Wi-Fi(無線)搭載パソコン(Windows)を、Aterm親機にWi-Fi(無線)接続したい [らくらく無線スタートEXで接続する場合]

No. 00055

Wi-Fi(無線)搭載パソコン(Windows)を、Aterm親機にWi-Fi(無線)接続したい
[らくらく無線スタートEXで接続する場合]

公開日 2007/01/11 最終更新日 2018/10/10

回答

Wi-Fi(無線)接続を行うには、『らくらく無線スタートEX』のインストールが完了している必要があります。

『らくらく無線スタートEX』の最新版は、Windows用共通ソフトウェアのソフトウェアページから入手してください。

インストール手順は、『らくらく無線スタートEX』のインストール手順をご覧ください。

インストール完了後は、以下の手順で設定を行ってください。

* 手順は、他のWi-Fi(無線)親機の接続・設定を行っていない状態、パソコンのETHERNET(LAN)ポートに他の機器を接続をしていない状態で行ってください。

  1. Windowsパソコン本体のWi-Fi(無線)機能を「OFF」から「ON」にしてください。

    ご参考

    Wi-Fi(無線)機能を有効にする手順は、お手持ちのパソコンによって異なりますので、付属のマニュアルや購入したパソコンメーカーのサポートセンターへご確認をお願いいたします。

    有効にする一例として、無線LAN内蔵パソコンの無線(ワイヤレス)機能を有効にしたいを参考情報として公開していますので合わせてご参照ください。

  2. らくらく無線スタートEXを起動してください。起動方法はOSにより異なります。

    • Windows 10の場合 : デスクトップ画面の左下にある「(スタート)」-「らくらく無線スタートEX」-「らくらく無線スタートEX」を選択してください。
    • Windows 8.1/8の場合 : スタート画面から「らくらく無線スタートEX」を選択してください。
    • Windows 7/Vista/XPの場合 : パソコン画面左下の「(スタート)」-「すべてのプログラム」-「らくらく無線スタートEX」-「らくらく無線スタートEX」を選択してください。

    ご注意

    ユーザーアカウント制御やセキュリティの警告が表示された場合は、【はい】または【実行】ボタンを押して、次に進んでください。

  3. らくらく無線スタートEXが起動して、以下の画面が表示されます。

    画面が表示されてから、1分以内にAterm親機の『らくらくスタートボタン』を長押ししてください。

    Aterm親機のPOWERランプが、点滅に変わりましたら、ボタンを放してください。

    ご参考

    Aterm親機の『らくらくスタートボタン』の位置は、Atermの『らくらくスタートボタン』『WPSボタン』はどこにありますか?よりご確認ください。(機種別にご確認いただけます。)

  4. しばらく待つと、Aterm親機のPOWERランプが点滅からオレンジ点滅に変わり以下の画面が表示されます。

    画面が表示されてから、30秒以内にAterm親機の『らくらくスタートボタン』を長押ししてください。

    Aterm親機のPOWERランプが、オレンジ点灯に変わりましたら、ボタンを放してください。

  5. オレンジ点灯から少し待つと、Aterm親機のPOWERランプが、緑点灯に変わります。

    以下の画面が表示されましたら、設定は完了です。

本手順は動画(ムービー)でもご覧いただけます

この手順を動画で見る

ご参考

らくらく無線スタートEXに失敗した場合は、らくらく無線スタート、らくらく無線スタートEXが失敗してしまいましたをご確認の上、再度らくらく無線スタートEXをお試しいただくか、ネットワーク名(SSID)と暗号化キーを選択・入力して接続する手順を行ってください。

ネットワーク名(SSID)と暗号化キーを選択・入力して行う設定手順は、Wi-Fi(無線)搭載パソコン(Windows)を、Aterm親機にWi-Fi(無線)接続したい [ネットワーク名(SSID)と暗号化キーを選択・入力して接続する場合]をご参照ください。

より良いサポート情報ご提供のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

この情報は役に立ちましたか?

対象機種

W300P、W500P、WF300HP、WF300HP2、WF800HP、WF1200CR、WF1200HP、WF1200HP2、WG300HP、WG600HP、WG800HP、WG1200CR、WG1200HP、WG1200HP2、WG1200HP3、WG1200HS、WG1200HS2、WG1200HS3、WG1400HP、WG1800HP、WG1800HP2、WG1800HP3、WG1800HP4、WG1900HP、WG1900HP2、WG2200HP、WG2600HP、WG2600HP2、WG2600HP3

WR1200H、WR4100N、WR4500N、WR6600H、WR6650S、WR6670S、WR7800H、WR7850S、WR7870S、WR8100N、WR8150N、WR8160N、WR8165N、WR8170N、WR8175N、WR8200N、WR8300N、WR8370N、WR8400N、WR8500N、WR8600N、WR8700N、WR8750N、WR9300N、WR9500N

MR03LN、MR04LN、MR05LN

WM3300R、WM3400RN、WM3450RN、WM3500R、WM3600R、WM3800R

※主な対象機種は、現行機種および2004年以降に発売されたブロードバンド機種です。