AtermWARPSTARユーティリティのインストール中にパソコンが青画面になる件

現象

WindowsVista(R)パソコンで、AtermWARPSTARユーティリティのインストール時において、ドライバインストール中にパソコンが青画面となり、リブートします。

条件

WindowsVista(R)パソコンにて、バッファロー社製無線接続ユーティリティが使用中、または使用していたことにより、パソコン内にバッファロー社製ファイル「BUFADPT.SYS」が存在すること。

当現象が発生する原因

バッファロー社製無線接続ユーティリティをインストールすることにより、パソコン内に「BUFADPT.SYS」ファイルがインストールされますが、このファイルはAtermWARPSTARユーティリティと競合を起こすためです。

この現象に対する対策

本現象は、以下手順で「BUFADPT.SYS」を無効化することで回避可能となります。

  1. パソコンをセーフモードで起動する
  2. バッファロー社製無線子機ドライバやユーティリティを全てアンインストールする
  3. スタートメニューより「コントロールパネル」を選択し、その中の「デバイスマネージャ」をダブルクリックする
  4. デバイスマネージャにて「表示」−「非表示のデバイスの表示」を選択する
  5. 「プラグアンドプレイではないドライバ」の項目よりBUFADPTをダブルクリックし、プロパティ画面を表示する
  6. 「ドライバ」タブにて、「スタートアップ」から種類の欄にて「無効」を選択し、OKをクリックする
  7. パソコンを再起動後、AtermWARPSTARユーティリティを再インストールする

» このページのトップへ戻る

この画面を閉じる