更新履歴

機種名称 初期出荷
バージョン
出荷日 最新
バージョン
更新日
WL54TE 1.0.8 2004年9月10日 1.2.3 2007年1月16日

製品出荷時に適用されているバージョン以降でご利用ください。出荷バージョン以前のものでの動作保証はいたしかねます。ご了承ください。

2007年1月16日の更新履歴
バージョン 1.2.3
更新内容
  1. 無線LAN(IEEE802.11a)につきまして、旧5.2GHz帯(J52)に加えて新5.2GHz帯(W52)への対応が可能になりました。
  2. 「クイック設定Web」の無線LAN設定において、MACアドレスのクローンモードが追加になりました。
備考 東芝製HDD&DVDビデオレコーダー「RD-XS43」「RD-XS53」のLANポートに接続して、ETHERNETインタフェースを無線化した環境でお使いのお客様は、ファームウェアのバージョンアップ後は無線LAN設定のクローンモードを「WL54TE」にしてお使いください。
2005年5月16日の更新履歴
バージョン 1.0.9
更新内容

東芝製HDD&DVDビデオレコーダー「RD-XS43」「RD-XS53」のLANポートに接続して、ETHERNETインタフェースを無線化した環境で発生する不具合の修正であり、上記に当てはまらないお客様は、バージョンアップの必要はありません。

本ファームウェアはHDD&DVDビデオレコーダーのすべての動作を保証するものではありません。

  1. 東芝製HDD&DVDビデオレコーダー「RD-XS43」「RD-XS53」のETHERNETポートに接続した無線LAN環境において、以下の現象が発生する件に対応しました。
    • 「DHCP使う」の設定でIPアドレスが取得できない
    • ビデオレコーダーが電源待機状態で、録画予約メールが受信できない
制限事項
  1. WL54TEに接続されている装置は、WL54TEのMACアドレスに変換して無線接続を行います。 WL54TEのETHERNETポートに接続された装置のMACアドレスは、WL54TEから無線LAN側には伝達されなくなります。 このため、MACアドレスを使用するアプリケーションはご利用になれません。
  2. アクセスポイント側でMACアドレスフィルタリング機能を使用する場合、接続を許可するMACアドレスとしてWL54TEのMACアドレスを登録してください。 WL54TEに接続する機器のMACアドレスの登録の必要はありません。 WL54TEのMACアドレスを登録した場合、WL54TEのETHERNETポートに接続する機器はアクセスポイントへの接続を許可されます。

» このページのトップへ戻る

この画面を閉じる