【重要】「WPA2」の脆弱性に関するお知らせ

掲載日:2017年11月2日
最終更新日:2017年11月30日

無線LAN製品の暗号化技術であるWPA2において、「KRACKs」と呼ばれる脆弱性があるとの発表がございました。

本件はWPA2プロトコルの脆弱性であり、WPA2をサポートする機器に影響があります。

弊社Atermシリーズにおける対象機器に関して、現時点での調査結果を下記に公開いたします。

調査の結果「影響あり」と判明した製品に関しては、対策済みファームウェアの適用をお願いいたします。

Wi-Fiホームルータ・親機

機種名 ルータモード
ブリッジモード
子機モード
(中継機含む)
Aterm WF1200HP-D 影響なし 対策済み
対策ファームウェア:
Ver.1.0.16(2017/11/30公開)
Aterm WR8166N 影響なし 対象外

» このページのトップへ戻る

この画面を閉じる