ファームウェアの手動バージョンアップによる更新方法

最終更新日:2017年12月26日
このページを印刷する

当ページでは、手動バージョンアップによるファームウェアの更新方法を掲載しています。

※OS、ブラウザなどご利用の環境により、画面が異なる場合があります。

ご参考

事前にファームウェアを任意の場所にダウンロードし、圧縮ファイルを解凍したうえで、バージョンアップを実施してください

更新手順

1.WWWブラウザ(InternetExplorer「インターネットエクスプローラ」など)を開いて、「http://web.setup/」と入力します。

設定1

参考

  1. AtermのIPアドレス「http://192.168.0.1/」(工場出荷値)でも入力可能です。
  2. オフラインでInternetExplorer(インターネットエクスプローラ)を使用していると、「要求されたページは、オフラインで使用できません。」というメッセージが表示されます。表示された場合は、「接続」ボタンを選択してください。

次へ

2.「ユーザー名」「パスワード」の入力画面が表示されましたら、ユーザー名に半角小文字で「admin」と入力、パスワードを入力して、「OK」ボタンを選択します。

設定2

次へ

3.クイック設定Webが開きましたら、左メニューの「メンテナンス」から「ファームウェア更新」を選択します。

設定3

次へ

4.「ファームウェア更新」画面の「更新方法」にて「ローカルファイル指定」を選択し、「参照」ボタンを選択します。

設定4

次へ

5.ダウンロード後に解凍したファームウェアファイルを選択し、「開く」ボタンを選択します。

設定4

次へ

6.選択したファイルまでのパスが表示されますので「更新」ボタンを選択します。

設定4

次へ

7.「ファームウェアの更新を行います。よろしいですか?」と表示されましたら、「OK」ボタンを選択します。

次へ

8.「ファームウェア更新中です。」と表示されましたら、電源を切らずに画面に表示された時間そのままの状態でお待ちください(環境により表示時間よりも時間がかかる場合もあります)。

設定7

次へ

9.「ファームウェア更新が完了しました。」と表示されましたら、「OK」ボタンを選択します。

以上で、ファームウェアの更新は完了です。

参考

10分程度経過しても完了メッセージが表示されない場合は、いったんWWWブラウザを閉じてください。その後、Atermの電源を入れ直して再度実行してください。

» このページのトップへ戻る

この画面を閉じる