HUBやパソコン(LANボード/カード)との接続について

HUBやパソコン(に実装されたLANボード/カード)をETHERNETポート(「PC」と記載のあるポート)に接続したときに、LANランプ(状態表示ランプ)が消灯または点滅状態になって、通信ができない場合があります。

原因

HUBやパソコンを接続した際、通信速度や通信方法の自動調整(オートネゴシエーション)を行います。

このときに、HUBやパソコンが電気的に歪んだ信号を送出してくると、正常信号として認識できないためにネゴシエーションが失敗し、LANランプが消灯または点滅する場合があります。

なお、当現象はオートネゴシエーション時のみ発生するため、通信速度を固定する(オートネゴシエーションを行わない)ことで通信ができることを確認しております。

現在、この問題が確認されているHUB、パソコンは下記のとおりです。

  • コレガ社( FSW-5A、FSW-8A )
  • プラネックス社( PCIFX-05EX )
  • 東芝製 PAP5522PME( DYNABOOK )

対策

» このページのトップへ戻る

この画面を閉じる