ページの先頭
  1. AtermStationホーム
  2. スッキリわかる!ルータ活用コンテンツ
  3. ゲームを無線で楽しむなら、Wi-Fi 6を攻略せよ!

ゲームを無線で楽しむなら、Wi-Fi 6を攻略せよ!ワイヤレスでもWi-Fi 6なら安定!通信力アップ!

最新ゲーム機と
Wi-Fi 6の組み合わせで
ゲームの楽しさ、もっと広がる!

NintendoのSwitchやプレイステーション 5(PS5)など話題のゲーム機器が登場し、ゲームファンの楽しみが広がる昨今。ゲーム機をネットに繋いで楽しむために必要なのが、低遅延で安定した通信環境です。無線で繋ぐなら、Wi-Fiの通信性能が大きなカギ。キーワードは「Wi-Fi 6」です。

ゲーム機器

かつてゲームの無線通信苦い思いをした人も…

通信が途切れたり、ソフトの更新に時間がかかる…

攻略動画の視聴や仲間とのやりとりに遅延が出る…

家族みんながネットを使う時間帯は、ゲーム画面が重くなる…

Wi-Fi 6なら繋がる広がる

高速&安定

安定した高速通信で、
素早くゲームの世界に浸れる♪

大容量通信

動画の視聴も、仲間との音声やデータのやりとりもスイスイ!

QoS(優先制御)

複数の端末を繋いでいても、設定でゲーム機を優先的に通信できる!

Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)とは?

「Wi-Fi 6」は現時点で最新のWi-Fi規格。その名の通り“第6世代”のWi-Fi規格で、従来規格よりも高速かつ安定した無線通信を実現する技術が詰まっています。最新のスマホやタブレット、パソコンをはじめ、プレイステーション 5(PS5)もこのWi-Fi 6に対応しています。

ゲームの無線通信はWi-Fi 6対応Atermがおすすめ!

スマホやパソコン、テレビなど様々な機器が無線で繋がる今。機器が増えれば電波が混んでスループット低下が起こります。Wi-Fi 6は従来規格で課題となっていたこの悩みを解消すべく、同時接続しても繋がりやすく、安定した通信が行える技術が採用されています。ここではゲームの通信にWi-Fi 6対応Atermをおすすめする3つのポイントを紹介します。

Point 1 複数端末をつないでも
安定した通信品質

途切れを回避する通信技術によって、
これまで以上にゲームに没入!

ゲームに集中したいのに、読み込み待ちが頻発したり、画面内の動きが重くなるのは興覚め…。古いWi-Fi規格で多くの機器を繋いでいる場合こうした現象が起こりがち。これを回避する技術のひとつがWi-Fi 6の「OFDMA」です。
従来は時分割で行っていた同時通信の割り当てを、通信帯域の分割によって実行。1通信で複数台と同時通信できるため、機器が混みあった状態でも通信効率がアップします。

OFDMA利用イメージ
  • ※ OFDMAを利用するには、受信側の端末もOFDMAに対応している必要があります。

複数の端末をつないでも
効率よく同時通信!

OFDMAが通信帯域を利用するのに対して、空間の多重によって同時通信を行うのが「MU-MIMO」です。この技術自体は前規格のWi-Fi 5でも採用されていましたが、ルータから機器へのダウンリンク(機器から見ればダウンロード)のみとなっていました。Wi-Fi 6ではダウンリンクに加えて機器からルータへのアップリンクでも行えるようになり、さらに多重数は4から8へと拡大しました。
オンラインゲームでは、ダウンリンク/アップリンクの通信が常に発生するので、通信遅延を減らす効果が期待できます。

MI-MIMO 利用イメージ
  • ※ 最大8台(1×1)は規格値です。WX6000HPは最大3台(2×2)、WX3600HPは最大4台(1×1)、WX3000HPは最大2台(1×1)での通信になります。また、WX3000HPはダウンリンクのみの対応となります。

QoS機能
ゲーム機を優先的に通信できる!

Wi-Fi 6対応Atermには、機器レベルで通信の優先順を3段階で設定できる【QoS】機能を実装しています。ゲーム機の通信を、他の通信より高い優先度に設定することでより繋がりやすくなります。

QoS機能 利用イメージ
ゲーム機を優先度「高」に設定して、より繋がりやすく
  • * 本機能はWX3000HPには搭載されていません。

Point 2 ゲームの大容量データも
高速通信

新作ソフトのダウンロードも素早くできる
ギガスピードの高速通信

ソフトのダウンロードは素早く済ませて、いち早く試してみたいのがゲームファンの性分というもの。Wi-Fi 6対応Atermの最上位機種は、それ以前の最上位機種と比べて2.7倍(規格値)も高速化。フラッグシップモデルのWX6000HPは、10Gbps対応のWANポートを搭載し、実効スループット(実際のデータ転送量)でも余裕の“ギガ越え”となる「約4Gbps」の高速通信を実現しています。

