HOME > 目的別で探す >  機能別設定ガイド > 無線動作モード変更方法

無線動作モード変更方法

設定を行う前に・・・

  1. 2つの動作モード 2.4GHz(802.11n/g/b)と5GHz(802.11n/a)が同時に動作しているためAtermの設定は必要ありません。Wi-Fi(無線LAN)子機が対応している場合は、そちら側で別の動作モードのSSID※1に接続しなおしてください。

    ※1 「らくらく無線スタート」で設定したWi-Fi(無線LAN)子機は、2.4GHzで接続されるため、5GHzのSSIDに接続しなおします。

    内蔵無線LANパソコンや他社のWi-Fi(無線LAN)子機など、Wi-Fi(無線LAN)子機側の設定方法は各メーカーにご相談ください

    Atermに設定されている各動作モードのSSIDは以下のとおりです。

    動作モード プライマリSSID(暗号化方式:AES)  セカンダリSSID(暗号化方式:WEP) 
    2.4GHz  aterm-xxxxxx-g aterm-xxxxxx-gw
    5GHz※2 aterm-xxxxxx-a aterm-xxxxxx-aw

    ※2 5GHzにはJ52・W52・W53・W56の4つがあり、タイプが異なると通信できません。
    AtermはW52・W53・W56対応しています。

  2. 設定時にAtermの広い面(裏側)に記載の暗号化キーが必要になります。入力を求められたらラベル記載の暗号化キーを参照のうえ設定をしてください

    5GHz/2.4GHz優先切替スイッチ

  3. WL300NE-AGをご利用の場合は、工場出荷時に5GHzのプライマリSSIDで接続するように設定されています。2.4GHzで接続させる場合は、「5GHz/2.4GHz優先接続切替スイッチ」を2.4GHz側に切り替え(【図2】参照)新規画面で開きます初期化後、新規画面で開きます親子登録設定を行ってください 。
    以下の手順は、必要はありません

    【図2】WL300NE-AG側面図
    5GHz/2.4GHz優先切替スイッチ

  4. 次のページでは、Atermカードタイプ、USBタイプ子機※3の無線動作モード(2.4GHz・5GHz)の切り替え方法(サテライトマネージャー使用時)を説明いたします。
    ご利用の環境の一致する場合は、設定手順に進んでください。
    ※3 2.4GHzと5GHzの両方に対応している必要があります

上記を確認のうえ、
設定を行う場合はこちら

▲ページトップ