ページの先頭

Aterm WF1200CR

[筐体画像]

PA-WF1200CR

[店頭パッケージイメージ]

WG/WF1200シリーズ 高機能モデル
しっかりつながり快適に使える
2ストリーム 普及モデル

[11ac対応]同時利用タイプ
11ac/n/a(5GHz帯)&11n/g/b(2.4GHz帯)

本製品に関するお知らせ

11ac対応、867Mbpsの高速Wi-Fiルータ

従来の11n(300Mbps)に比べ、2倍以上の高速通信!

11ac対応により、従来の11n 300Mbps(規格値)から2倍以上となる867Mbpsを実現!
2×2ストリームで高速。しかも、ワイドに安定したクオリティの高い通信が行えます。

  • ※ 表記の867Mbpsは無線LAN区間の理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。

NEC先端技術について詳しくはこちら

11ac、11nの速度比

  • ※ 表示の数値は、本商品と同等の構成を持った機器との通信を行った理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。

NEC先端技術”極技(きわみわざ)”、[μEBG構造][μSRアンテナ]で快適な通信を実現

[μSRアンテナ]の採用で、360°全方位へ電波をしっかり飛ばして放射効率アップ

NECの先端技術「極技(きわみわざ)」

米粒サイズの超小型でありながら、電波を360°全方位へしっかり飛ばす[μ(マイクロ)SRアンテナ]を搭載。電波の放射効率がアップします。

NEC独自技術「μ(マイクロ)SRアンテナ」イメージ

スマートフォン(3ストリーム)を使用して測定した実効スループット値

[測定方法]

親機のLANポートに接続したサーバパソコンから、子機のスマートフォン(2×2)暗号化無効、5GHz/VHT80の通信速度をiperf(UDPモード)で測定。(2017年2月、当社測定)

[測定環境]

  • 親機:Aterm WF1200CR
  • 子機:Galaxy S6 (Android:6.0.1)
  • ○サーバパソコン
    CPU:インテル® Core™ i7-6700HQ メモリ:15.5GB OS:Ubuntu 15.10 LTS
  • ○親機と子機の距離 約3m
  • * 周囲の電波環境や使用する親機、子機の性能や環境などにより速度が出ない場合があります。
  • * 実際の速度を保証するものではございませんので、ご注意ください。

[μSRアンテナ]について詳しくはこちら

[μEBG構造]により、電磁ノイズを最大約25%カット

人工衛星※1の機器にも搭載されているNEC独自の先端技術[μEBG構造]を、Wi-Fiルータとして世界で初めて採用しました※2。本体のプリント基板内を伝わり基板の端などから放射される電磁ノイズを遮断し、アンテナへのノイズの侵入を最大で約25%カット。受信感度の向上により安定した高速通信を実現します。

μEBGアンテナ

EBGとは

EBG(Electromagnetic Band Gap)
一定の帯域で電磁波が通れなくなる現象のこと。NECは、メタマテリアルを応用して基板の内部でこの現象を意図的に作り出し、機器性能の妨げとなる電磁ノイズの遮断を着想。このアイデアを実用化したものが[μ(マイクロ)EBG構造]です。

[μEBG構造]について詳しくはこちら

『極技』について

  • ※1 NECスペーステクノロジー株式会社が開発した人工衛星用のGPS受信機に「μEBG」が使われています。
  • ※2 Atermシリーズの[μEBG構造]搭載機種が該当します。
  • * μEBG、μSRは、日本電気株式会社の登録商標です。
  • * μSRアンテナは、日本電気株式会社が特許出願中(2017年10月現在)
  • * 極技(きわみわざ)は、NECプラットフォームズの登録商標です。

【ビームフォーミング】で快適な高速通信

【ビームフォーミング】対応で電波の実効速度がアップ

ビームフォーミング

特定の通信相手に的を絞って電波を送る技術【ビームフォーミング】に対応しています。
【ビームフォーミング】対応のスマートフォンやWi-Fi端末(子機)を自動で検出。その端末に向けて電波を集中的に照射するので、よりつながりやすくなり実効速度がアップします。

ビームフォーミング

  • ※ ビームフォーミングを利用するには、受信側の端末もビームフォーミングに対応している必要があります。
  • * 子機として利用の場合も、ビームフォーミングに対応します。

