ETHERNETケーブルと回線ケーブルの区別はどこでするのですか?

最終更新日:2007年6月15日
このページを印刷する

それぞれの特徴は以下のとおりです。

  • ETHERNETケーブル

    8極6芯(金色の金具部分が8本、中でつながっているケーブルが4本)で、回線ケーブルに比べて大きいコネクタになっっています。

    添付のETHERNETケーブルは、コネクタ部分が色になっています。

  • 回線ケーブル

    6極2芯(金色の金具部分、中でつながっているケーブルがともに2本)で、ETHERNETケーブルに比べて小さいコネクタになっています。

    添付の回線ケーブルは、ケーブル部分に色のラインが入ってます。

ETHERNETケーブルと回線ケーブルの比較画像

ETHERNETケーブルと回線ケーブルの比較

スリープ()の長さは若干違う場合があります(機能的・性能的な違いはありません)。

注意

回線ケーブルをパソコンのETHERNETポート(LANポート)に誤って差し込むと、抜けなくなってしますことがありますので、ケーブルを差し込む前に必ずコネクタ部分の形状を確認してください。

» このページのトップへ戻る

この画面を閉じる