Q&A No. 00053

ファームウェアの更新(オンラインバージョンアップ)手順 [クイック設定Webで更新]

本ページに掲載されている手順の対象機種は以下のとおりです。

W300P、W500P、WF300HP2、WG1200HP、WG1200HS

ファームウェアの更新は、クイック設定Webを開いてオンラインバージョンアップで更新します。

本手順を行う際は、Atermがインターネットにつながっている状態で行ってください。

クイック設定Webの開き方について

『Atermスマートリモコン』(スマートフォン用アプリ)または『Aterm 検索ツール』(Windows用ソフト)でクイック設定Webを開いてください。

※ W300P・W500Pは、『Atermスマートリモコン』『Aterm 検索ツール』未対応なので、この赤枠内の<参考>に記載の方法でクイック設定Webを開いてください。

<『Atermスマートリモコン』『Aterm 検索ツール』のダウンロード>

『Aterm スマートリモコン』iOS版 / 『Aterm スマートリモコン』Android版

『Aterm 検索ツール』(Windows)

<クイック設定Webのアクセス手順>

『Aterm スマートリモコン』でのクイック設定Webアクセス手順

『Aterm 検索ツール』でのクイック設定Webアクセス手順

<参考>

ルータモード(ACTIVEランプが点灯)でご使用の場合は、クイック設定Webを起動したいに掲載の手順でもクイック設定Webを開けます。

ブリッジモード(ACTIVEランプがオレンジ点灯)、Wi-Fi中継器・子機でご使用の場合は、クイック設定Webを起動したいに掲載の方法でクイック設定Webを開くと、再起動するまでインターネット接続が切れてしまうので、オンラインバージョンアップは行えません。

前述の『Atermスマートリモコン』または『Aterm 検索ツール』でクイック設定Webを開いてください。[*1]

*1 W300P・W500Pをブリッジモードでご使用の場合は、ページ最下部に記載の「参考情報:ローカルファイル指定のバージョンアップについて」の方法でファームウェアの更新を行ってください。

手順は以下のとおりです。

(手順に使用の画面は一例です。ご使用の機種によっては、画面の一部が異なる場合があります。)

  1. クイック設定Webのメニューから、『ファームウェア更新』を選択してください。

    ご参考

    詳細モードの場合は、『メンテナンス』-『ファームウェア更新』を選択してください。

  2. オンラインバージョンアップの【更新】ボタンを押してください。

  3. 以下の画面が表示されますので、【OK】ボタンを押してください。

    ご参考

    『最新のファームウェアが適用されていますので、更新の必要はありません。』と表示された場合は、最新のファームウェアを適用済みですので、更新は必要ありません。

  4. 『ファームウェア更新中』画面が開きますので、表示のカウントが終了するまで、しばらくお待ちください。

    ご注意

    この画面が表示されている間は、ファームウェアの更新中または再起動中ですので、絶対にAtermの電源を切らないようにしてください。

  5. ファームウェアの更新・再起動が完了すると、トップページに戻ります。

    ご参考

    トップページが表示されなかった場合は、Webブラウザをいったん閉じて、端末とAtermの接続状態を確認してください。

    Wi-Fi(無線)で接続している場合は、再起動時に接続が外れてしまった可能性がありますので、接続をやり直してください。

    以上で、ファームウェアの更新は完了です。

    ご参考

    クイック設定Webを閉じる場合は、メニューの【ログアウト】ボタンを押して閉じてください。

参考情報:ローカルファイル指定のバージョンアップについて

ご使用の端末がパソコン(Windows・Mac)の場合は、手順2で[ローカルファイル指定バージョンアップ]を選んで更新を行うことができます。

ソフトウェアページから、対象機種のファームウェアをあらかじめダウンロードの上、[ファームウェアファイル]の【参照】ボタンを押して、ダウンロードしたファームウェアを選択、【更新】ボタンを押してください。

※ ダウンロードしたファイルは、ZIP形式の圧縮ファイルなので解凍(bin形式)してご使用ください。

より良いサポート情報ご提供のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

この情報は役に立ちましたか?