WPA-PSK/WPA2-PSK

WPA(Wi-Fi Protected Access)/WPA2(Wi-Fi Protected Access2)は、Wi-Fi Allianceの暗号化プロトコルです。暗号化方式にはTKIPとAESがあります。
TKIP(Temporal Key Integrity Protocol)/AES(Advanced Encryption Standard)は、通信暗号化方法「WEP」を置き換える、より強固な暗号化方式です。

暗号の強度は下記のとおりです。

AES

TKIP
「暗号強度」

WEP

◆補足◆

  • 本商品では2つのネットワーク名(SSID)、オーナーSSID/ゲストSSIDが利用可能です。それぞれのネットワーク名(SSID)に対して、異なる暗号化設定ができます。
  • オーナーSSIDの工場出荷状態の設定は、「WPA/WPA2-PSK」に設定されています。本商品に貼付のラベルをご確認ください。通常はこのままで利用できます。

◆注意◆

  • 本商品の暗号化キーを変更すると子機から接続できなくなります。暗号化キーを見ることができませんので、記録しておくことをお勧めします。

設定を行う前に

  • WPA-PSK/WPA2-PSK(TKIP/AES)をご利用になるには、対応した子機が必要です。

設定手順

説明で使用している画面は一例です。OS、Webブラウザの種類など、ご利用の環境によっては表示内容が異なる場合があります。

親機(本商品)と子機それぞれに暗号化の設定をする必要があります。

●親機(本商品)の暗号化を設定する

●子機の暗号化を設定する

親機(本商品)の暗号化を設定する

◆注意◆

  • 本商品のバンドステアリング機能が有効な場合は、2.4GHz帯オーナーSSIDの設定値は変更できません。設定値を変更する場合は、5GHz帯オーナーSSIDの設定値を変更してください。
    バンドステアリング機能については、「バンドステアリング機能」を参照してください。
クイック設定Webで設定します。
1.
ホーム画面の「Wi-Fi(無線LAN)設定」-「Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)」または「Wi-Fi詳細設定(5GHz)」をクリックします。

※ 以下は「Wi-Fi詳細設定(5GHz)」の例です。

2.
「対象ネットワークを選択」で設定したいネットワーク名(SSID)を選択し、[選択]をクリックします。

設定画面イメージ

3.
下記の項目を入力したあと[設定]をクリックします。
  • Wi-Fi機能

    「使用する(常時)」または「使用する(時間指定)」を選択します。
    ※ オーナーSSIDは、「ON」固定です。

  • 暗号化モード

    「WPA2-PSK(AES)」、「WPA/WPA2-PSK(AES)」または「WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)」を選択します。

  • 暗号化キー

    任意の暗号化キーを入力します。
    8~63桁の英数記号、または64桁の16進数で入力します。(半角で入力)
    暗号化キーに使用できる文字は以下のとおりです。

    • 8~63桁の場合:英数記号(0~9、a~z、A~Z、下表の記号)
      設定画面イメージ
      ※ 「」(バックスラッシュ)はパソコンによっては、「」と表示されます。
    • 64桁の場合:16進数(0~9、a~f、A~F)

    暗号化キーは、子機を設定する際に必要です。どこかに記録しておいてください。

  • 暗号化キー更新間隔(分)

    暗号化キーを更新する間隔を設定します。
    WPAでは、暗号化キーは一定時間ごとに自動的に更新されます。

設定画面イメージ

4.
「設定内容を更新しました。」と表示されたら、設定は完了です。

子機の暗号化を設定する

「さまざまな子機からWi-Fi接続する」を参照してください。

◆補足◆

  • 複数の子機を使用する場合、すべての子機に親機と同じ暗号化キーを設定してください。

使いかた

うまく動作しない場合は