ニンテンドーDSi/DSi LLでらくらく無線スタートを行いたい

No. 00218

ニンテンドーDSi/DSi LLでらくらく無線スタートを行いたい

公開日 2009/08/31 最終更新日 2018/10/10

回答

以下の手順で設定を行ってください。

○はニンテンドーDSi側での操作、△はAterm親機側の操作です。

手順は、ニンテンドーDSi・ニンテンドーDSi LLで共通です。

  1. ○ DSiメニュー(起動直後の画面)から「本体設定」をタッチします。

  2. ○ 「無線通信」をタッチして、無線機能が「ON」になっていることを確認して、「決定」をタッチします。

  3. ○ 「インターネット」(本体設定の3画面目)をタッチします。

  4. ○ 「接続設定」をタッチします。

  5. ○ 接続先1〜3から、「未設定」の接続先をタッチします。

    ご参考

    この画面で選択できる「上級者設定」は、DSi専用ソフト(主に本体の記憶領域にダウンロードするソフト)でWi-Fi(無線)接続する場合に、より高いセキュリティ(AES/TKIP)で接続を行いたいときに設定します。

    「上級者設定」をタッチして、接続先4〜6の中から、「未設定」の接続先をタッチしてください。

    なお、従来のDS専用ソフト(カードリッジ)は、接続先4〜6の設定ではWi-Fi(無線)接続できませんのでご注意ください。

  6. ○ 「らくらく無線スタート」をタッチします。

  7. △ 手順6から、1分以内にAterm親機の『らくらくスタートボタン』を長押ししてください。

    Aterm親機のPOWERランプが、点滅に変わりましたら、ボタンを放してください。

    ご参考

    Aterm親機の『らくらくスタートボタン』の位置は、Atermの『らくらくスタートボタン』『WPSボタン』はどこにありますか?よりご確認ください。(機種別にご確認いただけます。)

  8. △ しばらく待つと、Aterm親機のPOWERランプが点滅からオレンジ点滅に変わります。

    点滅に変わってから、30秒以内にAterm親機の『らくらくスタートボタン』を長押ししてください。

    Aterm親機のPOWERランプが、オレンジ点灯に変わりましたら、ボタンを放してください。

  9. △ オレンジ点灯から少し待つと、Aterm親機のPOWERランプが、緑点灯に変わります。

    以上で設定は完了です。

    なお、ニンテンドーDSiの画面には、『らくらく無線スタートの設定が完了しました。』と表示されます。

    ご参考

    そのあと、ニンテンドーDSiの画面に従いインターネットへの接続テストを行ってください。

    なお、らくらく無線スタートに失敗した場合は、ニンテンドーDSiのマニュアルやサポートをご参照の上、アクセスポイント検索(手順6で「アクセスポイントを検索」をタッチ)による設定をお試しください。

    設定には、Aterm親機のネットワーク名(SSID)・暗号化キーが必要になりますので、ネットワーク名(SSID)と暗号化キーは、どこに記載されていますか?よりご確認ください。

ご注意

  • 2013年以降に発売されているAterm親機では、初期値で「WEP専用SSID」が無効の場合があります。

    その場合は、クイック設定Webの『Wi-Fi(無線LAN)設定』-『Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)』画面の「対象ネットワークを選択」で「WEP専用SSID」を選び、その画面で「Wi-Fi機能」を「使用する」にして設定を保存してください。「WEP専用SSID」が有効になります。

  • 2013年以降に発売されているAterm親機では、初期値で「セカンダリSSID」(WEP)が無効の場合があります。

    クイック設定Webの『無線LAN設定』-『無線LAN設定』画面の「対象ネットワークを選択」で「セカンダリSSID」を選び、その画面で「無線機能」を「使用する」にして設定を保存してください。「セカンダリSSID」(WEP)が有効になります。

  • WR8200Nは、初期値の暗号化モードが「AES」のため「WEP」に変更する必要があります。

    電源オフの状態で、本体底面のディップスイッチ「3番」をONに変更してから、電源オンで暗号化モードが「WEP」に切り替わります。

  • WR7850S・WR7800H・WR6650S・WR6600Hは、ファームウェアバージョン8.65以上で設定を行ってください。

ニンテンドーDSiおよびニンテンドーDSi LLは、任天堂の登録商標です。

より良いサポート情報ご提供のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

この情報は役に立ちましたか?

対象機種

W300P、W500P、WF300HP、WF300HP2、WF800HP、WF1200CR、WF1200HP、WF1200HP2、WG300HP、WG600HP、WG800HP、WG1200CR、WG1200HP、WG1200HP2、WG1200HP3、WG1200HS、WG1200HS2、WG1200HS3、WG1400HP、WG1800HP、WG1800HP2、WG1800HP3、WG1800HP4、WG1900HP、WG1900HP2、WG2200HP、WG2600HP、WG2600HP2、WG2600HP3

WR1200H、WR4100N、WR4500N、WR6600H、WR6650S、WR6670S、WR7800H、WR7850S、WR7870S、WR8100N、WR8150N、WR8160N、WR8165N、WR8170N、WR8175N、WR8200N、WR8300N、WR8370N、WR8400N、WR8500N、WR8600N、WR8700N、WR8750N、WR9300N、WR9500N

MR03LN、MR04LN、MR05LN

WM3300R、WM3400RN、WM3450RN、WM3500R、WM3600R、WM3800R

※主な対象機種は、現行機種および2004年以降に発売されたブロードバンド機種です。