Javascriptを有効にする方法

Windows Vista(R) / Windows(R) XPをご利用の方

「Internet Explorer 6.0/7.0」をご利用の場合

  1. ツールバーの「ツール」から「インターネットオプション」を選択します。
  2. 「セキュリティー」タブを選択し「このゾーンのセキュリティーのレベル」内の「レベルのカスタマイズ」ボタンを選択します。
  3. 「スクリプト」内の「アクティブスクリプト」を「有効にする」に選択して「OK」を選択します。

「Firefox 2.0」をご利用の場合

  1. ツールバーの「ツール」から「オプション」を選択します。
  2. 「コンテンツ」を選択し「javascriptを有効にする」にチェックをいれ、「OK」を選択します。

「Opera 9.0」をご利用の場合

  1. ツールバーの「ツール」−「クイック設定」から「javascriptを有効にする」を選択します。

Mac OSXをご利用の方

「Safari 2.0」をご利用の場合

  1. ツールバーの「Safari」から「環境設定」を選択します。
  2. 「セキュリティ」を選択し「javascriptを有効にする」にチェックをいれます。

「Firefox 2.0」をご利用の場合

  1. ツールバーの「Firefox」から「環境設定」を選択します。
  2. 「コンテンツ」を選択し「javascriptを有効にする」にチェックをいれます。

「Opera 9.0」をご利用の場合

  1. ツールバーの「Opera」−「クイック設定」から「javascriptを有効にする」を選択します。

» このページのトップへ戻る

この画面を閉じる