WEP暗号化におけるopen system認証/shared key認証の対応について

AtermシリーズのWEP暗号化における「Open System認証」「Shared Key認証」の対応について、ご説明します。

概要

Atermシリーズは、「Open System認証」にのみ対応しており、「Shared Key認証」でご利用いただくことはできません。

Atermシリーズ同士の組み合わせでは問題ありませんが、他社製のWEP対応製品との組み合わせで暗号化機能をご利用いただく際、ご注意いただく必要があります。

一般的に、他社製の無線LAN製品では、「Shared Key認証のみに対応する製品」「Open System認証とShared Key認証を手動で切り替えて利用する製品」「Open System認証とShared Key認証を自動的に識別できる製品」が存在します。

手動での切り替えが必要な製品では、事前にOpen System認証に切り替えてご利用ください。

Shared Key認証のみに対応する製品では、Atermシリーズとの組み合わせでWEPによる暗号化をご利用いただくことはできません。

ご使用になる他社製の無線LAN機器のマニュアル等をご参照のうえ、利用の可否、切り替え設定の要否をご確認ください。

なお詳細は、ご使用になる他社製無線LAN機器のサポート窓口にご確認ください。

対象機種

Atermシリーズ全機種

※無線LANアクセスポイント(親機)/無線LAN端末(子機)ともに該当します。

参考:「Open System認証」と「Shared Key認証」の違い

Open System認証 無線LANの接続時にWEPキーを用いた認証は行いません。
事前にアクセスポイントと子機それぞれで設定されたWEPキーを用いて暗号化/復号化を行い、正しく復号できないときは通信できません。
Wi-Fi規格において、対応が必須とされています。
Shared Key認証 無線LAN接続時にWEPキーを用いた認証を行います。
暗号化された通信が始まる前の段階で、事前にWEPキーの認証を行うため、実際の通信が始まる前にWEPキーが一致したか不一致かを容易に判断できます。

» このページのトップへ戻る

この画面を閉じる