閉じる
ダウンロードしたファイルからのバージョンアップ手順
(ユーティリティ・USBケーブルの場合)

当バージョンアップ画面は、Windows(R) XPでAtermIT21Lを使用した場合の画面です
ユーティリティのバージョンを1000から1520へ上げる場合の画面です
ファイル名や画面はバージョンや機種によって一部表示が異なる場合がありますが、同様の手順で行うことができます
事前にAtermからUSBケーブルを外した状態で説明しています

[スタート]−[すべてのプログラム]−[AtermIT31L/IT21Lユーティリティ] −
[Atermらくらくアシスタント]をクリックして、らくらくアシスタントメニューを表示し
[USBドライバインストール/更新]をクリックします
[次へ]ボタンをクリックします
「ドライバを再インストールする」を選択し、[次へ]ボタンをクリックします
[実行]ボタンをクリックします
以下の画面が表示され、USBドライバがアンインストールされます
「USBドライバのアンインストール終了」が表示されたら、
[再起動]ボタンをクリックします
パソコンが再起動し、「USBドライバ・COMポートのインストールを実行します」
の画面が表示されたら、[キャンセル]ボタンをクリックします
[はい]ボタンをクリックします
[スタート]−[すべてのプログラム]−[AtermIT31L/IT21Lユーティリティ]−
[ユーティリティのアンインストール]をクリックします
[はい]ボタンをクリックします
[OK]ボタンをクリックします
ダウンロードしたファイルのアイコンをダブルクリックします
[実行]ボタンをクリックします
[次へ]ボタンをクリックします
以下の画面が表示され、ファイルがコピーされます
[次へ]ボタンをクリックします
条項をお読みになり、[次へ]ボタンをクリックします
インストール先を確認して、[次へ]ボタンをクリックします
[はい]ボタンをクリックします
[完了]ボタンをクリックします


ご参考
「Atermらくらくアシスタントの実行」にチェックが入っていることをご確認ください
[次へ]ボタンをクリックします
らくらくアシスタントメニューの[USBドライバインストール/更新]をクリックします
[次へ]ボタンをクリックします
[次へ]ボタンをクリックします
[実行]ボタンをクリックします
以下の画面が表示されたら、お使いのパソコンとAtermをUSBケーブルで
接続します
「USBドライバのインストール終了」と表示されたら、
[再起動]ボタンをクリックします
パソコンが再起動し、らくらくアシスタントメニューの画面左下に、
「設定対象COMポート:XXXX」と、「Version XXXX」の表示を確認します

以上でバージョンアップは終了です

閉じる