Q&A No. 12033

Wi-Fi(無線)ネットワークの暗号化キー変更手順

本ページに掲載されている手順の対象機種は以下のとおりです。

WX3000HP、WX3000HP2、WX3600HP

WF1200CR、WG1200CR、WG2600HS、WG2600HS2

Wi-Fi(無線)ネットワークの暗号化キー変更は、クイック設定Webで行います。

手順は以下のとおりです。

(手順に使用の画面は一例です。ご使用の機種によっては、画面の一部が異なる場合があります。)

本手順を行う前のご注意

本手順は、Atermと端末[パソコンやスマートフォン]がWi-Fi(無線)接続された状態で操作した場合を例に説明しております。

  1. クイック設定Webを開いてください。

    ご参考

    クイック設定Webの開き方は、クイック設定Webを起動したいをご覧ください。

  2. クイック設定Webのメニューから、『Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)』または『Wi-Fi詳細設定(5GHz)』を選択してください。

    本手順では、『Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)』を選択した場合を例に進めます。

    ご参考

    2.4GHz帯側の暗号化キーを変更する場合は、『Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)』を選択します。

    5GHz帯側の暗号化キーを変更する場合は、『Wi-Fi詳細設定(5GHz)』を選択します。

    どちらの変更も行う場合は、それぞれ設定を行う必要があります。

  3. 変更を行うネットワークを選択して、【選択】ボタンを押してください。

    本手順では、「プライマリSSID」を選択した場合を例に進めます。

    ご注意

    「セカンダリSSID」は、初期値では「OFF」に設定されています。

    「セカンダリSSID」の暗号化キーを変更する場合は、同画面内の「Wi-Fi機能」項目を「ON」にして手順を進めてください。

    設定完了後、「セカンダリSSID」を使用しない場合は、「OFF」に戻してください。

    ※ 一部の機種は、「セカンダリSSID」の初期値は「ON」です。

  4. 「暗号化キー」の内容を変更します。

    設定完了後は、ここで変更したものがAtermの暗号化キーになります。

    変更した暗号化キーの内容は、控えて保存しておいてください。

    ご参考

    • 英大文字小文字、数字、記号を組み合わせた、13桁以上の文字列をお勧めします。

    • 名前や生年月日、同一数字など、他人に推測されやすい文字列の仕様は避けてください。

      また、複数の機器やサービス間での使い回しはしないでください。

    • 使用できる文字は、8〜63桁の半角英数記号(0〜9、a〜z、A〜Z、*1に記載の記号)、または半角64桁の16進数(0〜9、a〜f、A〜F)です。

      *1 「!」「%」「)」「-」「;」「@」「^」「|」「"」「&」「*」「.」「<」「[」「_」「}」「#」「'」「+」「/」「=」「\」「`」「~」「$」「(」「,」「:」「>」「]」「{」

    ご注意

    手順3で「セカンダリSSID」を選択して「暗号化モード」をWEP(128bit)にした場合は、「暗号化キー(WEPキー)」の内容を変更します。

    使用できる文字は、半角の0〜9、a〜z、A〜Zで、最大13文字(「指定方法」で英数字(13桁)を選択した場合)まで設定できます。

    ※ 一部の機種は、WEP(128bit)未対応です。

  5. 【設定】ボタンを押してください。

  6. 以下の画面が表示されますので、【OK】ボタンを押してください。

  7. 『設定反映中』画面が開きますので、表示のカウントが終了するまで、しばらくお待ちください。

    ご注意

    この画面が表示されている間は、絶対にAtermの電源を切らないようにしてください。

  8. タイトルの下に「設定内容を更新しました。」と表示されます。

    画面上部にある【ログアウト】ボタンを押して、クイック設定Webを閉じてください。

  9. 暗号化キーを変更しましたので、Wi-Fi(無線)接続の再設定を行ってください。

    再設定の際は、本手順で変更した暗号化キーをご使用ください。

    ご参考

    Wi-Fi(無線)接続手順がご不明な場合は、Wi-Fi(無線)設定ナビをご覧ください。

より良いサポート情報ご提供のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

この情報は役に立ちましたか?