[検証]3階建て住宅での実測スループット値比較

3階建て住宅での実測スループット値比較

スループット測定環境
  • 親機:Aterm WF1200CR
  • 子機:スマートフォン iPhone6
  • 環境:親機→(5GHz)→子機
    Iperf(TCPモード)
    (2017年3月、当社測定)
  • * 周囲の電波環境や使用する親機、子機の性能や環境などにより速度が出ない場合があります。
  • * 実際の速度を保証するものではございませんので、ご注意ください。
  • * ビームフォーミングの「ON」/「OFF」は、測定用のファームウェアで実施しており、 「OFF」設定はできません。

「Aterm スマートリモコン」でスマホからダイレクト設定

スマホやタブレットから、ルータの設定操作がより見やすく簡単に

スマートリモコン

無料の専用アプリ「Aterm スマートリモコン」対応。スマホやタブレットからAterm本体の詳細設定がダイレクトで行えます。
Webブラウザで表示できる「クイック設定Web」の画面はレスポンシブWebデザインを採用しているので、スマホやタブレットからの操作も見やすくてスムーズです。

  • * Android 7.0/6.0/5.1/5.0/4.4/4.3/4.2/4.1/4.0/3.2/3.1/3.0/2.3、およびGoogle Playに対応した端末
    iOS 10.0/9.2/9.1/9.0/8.4/8.3/8.2/8.1/8.0/7.1/7.0(2017年6月現在)
  • * iOS 9.0.1ではアカウント情報が保存できません。

スマートリモコン クイック設定Web

お手持ちのスマートフォン/タブレットとWF1200CRをWi-Fi接続後、本アプリを起動すると自動でWF1200CRを検索。あとは画面表示に従ってタップすることで、各種設定が行えます。

クイック設定Web利用イメージ

Aterm スマートリモコン for Android ダウンロード(無料)はこちらから
* Android端末接続確認済み情報
* Androidライセンス情報

Aterm スマートリモコン for iOS ダウンロード(無料)はこちらから
* iOS端末接続確認済み情報
* iOSライセンス情報

Wi-Fiかんたん設定

スマホで簡単設定!【らくらくQRスタート 2】

らくらくQRスタート2

無料の専用アプリ「らくらくQRスタート」を使ったカンタンな設定が【らくらくQRスタート 2】です。
スマホやタブレットで商品に添付されているらくらくQRスタート用QRコード(シール)を読み取るだけで、Wi-Fi接続設定からインターネット接続設定まで、ワンストップで行えます。

  • スマートフォン向けのアプリを、Google Playにて無償提供
  • Android 7.0/6.0/5.1/5.0/4.4/4.3/4.2/4.1およびGoogle Playに対応した端末
    iOS 10.0/9.3/9.2/9.1/9.0/8.3/8.2/8.1/8.0/7.1/7.0 ※1
  • * 「らくらくQRスタート」アプリでインターネット接続設定を実施できるのは、【らくらくQRスタート 2】機能に対応した親機だけです。

Wi-Fiから回線までワンストップ設定完了!!

  • ※1 2017年6月現在
  • * ご使用のカメラにオートフォーカス機能がない場合、または周囲の明るさが十分でない場合はQRコードを認識できないことがあります。
  • * 「らくらくQRスタート」は、NECプラットフォームズの登録商標です。

らくらくQRスタート for Androidダウンロード(無料)はこちらから
らくらくQRスタート for iOSダウンロード(無料)はこちらから

ボタンを押すだけ!【らくらく無線スタート】

らくらく無線スタートマーク

[らくらくスタートボタン]を使ったカンタンな設定が【らくらく無線スタート】です。
[らくらくスタートボタン]を押すだけで、Wi-Fi接続やセキュリティの自動設定を行います。SSIDや暗号化キーを含む設定情報を子機側に転送して自動登録でき、強固なAESモードが暗号化キーとして1回の設定で済むので、安心です。

【らくらく無線スタート】は無料の専用アプリ「らくらく無線スタートEX for Android」で設定することもできます。詳しくはこちらから

WPS対応マーク

また、Wi-Fi Allianceが定めた無線LANの設定規格“WPS (Wi-Fi Protected Setup)”に対応した機器とも、ボタンを押すだけで簡単に設定できます。

