本商品の動作モードについて

本商品には、下記の動作モードがあります。
用途に応じた動作モードに設定することで、親機、中継機、または子機としてご使用いただくことができます。

●ルータモード

●ブリッジモード

●中継機モード、Wi-Fi子機(CONVERTER)モード

◆補足◆

  • v6プラスモードとIPv6オプションモードは、契約されているサービスのいずれかを使用できます。

親機として使用する場合

●ルータモード

  • PPPoEルータモード
    インターネット側のブロードバンド回線がPPPoE接続の場合、本商品をPPPoEルータモードに設定します。PPPoEルータモードでは、本商品自身がPPPoEでプロバイダ(または接続事業者)に接続するルータの役割を持ちます。
    自宅の利用回線が詳しくわからない場合でも、本商品のらくらくネットスタートLiteを使えば回線を自動判別して動作モードを設定します。お客様は、プロバイダと契約したときに入手した接続情報を手元に用意して、らくらくネットスタートLite画面にしたがって接続情報を入力していきます。設定が完了し、PPPoEで接続されると、本商品のACTIVEランプが緑点灯、CONVERTERランプが消灯します。

    PPPoEルータモード

    ◆注意◆

    • ・ 本商品はIPv6(PPPoE)には対応しておりません。
  • ローカルルータモード
    ブロードバンド回線がPPPoE以外で、本商品のルータ機能を利用する場合は、本商品をローカルルータモードに設定します。 通常はブロードバンドモデムがルータ機能を持っていない場合に、本商品をローカルルータモードに設定します。
    自宅の利用回線が詳しくわからない場合でも、本商品のらくらくネットスタートLiteを使えば回線を自動判別して動作モードを設定します。
    ローカルルータモードでは、WAN側のIPアドレスを取得すると、ACTIVEランプが緑点灯、CONVERTERランプが消灯します。
    また、WAN側にIPアドレスが割り当てられている、またはDHCPで取得する場合もローカルルータモードに設定します。

    ローカルルータモード

  • IPv4 over IPv6通信モード
    IPv6通信網を経由してIPv4のサイトと通信します。
    自動判定機能を使えば、回線を自動判定してご利用可能な通信サービスに対応した動作モードに設定できます。設定が完了して接続されると、本商品のACTIVEランプが緑点灯します。
    本製品は、transixサービス、v6プラスサービスおよびIPv6オプションサービスに対応しています。
    • - transixモード
      transixサービスを利用してインターネットに接続します。
      インターネットマルチフィード株式会社仕様のDS-LiteプロトコルでIPv4 over IPv6通信を行います。
    • - v6プラスモード
      v6プラスサービスを利用してインターネットに接続します。
      日本ネットワークイネイブラー株式会社仕様のMAP-EプロトコルでIPv4 over IPv6通信を行います。
    • - IPv6オプションモード
      IPv6オプションサービスを利用してインターネットに接続します。
      ビッグローブ株式会社仕様のMAP-EプロトコルでIPv4 over IPv6通信を行います。

    IPv4 over IPv6通信モード

● ブリッジモード
本商品のルータ機能を停止して利用するモードです。ルータまたはルータ機能内蔵のブロードバンドモデムなどに有線で接続するときに使用します。
ルータタイプブロードバンドモデムにWi-Fi機能がない場合にもスマートフォンなどが接続できます。

ブリッジモード

中継機/子機として使用する場合

● 中継機モード、Wi-Fi子機(CONVERTER)モード
本商品のLANポート、WANポートにテレビ、パソコン、ゲーム機などを接続して、子機(イーサネットコンバータ)として使用できます。
さらに、本商品は子機(イーサネットコンバータ)として利用しながら、他の子機と親機間の電波を中継する中継機として使用できます。中継機として使用する場合、本商品が親機とWi-Fi接続している周波数帯と、本商品が子機にWi-Fi接続を許す周波数帯との組み合わせ別に、いくつかの動作モード(中継機能)があります。「本商品の中継機能」を参照してください。

Wi-Fi子機(CONVERTER)/中継機モード