウント] : クイック設定Webログイン時と同じアカウントを使用する場合は、【クイック設定Web用管理者(admin)と共通アカウント】を選択します。違うアカウントを使用する場合は、【専用アカウント】を選択します。

    • [ユーザー名] : [アカウント]で【専用アカウント】を選択した場合、USBポートにアクセスするときのユーザー名を入力します。
    • [パスワード] : [アカウント]で【専用アカウント】を選択した場合、USBポートにアクセスするときのパスワードを入力します。
    • [アクセスポート番号] : 初期値は【15789】になっています。通常はそのまま使用します。

  4. 【設定】ボタンを押して、設定を保存してください。

    タイトル(『USBストレージ設定』)の下に、「設定内容を更新しました。」と表示されます。

設定が完了いたしましたら、以下の手順で、Webブラウザでアクセスができるかを確認します。

  1. Webブラウザを起動します。
  2. Webブラウザのアドレスバーに、クイック設定Webを通常開く際に使用しているIPアドレス、コロン(:)、アクセスポート番号を入力して、Enterキーを押します。

    ※ クイック設定Webに【http://192.168.10.1】でログインしている場合は、【http://192.168.10.1:15789】と入力します。

  3. ユーザー名とパスワードを入力して【OK】ボタンを押すと、USBストレージ画面が表示されます。

ご参考

WAN側からアクセスを行なうときの手順は、以下のとおりです。

WAN側アクセスは、事前に固定IPアドレスの取得やダイナミックDNS機能を使用できる状態にしておく必要があります。

  1. Webブラウザを起動します。
  2. Webブラウザのアドレスバーに、AtermのWAN側IPアドレス(またはURL)、コロン(:)、アクセスポート番号を入力して、Enterキーを押します。

    例) http://xxx.xxx.xxx.xxx:15789

    なお、Atermを無線LANアクセスモードでご使用の場合は、AtermのWAN側に接続した外付けルータのUPnP機能を有効にし、クイック設定Webの『現在の状態』-「インターネット経由のアクセス」-[USBストレージ画面]に記載のURLを入力してアクセスを行います。

  3. ユーザー名とパスワードを入力して【OK】ボタンを押すと、USBストレージ画面が表示されます。

WG2200HP・WG1800HP2・WG1800HP・WG1400HP・WG600HP・WG300HP・WF300HP・WR9500N・WR9300N・WR8750N・WR8700N・WR8600N・WR8370N・WR8175N・WR8170N

アクセスを行なう前に、初期値では本手順のアクセスが無効になっていますので、有効に変更を行なう必要があります。

手順は以下のとおりです。

※ WR8700Nはファームウェア1.0.13以上で対応

  1. クイック設定Webを起動したいをご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 左メニューから『詳細設定』-『USBストレージ設定』を選択してください。
  3. 『USBストレージ設定』画面が開きますので、「ファイル共有機能設定(ブラウザ用)」の該当個所に入力・選択を行って、【設定】ボタンを押してください。

    • [ブラウザファイル共有機能] : 【使用する】にチェックを入れます。

    • [アカウント] : クイック設定Webログイン時と同じアカウントを使用する場合は、【クイック設定Web用管理者(admin)と共通アカウント】を選択します。違うアカウントを使用する場合は、【専用アカウント】を選択します。

    • [ユーザー名] : [アカウント]で【専用アカウント】を選択した場合、USBポートにアクセスするときのユーザー名を入力します。

    • [パスワード] : [アカウント]で【専用アカウント】を選択した場合、USBポートにアクセスするときのパスワードを入力します。

    • [アクセスポート番号] : 初期値は【15789】になっています。通常はそのまま使用します。

  4. 左メニューの【保存】ボタンを押して、設定を保存してください。

設定が完了いたしましたら、以下の手順で、Webブラウザでアクセスができるかを確認します。

  1. Webブラウザを起動してます。
  2. Webブラウザのアドレスバーに、クイック設定Webを通常開く際に使用しているIPアドレス、コロン(:)、アクセスポート番号を入力して、Enterキーを押します。

    ※ クイック設定Webに【http://192.168.10.1】でログインしている場合は、【http://192.168.10.1:15789】と入力します。

    ※ クイック設定Webに【http://192.168.0.1】でログインしている場合は、【http://192.168.0.1:15789】と入力します。

  3. ユーザー名とパスワードを入力して【OK】ボタンを押すと、USBストレージ画面が表示されます。

ご参考

WAN側からアクセスを行なうときの手順は、以下のとおりです。

WAN側アクセスは、事前に固定IPアドレスの取得やダイナミックDNS機能を使用できる状態にしておく必要があります。

  1. Webブラウザを起動します。
  2. Webブラウザのアドレスバーに、AtermのWAN側IPアドレス(またはURL)、コロン(:)、アクセスポート番号を入力して、Enterキーを押します。

    例) http://xxx.xxx.xxx.xxx:15789

    なお、Atermを無線LANアクセスモードでご使用の場合は、AtermのWAN側に接続した外付けルータのUPnP機能を有効にし、クイック設定Webの『情報』-『現在の状態』-「インターネット経由のアクセス」-[USBストレージ画面]に記載のURLを入力してアクセスを行います。

  3. ユーザー名とパスワードを入力して【OK】ボタンを押すと、USBストレージ画面が表示されます。

より良いサポート情報ご提供のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

この情報は役に立ちましたか?

対象機種

WF300HP、WG300HP、WG600HP、WG1400HP、WG1800HP、WG1800HP2、WG2200HP、WG2600HP、WG2600HP2

WR8170N、WR8175N、WR8370N、WR8600N、WR8700N、WR8750N、WR9300N、WR9500N

※主な対象機種は、現行機種および2004年以降に発売されたブロードバンド機種です。