らくらく無線スタートとWPSの利用イメージ

  • ※ ゲーム機の場合は、WEPに暗号化される場合があります。

【らくらくネットスタート Lite】搭載

らくらくネットスタートLiteマーク

インターネット接続は本体に回線をつないで 電源を入れるだけでOK。
設定が必要なときは、ブラウザにメッセージ画面を表示して対応方法をお知らせするので安心です。

らくらくネットスタートLiteの利用イメージ

2つの通信帯域で快適ホームネットワークを実現

スマホやタブレットは高速“5GHz帯”を。ゲームやプリンターなどは“2.4GHz帯”で

スマートフォンやタブレットを接続するなら、電波干渉が少なく高速で安定した“11ac/n/a(5GHz帯)”。2.4GHz帯対応のパソコンやゲーム機、プリンターなどは“11n/g/b(2.4GHz帯)”というように、異なる周波数帯を同時に使い分けて利用できます。

5GHz帯と2.4GHz帯同時利用イメージ

セキュリティに配慮した安心設計

パソコンはより強固な“AES”、ゲーム機などは“WEP”で。2つのセキュリティ方式が同時に使える【マルチSSID機能】

マルチSSID

仮想的な2つのアクセスポイント名(SSID)を周波数帯ごとにもうけ、それぞれに「AES」と「WEP(128bit)」の暗号化設定を割り当て。「AES」を利用する無線LAN子機と、ゲーム機など「WEP」対応の子機の2台を同時に使える【マルチSSID機能】を搭載しました。
【らくらく無線スタート】を使えば、WF1200CRが子機側の無線LAN規格を判別し、適切な暗号化方式で接続設定を自動的に登録※1するためカンタン、手間ナシです。

[マルチSSID]機能対応で、WPA対応子機とWEP専用子機(ニンテンドーDS等)が混在可能

  • ※1 WEPを用いて接続する子機の場合、自動的にWEPが設定されたSSIDに接続されます。
     利用するには、クイック設定Webで2.4GHzのセカンダリSSIDをWEPに設定し、有効にする必要があります。

ネットワーク分離機能に加え、高次元の【SSID内分離(セパレータ)機能】を搭載

【ネットワーク分離機能】でプライマリSSID、セカンダリSSIDに接続した機器はインターネットへのアクセスだけできるようにし、プライマリSSIDや有線LANに接続の機器へのアクセスを制限することができます。さらに、同一SSID内の機器間も制限できる【SSID内分離(セパレータ)機能】も搭載しました。

ネットワーク分離機能に加え、高次元のSSID分離(セパレータ)機能を搭載

  • *【ネットワーク分離機能】を「ON」に設定した場合、同時に【SSID内分離(セパレータ)機能】も「ON」に設定されます。

環境にも家計にもやさしく使える省エネ設計

無線LANを使っていないときに自動で節電「オートECO」

無線LANを使っていない時に自動で節電する「オートECO」を搭載。使っていない時には【ECOモード】に。使用時には、すぐに通常モードへ自動的に切り替わる便利なECO機能です。消費電力を最大14%削減します。

こんな機能も!

【オートチャネルセレクト】で電波状況の良いチャネルに自動切り替え

周囲にある他の無線LANアクセスポイントの利用状況をサーチし、電波状況の良いチャネルへ自動的に切り替える機能が【オートチャネルセレクト】です。電波干渉が少なく、混雑していないチャネルを使用するため、無線LANの高速性をより有効に活かすことができます。

オートチャネルセレクトイメージ

  • ※ 起動時のみ動作します。

重要なソフトウェアは自動で更新【メンテナンスバージョンアップ機能】

ソフトウェアに重要な更新があった場合、自動でバージョンアップを行います。自動で更新されるので安心です。

  • ※ 本機能をご利用になる場合は、この機能に必要なお客様ご使用のWF1200CRの機器情報をNECプラットフォームズ(株)のサーバへ通知します。なお、本機能をご利用にならない場合は設定により停止することができます。
  • ※ 弊社が本商品の機能を提供するうえでソフトウェアのバージョンアップが必須と判断した場合を示します。
    詳しくはこちらでご確認ください。

主な接続確認済み事業者

Bフレッツ、フレッツ・光プレミアム、フレッツ・ADSL、auひかり、eo光、コミュファ光、Pikara、MEGA EGG、BBIQ、Ucom、eAccess、Yahoo!BB、CATV

  • 「フレッツ 光ネクスト」その他のフレッツサービス名は、NTT東日本およびNTT西日本の登録商標です。
  • 「(各種)フレッツサービス」との接続については、2017年4月時点において、NECプラットフォームズ(株)が接続確認を実施したものです。将来にわたって必ずしも接続性を保証するものではありません。
  • CATV事業者によっては、ルータ機能を持つ機器の接続が認められていない場合があります。事前に「接続確認済ブロードバンド事業者リスト」をご確認ください。