従来Wi-Fi 5最上位機種との通信速度比較(規格値)

最新ゲーム機に採用され始めた
「IPv6」にもしっかり対応

IPv6はIPv4に代わる新しいバージョンのIPです。インターネットに接続する機器が急増したことで起きていたIPアドレスの枯渇や通信遅延を回避すべく開発された技術で、混雑しがちなIPv4とは異なる空いたルートで通信が可能になります。

IPv6の対応図ページ
IPv6に対応していない古いゲーム機の通信も混雑なく安定

IPv4の機器においてもIPv6通信を可能にする技術が「IPv4 over IPv6」です。Wi-Fi速度は機器の性能以上は出ませんが、その先のネット回線速度の恩恵は受けられるので、従来より安定し、繋がりやすくなることが期待できます。

IPv4機器の通信もIPv4 over IPv6技術により、乗り入れ可能!
  • ※ IPv6通信は「IPoE」、「DHCPv6-PD」、IPv4通信は「IPv4 over IPv6」(「MAP-E(v6プラス など)」または「DS-Lite(transix)」)にてご利用いただけます。IPv6(PPPoE)には対応しておりません。なお、「DHCPv6-PD」はNTT系の回線に対応しております。非NTT系の回線については、回線事業者の仕様に依存します。
ゲーム機種によっては、Aterm専用の設定ボタンが用意されているので初期設定もスムーズ!

参考情報

  • ※ “ニンテンドー3DS”は、任天堂の登録商標または商標です。
  • ※ “PlayStation®4”は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。

Point 3 Wi-Fiルータから
離れた部屋でも繋がる

Wi-Fi 6を広範囲に飛ばす、
NEC独自技術のハイパワーシステム

「通信スピード」「通信の安定性」とともに、Wi-Fiで重要となるのが「無線電波の繋がりやすさ」です。Wi-Fi 6対応Atermは、NEC独自の回路設計やチューニング技術「ハイパワーシステム」によって、Wi-Fi電波のカバレッジ(送受信可能な範囲)を広範囲に拡大。加えて、立体的な三方向にまんべんなく電波を放射する[ワイドレンジアンテナ]との相乗効果で360°に電波を放射し、繋がりやすいWi-Fi環境を作り出します。

スループット測定環境
  • Wi-Fi 6(11ax)
    親機:Aterm WX6000HP
    子機:スマホ iPhone 11
  • Wi-Fi 5(11ac)
    親機:Aterm WG2600HP3
    子機:スマホ iPhone X
  • 環境:親機→(5GHz)→子機
    Iperf(TCPモード)
    (2019年12月、当社測定)
  • ※1 ハイパワーシステムとは、無線パターンロス軽減によるノイズ削減、制御チューニングの最適化などです。
  • * 周囲の電波環境や使用する親機、子機の性能や環境などにより速度が出ない場合があります。
  • * 実際の速度を保証するものではございませんので、ご注意ください。

ゲームを無線で楽しむなら、Wi-Fi 6対応Aterm

ゲームもスマホもネット家電も、
これから選ぶならWi-Fi 6に注目!

ストレスのない快適な環境こそ、ゲームの世界に浸るためのパスポート。高速なネット回線、最新ゲーム機とともに高速なWi-Fi 6対応ルータを手に、ゲームの世界へいざ没入! ちなみに、Wi-Fi 6対応ルータは、Wi-Fi 5(11ac)、Wi-Fi 4(11n)といった以前の規格も利用可能です。今後も様々な機器がネットワークで繋がることを見据え、これから選ぶならWi-Fi 6が賢い選択です。

笑顔

Wi-Fi 6対応機種

[10G有線ポート]搭載
WANもLANもギガ・スピードの
フラッグシップモデル

8ストリーム(5GHz帯)/
4ストリーム(2.4GHz帯)
Aterm WX6000HP
規格値:最大4804Mbps

特長 仕様

4ストリーム(5GHz帯/2.4GHz帯)
Aterm WX3600HP

規格値:最大2402Mbps

特長 仕様

2ストリーム(5GHz帯/2.4GHz帯)
Aterm WX3000HP

規格値:最大2402Mbps

特長 仕様

  • * ご案内の内容は利用イメージの一例です。実際のデータ転送速度、通信状態、利用料金などは、ご利用になる端末や環境などにより異なります。
  • * Aterm製品は機種により搭載されている機能が異なります。各機種の搭載機能についてはこちらをご覧ください。

NECプラットフォームズは、
eスポーツを応援しています

常設eスポーツスタジアム「コミュファ eSports Stadium NAGOYA」にて、AtermのCM動画を放映しています。

コミュファ eSports Stadium NAGOYA

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-29-1
名古屋パルコ東館 7F
https://www.esports-stadium758.jp/

Wi-Fi 6についてさらに詳しい情報は、
こちらをご覧ください。

Wi-Fi6をモノにせよ

本ページ掲載内容は2021年11月16日時点の情報です。(Aterm製品情報を除く)