アドバンスドNAT(IPマスカレード/NAPT)
アドバンスドNAT(IPマスカレード/NAPT)とは、1つのグローバルアドレスを複数のプライベートアドレスに変換する機能です。これにより、1つのグローバルIPアドレスで、プライベートIPアドレスを持つ複数のパソコンなどが同時にインターネット接続することができます。

本機能では、WAN側からLAN側のパソコンのいずれかを指定してアクセスを開始することはできません。WAN側からのアクセスを行いたい場合や特定のアプリケーション(ポート番号)をLAN側の特定アドレスに割り当てる場合は、ポートマッピング(アドバンスドNATオプション)が有効です。

■IPアドレス
IP(Internet Protocol)アドレスとは、ネットワーク上でパソコンなどを識別する番号です。
この番号によって通信先の相手を特定することができます。
「192.168.0.1」のようにピリオドをはさんだ4つの数字で表します。

■NAT(Network Address Translator)
NAT(Network Address Translator)とは、インターネット上で使われるグローバルIPアドレス(インターネット上で1つしかないIPアドレス)とプライベートIPアドレス(LAN内で任意に設定できるIPアドレス)を変換する機能です。NATを使うと、LANのパソコンすべてにグローバルIPアドレスを割り当てる必要がないので、IPアドレスを節約できるだけでなく、LANをインターネットから隔離することができるのでセキュリティも向上します。
アドバンスドNATとは、TCP(IPの上位プロトコル)やUDP(プロトコル)のポート番号も変換して、1つのグローバルアドレスを複数のプライベートアドレスに変換できるようにした機能です。
ネットワーク構成例

■設定方法
「クイック設定Web」
「詳細設定」-「その他の設定」の「NAPT機能」で設定する
※通常は、チェックをしたままでご利用ください。
 
↑ページのトップへ