メディアサーバ機能対応ファイル形式情報

最終更新日:2012年7月2日

DLNA対応機器で視聴が可能なファイル形式です。なお、最新のファームウェアでの対応情報になります。
著作権保護されたコンテンツ(地デジ番組録画など)は視聴できません。
利用する機器やアプリケーション、お客様の環境により、利用できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

種類 拡張子 備考
写真 jpeg、jpg  
png  
音楽 lpcm、lpcm1、pcm リニアPCM ※1
(サンプリング周波数: 44.1kHz, チャンネル数: 2chに対応)
lpcm2 リニアPCM ※1
(サンプリング周波数: 44.1kHz, チャンネル数: 1chに対応)
lpcm3 リニアPCM ※1
(サンプリング周波数: 48.0kHz, チャンネル数: 2chに対応)
lpcm4 リニアPCM ※1
(サンプリング周波数: 48.0kHz, チャンネル数: 1chに対応)
mp3 MP3
3gp、mp4、m4a、adts AAC
wma、asf Windows Media Audio
ビデオ mpg、mpeg MPEG1/MPEG2
wmv、asf Windows Media Video
mp4、3gp、m4v、f4v MPEG4 AVC/H.264
mts、m2ts、ts デジタルハイビジョンビデオカメラ
mov QuickTime
flv FLV

注意

  1. リニアPCMはファイルの拡張子でサンプリング周波数とチャンネル数を判定します。 リニアPCMのコンテンツが正しく再生できない(早くなったり遅くなったりする、片方のチャンネルが出力されない)場合は、ファイルの拡張子を表に従って変更してください。

» このページのトップへ戻る

この画面を閉じる