SiS製ネットワークアダプタ搭載パソコンでWL11APを使用される場合について

WL11APをSiS製ネットワークアダプタ搭載パソコンのETHERNETポートに接続したとき、LAN側接続ポート状態表示LEDが緑点灯しているにも関わらず、通信できない場合があります。

その場合は、以下の手順に従ってパソコンのネットワークアダプタのプロパティでネットワークアダプタの品名を確認し、「10M Half Duplex mode」に設定してお使いください。

2003年3月現在、当現象が確認されているパソコンおよびLANボードは以下のとおりです。

  • SONY VAIO PCV-LX70/PBK(内蔵NIC:SiS 900 Fast ETHERNET Adapter)
  • SOTEC M260TX3(内蔵NIC:SiS 900 Fast ETHERNET Adapter)
  • GATEWAY SELECT(LANボード:MELCO製LGY-PCI-TXC FastETHERNET Adapter)

その他のパソコン、LANボードで本現象を確認した場合は、順次お知らせいたします。

Windows(R) XPをご使用の場合

1.「スタート」-「コントロールパネル」を選択します。

設定1

次へ

2.「パフォーマンスとメンテナンス」を選択します。

※この画面は「カテゴリの表示」になっています。

設定2

次へ

3.「システム」を選択します。

設定3

次へ

4.「システムのプロパティ」画面が表示されましたら、「ハードウェア」タブを選択します。

その後「デバイスマネージャ」ボタン選択します。

設定4

次へ

5.「デバイスマネージャ」画面が表示されましたら、「ネットワークアダプタ」より該当するネットワークアダプタを選択します。

設定5

次へ

6.該当するネットワークアダプタの「プロパティ」画面が表示されましたら、「詳細設定」タブを選択します。

「プロパティ」から「Media Type」を選択し、「値」から「10BaseT」を選択して「OK」ボタン選択します(選択項目名は、機種により異なります)。以上で設定は終了です。開いた画面をすべて閉じてください。

画面を閉じたあとは、一度Atermとパソコンの電源を入れ直してください。

設定6

» このページのトップへ戻る

この画面を閉じる