Q&A No. 00053

ファームウェアの更新(オンラインバージョンアップ)手順 [本体で更新]

本ページに掲載されている手順の対象機種は以下のとおりです。

WM3300R

※ 本手順を行う際は、Atermがインターネットにつながっている状態(アンテナ2〜3本表示)で行ってください。

※ 電池残量が十分であることを確認してから行ってください。(残量が10%未満では行えません。)

※ ACアダプタをWM3300Rと電源コンセントに接続し、スライドスイッチを「OFF」から「WLAN」にして、バージョンアップを開始してください。

すでにスライドスイッチが「WLAN」の状態でも一度「OFF」にしてから「WLAN」にしてください。

※ クイック設定Webでファームウェアの更新を行う場合は、こちらをご覧ください。

手順は以下のとおりです。

  1. 設定ボタンを長押し(約10秒)して、POWERランプが点滅をはじめたら、設定ボタンを放してください。

  2. POWERランプが緑点滅を始めてから、1分以内に細い棒状(※)のものでRESETスイッチを約1秒押して放してください。

    ※ つまようじなど電気を通さない材質のものを使用してください。

    ご注意

    RESETスイッチを長押ししてしまった場合、POWERランプが赤点滅になり初期化準備状態になります。

    初期化準備状態を解除するには、POWERランプが緑点灯になるまで再度RESETボタンを押して続けてください。

    初期化準備状態のまま電源をオフオンすると、装置が初期化されます。

  3. ファームウェアの更新が開始されます。(バージョンアップが完了まで、5〜10分かかります。)

    ファームウェアの更新中は、POWERランプがオレンジ色に点灯(約4分)します。

    POWERランプが点灯に変わりましたら、バージョンアップは完了です。

    ご注意

    バージョンアップ完了まで、絶対にAtermの電源を切らないようにしてください。

    ご参考

    10分以上経過しても、POWERランプがオレンジ点灯したままの場合は、ファームウェアの書き込みに失敗しています。

    電源ボタンを長押しして電源を切り、しばらくしてからもう一度最初からやり直してください。

より良いサポート情報ご提供のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

この情報は役に立ちましたか?