HOME > 目的別で探す >  機能別設定ガイド > Wi-Fi(無線LAN)中継 設定手順

Wi-Fi(無線LAN)中継 設定手順

設定を行う前に・・・

  1. WX11000T12、WX7800T8を中継機として使用する方法についてご説明いたします。中継機の機種が異なる場合は、こちらより該当する機種を選択してください

    WX11000T12、WX7800T8の中継機と動作確認が取れている親機は、以下でご確認ください。

  2. 親機と中継機間は、5GHz、2.4GHzまたは6GHzで接続します。中継機と子機間は5GHz、2.4GHz、6Hzを同時に利用できます。
    ※ WX11000T12のイラストを使用していますが、同様の手順で設定できます。

    【ご利用イメージ】

    補足

    • WPS(プッシュボタン方式)で設定をする場合は、親機と中継機間は5GHz優先で設定されます。
      ※ご利用の環境によっては、2.4GHzで設定される場合があります
  3. 安定してお使いいただくには、中継機は多段接続、並列接続合わせて3台以下を推奨します。

    【ご利用イメージ】
    ■例1

    ■例2

    ■例3


    補足

    • 子機から同じネットワーク名(SSID)の中継機が複数見えている場合、どの中継機に接続するかは子機に依存します。
  4. メッシュ中継の場合は、中継機にメッシュ親機のネットワーク名(SSID)が設定されます。メッシュ機能を使用しない中継機に設定されるネットワーク名(SSID)は、環境や中継機の設定方法により異なります。詳細は以下をご参照ください

    Wi-Fiデュアルバンド中継機能に対応したAterm親機と「SETボタン」で設定した場合

    • 5GHz、2.4GHzは、Aterm親機のネットワーク名(SSID)と暗号化キーを子機に設定することで中継機と接続可能です。6GHzに接続する場合は、中継機のネットワーク名(SSID)と暗号化キーを子機に設定してください。
      ※中継機のクイックWebを開き、ホーム画面の「子機との接続設定」-「Wi-Fi詳細設定(6GHz)」でネットワーク名(SSID)、暗号化キーを確認できます。

      Wi-Fiデュアルバンド中継機能に対応したAterm親機は以下でご確認ください。
      新規画面で開きますAtermシリーズWi-Fi中継機能 対応機種情報

    補足

    • 中継機の5GHz、2.4GHzには、親機のネットワーク名(SSID)と暗号化キーが設定されます。親機、中継機いずれかの電波が届く範囲で通信できます。

    WPSでデュアルバンド中継機能に対応していない親機と「SETボタン」で設定した場合

    • 中継機の2.4GHzまたは5GHzのいずか片方に、親機のネットワーク名(SSID)が設定されます。 6GHzに接続する場合は、中継機のネットワーク名(SSID)と暗号化キーを子機に設定してください。
      ※親機と接続している周波数帯のネットワーク名(SSID)
      詳細は、以下の事例をご参照ください

      • 親機・中継機間が5GHz(中継機のACTIVEランプ緑)の環境に、5GHzの子機を増設

        親機(5GHz)のネットワーク名(SSID)と暗号化キーを子機に設定することで中継機と接続可能です。
        親機、中継機いずれかの電波が届く範囲で通信できます。
        ※中継機には、親機(5GHz)のネットワーク名(SSID)と暗号化キーが設定されます
      • 親機・中継機間が5GHz(中継機のACTIVEランプ緑)の環境に、2.4GHzの子機を増設

        中継機の2.4GHzのネットワーク名(SSID)と暗号化キーを子機に設定することで中継機と接続可能です。
        ※中継機のクイックWebを開き、ホーム画面の「子機との接続設定」-「Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)」でネットワーク名(SSID)、暗号化キーを確認できます。
        中継機の電波が届く範囲で通信できます。

      • 親機・中継機間が2.4GHz(中継機のACTIVEランプ橙)の環境に、2.4GHzの子機を増設

        親機(2.4GHz)のネットワーク名(SSID)と暗号化キーを子機に設定することで中継機と接続可能です。
        親機、中継機いずれかの電波が届く範囲で通信できます。
        ※中継機に親機(2.4GHz)のネットワーク名(SSID)と暗号化キーが設定されます
      • 親機・中継機間が2.4GHz(中継機のACTIVEランプ橙)の環境に5GHzの子機を増設

        中継機の5GHzのネットワーク名(SSID)と暗号化キーを子機に設定することで中継機と接続可能です。
        ※中継機のクイックWebを開き、ホーム画面の「子機との接続設定」-「Wi-Fi詳細設定(5GHz)」でネットワーク名(SSID)、暗号化キーを確認できます。
        中継機の電波が届く範囲で通信できます。

    補足

    • 中継機の「SETボタン」を操作しても、子機および中継機の増設設定はできません
    • 中継機のACTIVEランプが緑点灯の場合は5GHz、橙点灯の場合は2.4GHzで親機と接続しています

    クイック設定webで設定した場合

    • 中継機に設定されているネットワーク名(SSID)と暗号化キーを子機に設定することで中継機と接続可能です。
      ※中継機のクイックWebを開き、ホーム画面の「子機との接続設定」-「Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)」、「Wi-Fi詳細設定(5GHz)」もしくは「Wi-Fi詳細設定(6GHz)」でネットワーク名(SSID)、暗号化キーを確認できます。
      中継機の電波が届く範囲で通信できます。

    補足

    • 中継機の「SETボタン」を操作しても、子機および中継機の増設設定はできません
    • 中継機のACTIVEランプが緑点灯の場合は5GHz、橙点灯の場合は2.4GHzで親機と接続しています
  5. 設定完了後に親機のネットワーク名(SSID)、暗号化キーを変更した場合は、設定をやり直してください

上記を確認のうえ、
設定を行う場合はこちら

▲ページトップ