VPNパススルー機能

仮想プライベートネットワーク(VPN : Virtual Private Network)機能とは、ネットワーク上にVPNを構築することによって、リモート側にある機器とプライベート側にある機器との間で、セキュリティで保護されたデータ通信を可能とするものです。 本商品は、IPsec(IP Security)またはPPTP(Point to Point Tunneling Protocol)によるVPN通信に対して、パススルー機能を搭載することにより、これらのVPN通信を通過させることができます。

IPsecまたはPPTPによるVPN接続を使用することにより、インターネットを経由してLAN側のIPsec機器/PPTPクライアントからWAN側のIPsec機器/PPTPサーバにアクセスすることができます。また、WAN側のIPsec機器/PPTPクライアントからLAN側のIPsec機器/PPTPサーバにアクセスするように設定することも可能です。

例えば、自宅のIPsec機器からインターネット経由で会社のネットワークにアクセスしたり(「設定手順」の「設定例1」)、自宅のPPTPサーバに外部のパソコンからアクセスしたり(「設定手順」の「設定例2」)することができます。

◆補足◆

  • 通信は1セッションのみ可能です。
  • 本商品のLANにIPsec機器/PPTPサーバを構築する場合は、ポートマッピング機能を併用する必要があります。
    その場合、ポートマッピング設定を複数登録することはできません。

設定を行う前に

設定手順

ここでは、ネットワーク上でのIPsec/PPTPパススルーの利用例を紹介します。

設定例1:本商品に接続した子機から外部のIPsec機器/PPTPサーバにアクセスする

設定画面イメージ

本商品の設定は不要です。
IPsec機器/PPTPクライアントにVPNの設定を行ってください。

※ 詳細は、それぞれのパソコンメーカにお問い合わせください。

● Windows 10/8.1の場合

● Windows 7の場合

設定例2:本商品に接続した子機をIPsec機器/PPTPサーバに設定する

設定画面イメージ

本商品に接続したIPsec機器/PPTPサーバに外部のIPsec機器/PPTPクライアントからアクセスする場合は、本商品にポートマッピングの設定が必要です。
設定するポート番号は使用するプロトコルにより異なります。
下記は、PPTPを使用する場合の設定例です。

クイック設定Webで設定します。

1.
「詳細設定」-「ポートマッピング設定」で設定します。
設定画面イメージ
2.
下記の項目を入力したあと[設定]をクリックします。
  • 優先度
    1~50で小さい数字が優先。同じ番号は使えません。
  • LAN側ホスト
    PPTPサーバのIPアドレスを入力します。
    ※ 画面は、PPTPサーバのIPアドレスが「192.168.10.34」の場合の例です。
  • プロトコル
    「TCP」を選択します。
  • ポート番号
    「any」のチェックを外し、「1723」を入力します。

設定画面イメージ

◆補足◆

  • 設定するプロトコルとポート番号は、通信方法により異なります。

- PPTPによる通信をする場合

PPTP TCPポート番号:1723

- IPsecによる通信をする場合

IKE UDPポート番号:500,4500
3.
「NATエントリ」に追加されたことを確認します。

設定画面イメージ

使いかた

うまく動作しない場合は

  • 本商品に接続できるIPsec機器/PPTPサーバは1台のみです。
  • PPTP機能またはIPsec機能のサポート状況、設定方法は、それぞれのメーカにお問い合わせください。

◆補足◆

  • Mac OS の場合は、PPTP通信ソフトウェアがサードパーティより提供されています。