WD700シリーズ接続配線についての注意

WD700シリーズはADSLモデム内にスプリッタを内蔵しています。

ADSL回線に接続して、IP電話および加入電話(NTT等)を1台の電話機で併用する場合は、別途スプリッタを用意する必要はありません。ただし、屋内配線や回線状態などによっては別途スプリッタを購入して配線する必要があります。

(例:ブランチ接続をしている、複数のモジュラージャックが設置されている、セキュリティシステムやドアホンが接続されている等)

WD700シリーズの外付けスプリッタは、【Shop@Atrerm】【WD700シリーズ用スプリッタ販売ページ】にて販売されているスプリッタをご購入ください。市販のスプリッタについては、機器ごとに特性が異なるため、動作保証外となりますので予めご了承ください。

ADSL回線ご契約前の宅内配線

ADSL回線のご契約前の宅内配線が以下のような接続の場合、外付けスプリッタが必要になる可能性があります。

  1. FAX(ファックス)などの機器と電話機をブランチ接続している

    接続図

  2. 宅内に複数のモジュラージャックが設置されている

    接続図

  3. ガス検針器やセキュリティシステムなどが接続されている

    接続図

注意

宅内に複数のモジュラージャックが設置されている場合は、ADSLモデムを接続するモジュラージャック以外のモジュラージャックに他の機器を接続しないでください。

複数のモジュラージャックを使用時は、ADSL回線が正常に接続できない可能性があります。

また、複数のモジュラージャックが設置されている場合、環境によっては宅内配線工事が必要になる可能性があります。宅内配線については、お住まいの建物の管理会社、宅内配線を施工した工事業者などにご確認ください。

ADSL開通後の宅内配線

ADSL開通後に以下のような接続をする場合は、別途スプリッタが必要です。

  1. 電話機2台または、電話機/ファックス(FAX)、アナログモデムなど、2台以上の機器をブランチで接続する
  2. 回線モジュラージャックと本体間のケーブルまたは宅内の配線をブランチ接続する
  3. ガス検針機、ドアホン、セキュリティ等の装置を接続する
  4. IP電話用の電話機と加入電話用の電話機を分けて利用する

外付けスプリッタを利用した接続方法については下記「外付けスプリッタを利用時の接続イメージ図」をご参照ください。

外付けスプリッタを利用時の接続イメージ図

外付けスプリッタの接続方法については、スプリッタ添付の「スプリッタつなぎかたガイド」に記載されておりますので、ご確認いただきますようお願いいたします。

「スプリッタつなぎかたガイド」は【Shop@Atrerm】【WD700シリーズ用スプリッタ販売ページ】でご購入のスプリッタに添付されております。

以下のイメージ図は【Shop@Atrerm】で購入したスプリッタを例にして説明してます。

  1. Aterm本体背面にあるフタを開きます

    フタを開く前と後

  2. フタ内部のスイッチを「2」に切り替えます

    スイッチを1から2に切り替える

  3. WD700シリーズに回線等を接続します

    ブランチ接続で複数の電話機などを利用する場合

    接続図

    ドアホンアダプタを利用する場合

    接続図

    アナログモデムなどの機器を接続する場合

    接続図

    IP電話と加入電話をそれぞれ別の電話機で利用する場合

    接続図

» このページのトップへ戻る

この画面を閉じる