WPS機能(PIN方式)の脆弱性に伴う一部機種の設定変更手順

No. 00069

WPS機能(PIN方式)の脆弱性に伴う一部機種の設定変更手順

公開日 2018/02/07 最終更新日 2018/02/07

回答

2012年1月30日にサポート技術情報として「WPS(Wi-Fi Protected Setup)の脆弱性に関してのAterm製品の対処方法について」を掲載してます。

本掲載情報に伴い、初期値でWPS機能(PIN方式)が「使用する」になっているWR8300N、WR8150N、WM3400RNは、セキュリティ面からWPS機能(PIN方式)を使用しないよう設定変更してご利用いただきますことを推奨いたします。

手順は以下のとおりです。

ご参考

  • PIN方式を使用しないように設定しても、プッシュボタン方式は従来どおり使用可能です。
  • 対象の3機種以外は、出荷時またはファームウェアアップデートで本脆弱性について対処済みです。
  1. クイック設定Webの開き方をご参照の上、クイック設定Webを開いてください。
  2. 左メニューの『無線LAN設定』から、『WPS設定』を選択してください。

  3. 「PIN方式」の『使用する』のチェックを外してください。

  4. 画面最下部の「設定」ボタンを押してください。

    設定が反映されると、画面上部に「登録内容を更新しました。」というメッセージが表示されます。

  5. 左メニューの「保存」ボタンを押して、設定を保存します。

    以上で設定は完了です。

より良いサポート情報ご提供のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

この情報は役に立ちましたか?

対象機種

WR8150N、WR8300N

WM3400RN

※主な対象機種は、現行機種および2004年以降に発売されたブロードバンド機種です。