Windowsのファイアウォール機能を無効にしたい

No. 00249

Windowsのファイアウォール機能を無効にしたい

公開日 2009/08/10 最終更新日 2019/01/15

回答

Atermの接続が正常に完了しない場合、Windowsやセキュリティソフトのファイアウォール機能を停止することで改善する場合があります。

ここでは、参考情報として、Windowsのファイアウォール機能を停止する方法を記載します。

無効にしたファイアウォール機能は、Atermの接続が完了いたしましたら、すぐ有効に戻してください。

以下のリストより、OS名にカーソルを合わせてクリックしてください。詳細を表示します。

Windows 10

  1. デスクトップ画面の左下にある(スタートボタン)で右クリックをすると表示されるメニューで、「設定」を選択してください。
  2. 「Windowsの設定」画面が開きましたら、「更新とセキュリティ」を選択します。
  3. 「更新とセキュリティ」画面のメニューから、「Windows セキュリティ」を選択します。
  4. 「ファイアウォールとネットワーク保護」を選択します。

  5. ドメインネットワーク、プライベートネットワーク、パブリックネットワークの中でアクティブになっているものを選択します。
  6. 「Windows Defender ファイアウォール」のオンをオフに変更します。(アラートがでてくるので変更を許可します。)

Windows 8.1 / 8

  1. 以下の手順で「コントロールパネル」を開いてください。

    1. 右上の端(または右下の端)にマウスカーソルを移動すると、メニュー項目が表示されます。

      (タブレットPCの場合は、画面右端から左に指でスライドさせると、メニュー項目が表示されます。)

    2. 「設定」を選択します。

    3. 「コントロールパネル」を選択します。

  2. 「システムとセキュリティ」−[Windowsファイアウォール]を選択してください。(表示方法が「カテゴリ」の場合)

    (表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」の場合は、[Windowsファイアウォール]を直接選択してください。)

  3. 『Windowsファイアウォール』が開きましたら、左メニューから[Windowsファイアウォールの有効化または無効化]を選択してください。
  4. [Windowsファイアウォールを無効にする(推奨されません)]を選択して【OK】を押してください。

    ※ 有効に戻す場合は、[Windowsファイアウォールを有効にする(推奨)]を選択します。

Windows 7

  1. デスクトップ画面左下の『(スタート)』−「コントロールパネル」を選択してください。
  2. 「システムとセキュリティ」−[Windowsファイアウォール]を選択してください。(表示方法が「カテゴリ」の場合)

    (表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」の場合は、[Windowsファイアウォール]を直接選択してください。)

  3. 『Windowsファイアウォール』が開きましたら、左メニューから[Windowsファイアウォールの有効化または無効化]を選択してください。
  4. [Windowsファイアウォールを無効にする(推奨されません)]を選択して【OK】を押してください。

    ※ 有効に戻す場合は、[Windowsファイアウォールを有効にする(推奨)]を選択します。

Windows Vista

  1. デスクトップ画面左下の『(スタート)』−「コントロールパネル」を選択してください。
  2. 「セキュリティ」−[Windowsファイアウォール]を選択してください。(表示方法が「コントロールパネルホーム」の場合)

    (表示方法が「クラシック表示」の場合は、[Windowsファイアウォール]を直接選択してください。)

  3. 『Windowsファイアウォール』が開きましたら、左メニューから[Windowsファイアウォールの有効化または無効化]を選択してください。

    ※ 「続行するにはあなたの許可が必要です」と表示された場合は、【続行】を押してください

  4. [無効(推奨されません)]を選択して【OK】を押してください。

    ※ 有効に戻す場合は、[有効(推奨)]を選択します。

Windows XP(Service Pack2以降)

  1. デスクトップ画面左下の『スタート』−「コントロールパネル」を選択してください。
  2. 「セキュリティセンター」−[Windowsファイアウォール]を選択してください。(表示方法が「カテゴリの表示」の場合)

    (表示方法が「クラシック表示」の場合は、[Windowsファイアウォール]を直接選択してください。)

  3. [無効(推奨されません)]を選択して【OK】を押してください。

    ※ 有効に戻す場合は、[有効(推奨)]を選択します。

ご参考

セキュリティソフトのファイアウォール機能を停止する場合は、パソコン画面右下の通知領域(タスクトレイ)にセキュリティソフトのアイコンがありますので、右クリックから設定画面を表示し、ファイアウォール機能を停止してください。

停止方法につきましては、各セキュリティソフトのマニュアルやメーカーのサポートセンターへご確認ください。

当ページの内容は「参考情報」です。

詳細は各PCメーカー、ソフトメーカーなどにお問い合わせください。

本件につきましては、電話やメールなどでお問い合わせいただいてもお答えすることはできません。ご了承ください。

より良いサポート情報ご提供のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

この情報は役に立ちましたか?

対象機種

W300P、W500P、WF300HP、WF300HP2、WF800HP、WF1200CR、WF1200HP、WF1200HP2、WG300HP、WG600HP、WG800HP、WG1200CR、WG1200HP、WG1200HP2、WG1200HP3、WG1200HS、WG1200HS2、WG1200HS3、WG1400HP、WG1800HP、WG1800HP2、WG1800HP3、WG1800HP4、WG1900HP、WG1900HP2、WG2200HP、WG2600HP、WG2600HP2、WG2600HP3、WG2600HS

WR1200H、WR4100N、WR4500N、WR6600H、WR6650S、WR6670S、WR7800H、WR7850S、WR7870S、WR8100N、WR8150N、WR8160N、WR8165N、WR8170N、WR8175N、WR8200N、WR8300N、WR8370N、WR8400N、WR8500N、WR8600N、WR8700N、WR8750N、WR9300N、WR9500N

W1200EX、W1200EX-MS

HT100LN、MP01LN、MR03LN、MR04LN、MR05LN

WM3200C、WM3200U、WM3300R、WM3400RN、WM3450RN、WM3500R、WM3600R、WM3800R

WL130NC、WL300NC、WL300NC-G、WL300NE-AG、WL300NU-AG、WL300NU-G、WL300NU-GS、WL450NU-AG、WL54AG、WL54AG-SD、WL54GC、WL54GU、WL54SC、WL54SC2、WL54SE、WL54SE2、WL54SU、WL54SU2、WL54TE、WL54TU

CA2100P、CR2500P

※主な対象機種は、現行機種および2004年以降に発売されたブロードバンド機種です。