異なる暗号化方式の子機を同時に接続する(マルチSSID機能)

本商品には2つのネットワーク「プライマリSSID」「セカンダリSSID」があり、それぞれに異なるセキュリティの設定ができます。これらのネットワークは同時に動作しているため、WPA/WPA2を利用可能な子機と、ニンテンドーDSなどWEPのみが利用可能な子機が共存可能です。

◆参考◆

  • らくらく無線スタート利用時には、子機の無線LAN規格に応じて、どのSSIDに接続するかは自動選択・設定されますので、通常、これらのSSIDの存在を意識していただく必要はありません。

ご利用開始時の状態では、ネットワーク名(SSID)は下記のとおり設定されています。

プライマリSSID

初期値:
aterm-XXXXXX
→本商品のディスプレイメニュー操作で確認できます。

通常は、こちらに接続してください。

  • 暗号化方式としてWPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)が利用可能。
    初期値はWPA2-PSK(AES)
  • 子機がWPA-PSK(AES)またはWPA2-PSK(AES)を利用している場合、 2.4GHz帯ではIEEE802.11n、5GHz帯ではIEEE802.11acによる高速通信が利用可能。

セカンダリSSID

初期値:
aterm-XXXXXX-w
→プライマリSSIDの末尾を「-w」にした値。

IEEE802.11bのみに対応している子機(ニンテンドーDSなど)が接続するSSIDです。

  • 暗号化方式としてWEP(128bit)、WPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)が利用可能。
    初期値は、WEP

◆補足◆

  • 設定変更後、Wi-Fi接続が切断される場合があります。Wi-Fi接続し直してください。
  • セカンダリSSIDは、ご利用開始時「無線機能」が「使用しない」に設定されています。セカンダリSSIDに手動で接続する場合は、本商品ディスプレイメニューの「設定」-「LAN側設定」で「セカンダリ」を[ON]にしてください。
  • セカンダリSSIDには、らくらく無線スタートでWi-Fi接続してください。
    手動で接続する場合は、事前に暗号化キーを確認しておく必要があります。暗号化キーは、本商品のディスプレイをタップしてメニュー操作し、「情報」-「端末情報」-「無線LAN情報」で確認してください。
  • ネットワーク分離機能の設定をご利用開始時から変更していない場合、ネットワーク分離機能が有効なため、セカンダリSSIDに接続した子機からプライマリSSIDに接続した子機や有線で接続した端末などへのアクセスが制限されます。アクセス制限の詳細や、ネットワーク分離機能を無効にする方法は、ネットワーク分離機能を参照してください。
  • 公衆無線LAN機能が「使用する」に設定しているときは、セカンダリSSIDは使えません。
  • 5GHz帯(屋外)で動作中にセカンダリSSIDの設定を変更した場合、チャネル利用開始前のレーダ確認処理が実行されます。