HOME > 目的別で探す >  機能別設定ガイド > 初期化方法と初期化後の設定手順

初期化方法と初期化後の設定手順

  • 対象機種 
    WG600HP
  • OS、ブラウザの種類など、ご利用の環境によっては表示内容が異なる場合がありますが、同様の手順で設定できます

対象機種

1.新規画面で開きます初期化方法を参照し、初期化を行ってください。

注意

  • 初期化をするとインターネットに接続できなくなります。初期化前にあらかじめ、設定手順を印刷するなどしてください

注意

▲ページトップ

2.「らくらくネットスタート」を使ったインターネット回線の接続設定を行います。

再度、ACアダプタのプラグを抜いて電源を切り、10秒待機します。

設定画面イメージ

 

注意

  • それ以外の配線は、外さないでください

注意

▲ページトップ

3.「らくらくスタートボタン」を押したままの状態で、ACアダプタのプラグを差し込み電源を入れます。

設定画面イメージ

 

補足

  • 電源を入れた後も、「らくらくスタートボタン」を40秒程度押し続けてください

補足

▲ページトップ

4.前面の各ランプが、一斉に緑点滅しましたら「らくらくスタートボタン」から手を離します。

設定画面イメージ

 

▲ページトップ

5.しばらく待機すると、いずれかの状態になります。ランプの状態により、手順が異なります。

設定画面イメージ

ランプの状態
A B C D E
STEP2へ 手順6へ 手順6へ 設定画面へ
アクセス不能
状態
設定失敗

 

補足

  • ランプ状態が「D」だった場合は、再度初期化し、「らくらくWebウィザード」で「アクセスポイントモード」(IPアドレスを「.212」など)に設定してください
  • ランプ状態が「E」だった場合は、次の事項を実施後、手順1から設定をやり直してみてください。
    1. モデムのLANポートとAtermのWANポートが正しく配線されていない可能性があるため、正しく配線されているか(AtermのWANポートのランプが光っているか)をご確認ください。
    2. モデムの電源をOFFにして、一定時間(1時間~24時間)放置してください。放置する時間は回線業者により異なります。

補足

▲ページトップ

6.設定完了です。ブラウザを起動すると、ページが表示されます。

補足

補足

▲ページトップ

STEP2 PPPoEルータの場合の設定手順

  • 手順5で「A」の状態だった場合の設定手順です。それ以外の場合は、以下の設定を行う必要はありません
  • プロバイダから発行されているインターネット接続用のID、パスワードが記載された書類をお手元のご用意ください。
    これらの情報がないと設定できません

対象機種

2-1.Aterm親機の背面より、ACアダプタのプラグを抜いて電源を切り、10秒待機します。

設定画面イメージ

 

注意

  • それ以外の配線は、外さないでください

注意

▲ページトップ

2-2.ACアダプタのプラグを差し込み電源を入れ、1分待機します。

設定画面イメージ

 

▲ページトップ

2-3.ブラウザを起動し新規画面で開きます192.168.10.1にアクセスします。任意の文字列(同じもの)を「パスワード」と「パスワードの再入力」に入力します。

必要に応じて「管理者専用認証スルー機能」-「使用する」にチェックを入れ、「設定」をクリックします。

設定画面イメージ

 

補足

  • 「ページが表示できません」になった場合は、Atermとパソコンが正しく配線されているかご確認ください。無線LANでご利用の場合は、AtermのSSIDと暗号化キーを変更していた可能性があります。らくらく無線スタートを実施して無線の通信を確立してください
  • 「ユーザ名」と「パスワード」の入力画面(手順2-4の画面)が表示された場合、初期化できていない可能性があります。手順1に戻り、再度初期化をしてください
  • 「管理者専用認証スルー機能」を有効にすると、この設定を行ったパソコンからクイック設定Webにアクセスする際に管理者パスワードの入力が不要になります

補足

▲ページトップ

2-4.ユーザー名、パスワードの入力画面が表示されるので、ユーザー名には「admin」、パスワードは手順2-3で設定したものを入力します。

※ 「管理者専用認証スルー機能」の設定を有効にした場合、この画面は表示されません

設定画面イメージ


補足

  • 「パスワードを記憶する」にチェックをいれて、「OK」を押すと管理者パスワードが保存されます

補足

▲ページトップ

2-5.「接続先の設定」が表示されたら、必要事項を入力し、NTT東日本のフレッツをご契約の方は手順2-6、それ以外の方は手順2-7へ進みます。

設定画面イメージ

補足

  • 入力する設定情報
    接続先名 プロバイダの名称を入力
    ユーザー名 接続用IDを入力 フレッツは、ドメイン(@以降)必須
    パスワード 接続用パスワードを入力

    大文字ABC・・・と小文字abc・・・は区別されます

    接続用ID、パスワードはプロバイダにより名称が異なります。 契約書類のどの部分が該当するのか不明な場合は、プロバイダにご相談ください

  • 入力したパスワードは●で表示されます。「入力した文字を表示する」にチェックをいれてから、入力すると文字が表示されます

    ※ パスワードを入力後チェックを入れると、パスワードがクリアされます。再度入れなおしてください

補足

▲ページトップ

2-6.「フレッツADSL」、「Bフレッツ」をご契約で「サービス情報サイト(IPv4)」、「フレッツ・ウイルスクリア」を利用する場合は「設定する(IPv4)」を選択します。

※旧フレッツ・スクウェア

設定画面イメージ


参考

  • 次のサービスをご利用される場合は「設定しない」を選び、設定完了後に以下の手順をご参照ください。

    「サービス情報サイト(NGN IPv6)」、「サービス情報サイト(IPv6)」、「フレッツ・ウイルスクリアv6」→「IPv6を使ったサービスの利用方法(親機編)または(子機編)

    「サービス情報サイト(NGN IPv4)」→「PPPoEマルチセッション設定手順

    ※「フレッツ光ネクスト」、「フレッツ光ライト」をご契約の場合

2012年4月現在

補足

▲ページトップ

2-7.「設定」をクリックします。

設定画面イメージ

 

▲ページトップ

2-8.「再起動中です」の画面で、しばらく待機します。「設定が完了~」のメッセージ後、ブラウザを一度閉じて、起動しなおしてください。ホームページが表示されます。

設定画面イメージ

 

補足

  • 設定が完了したら、今回の設定値を保存しておくことで、次回初期化する必要がでてきた場合も、簡単に復元できて便利です。設定値の保存方法については、設定値の保存・復元手順をご参照ください

補足

▲ページトップ

うまく動作しない場合は・・・

  • AtermのACTIVEランプが1秒間隔の点滅する場合は正しい接続用ID、パスワードが設定されていない可能性があります。 ブラウザから192.168.10.1にアクセスし、「基本設定」-「接続先設定」から設定情報を修正し、「設定ボタン」-「保存ボタン」 クリックするか、再度、手順1から設定をやり直してください
  • ACTIVEランプが1秒よりも短い間隔で点滅する場合は モデムと正しく配線されていない可能性があります。配線を確認してください

設定が正しく反映されない場合は、
メールにてお問合せください。
メール問合せはこちら

▲ページトップ