No. 12041

スマートフォン・タブレットのMACアドレスを自動で変更されないようにしたい
(ランダムMAC・プライベートアドレスを停止したい)

公開日 2021/10/20 最終更新日 2022/02/09

回答

スマートフォンやタブレットには、Wi-Fi接続を行ったネットワークに対して、端末本来のMACアドレスとは異なるMACアドレスを疑似的に割り振る機能を持っています。

Android端末ではランダムMAC、iOS・iPadOS端末ではプライベートアドレスと呼ばれ、Android端末ではOSバージョン10以降、iOS・iPadOS端末ではOSバージョン14以降でWi-Fi接続を行うと、自動で有効になります。

Atermの「見えて安心ネット」や「MACアドレスフィルタリング」を使用している状態で、スマートフォンやタブレットをAtermにWi-Fi接続すると、ランダムMAC・プライベートアドレスが有効になり、Wi-Fi接続に失敗する場合やしばらく接続できていたインターネットの閲覧が行えなくなることがあります。

「見えて安心ネット」や「MACアドレスフィルタリング」を使用する場合は、スマートフォンやタブレットのランダムMAC・プライベートアドレスを停止してください。

ここでは、ランダムMAC・プライベートアドレスの停止手順を参考情報(*1)で掲載しています。

以下のリンクより、ご使用端末の停止手順をご覧ください。

※ リンク先は、別ウィンドウで開きます。

Android 12.x / 11.x / 10.x

iPhone・iPad・iPod touch(iOS・iPadOS端末)

*1
当ページの内容は「参考情報」です。詳細は各ハード・ソフトメーカーにお問い合わせください。
本件につきましては、電話やメールなどでお問い合わせいただいてもお答えすることはできません。ご了承ください。

より良いサポート情報ご提供のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

この情報は役に立ちましたか?

対象機種

WX1500HP、WX3000HP、WX3000HP2、WX3600HP、WX5400HP、WX6000HP

WG300HP、WG600HP、WG800HP、WG1200CR、WG1200HP、WG1200HP、WG1200HP2、WG1200HP3、WG1200HP4、WG1200HS、WG1200HS2、WG1200HS3、WG1200HS4、WG1400HP、WG1800HP、WG1800HP2、WG1800HP3、WG1800HP4、WG1900HP、WG1900HP2、WG2200HP、WG2600HP、WG2600HP2、WG2600HP3、WG2600HP4、WG2600HS、WG2600HS2

WF300HP、WF300HP2、WF800HP、WF1200CR、WF1200HP、WF1200HP2

W300P、W500P

WR1200H、WR4100N、WR4500N、WR6600H、WR6650S、WR6670S、WR7800H、WR7850S、WR7870S、WR8100N、WR8150N、WR8160N、WR8165N、WR8170N、WR8175N、WR8200N、WR8300N、WR8370N、WR8400N、WR8500N、WR8600N、WR8700N、WR8750N、WR9300N、WR9500N

W1200EX、W1200EX-MS

HT100LN、HT110LN、MP01LN、MP02LN、MP02LS、MR03LN、MR04LN、MR05LN、MR10LN

WM3300R、WM3400RN、WM3450RN、WM3500R、WM3600R、WM3800R

主な対象機種は、現行機種および2004年以降に発売されたブロードバンド機種です。

対象機種の一部は、すでに修理受付期間が終了している場合があります。
故障や通信障害の事前回避と快適にインターネットをご利用いただくため、最新の製品への買い替えをお奨めいたします。
販売中のAterm製品につきましては、「製品情報」をご覧ください。

修理受付期間が終了した機種の内容については、更新を停止している場合があります。
最新の環境や端末でご使用の際、掲載内容の対応を行っていただいても解決しない場合もあります。