らくらく無線スタート、らくらく無線スタートEXが失敗してしまいました

No. 00214

らくらく無線スタート、らくらく無線スタートEXが失敗してしまいました

公開日 2007/01/11 最終更新日 2018/10/10

回答

らくらく無線スタート、らくらく無線スタートEXが失敗してしまった場合の原因と対策は以下のとおりです。

設置環境上での原因と対策

  1. 接続を行なう機器とAtermの距離が離れすぎていると、物や壁、扉などに阻まれて設定ができない場合があります。

    →Atermと接続機器の距離を1〜3m程に近づけてお試しください。

  2. 電波に影響を与える機器(コードレス電話や電子レンジなど)が近くにあると、通信を遮断してしまう場合があります。

    →電話に影響を与える機器を、Atermと接続機器の間に挟んだり、隣りに置かないようにしてください。

接続機器(パソコン)側での原因と対策

  1. 無線LAN内蔵パソコンの場合、無線LANスイッチが「OFF」になっていると、設定は行なえません。

    →無線LANスイッチは必ず「ON」にしてください。「ON」にする手順は、パソコン側の添付マニュアルをご確認ください。

    (なお、参考情報として無線LAN内蔵パソコンの無線(ワイヤレス)機能を有効にしたいを公開しております)

  2. 無線LAN子機で接続する場合、ドライバ(ファームウェア)が古いと、設定に支障をきたす場合があります。

    →無線LAN子機のサポート情報をご参照の上、ドライバ(ファームウェア)を最新バージョンに更新してください。

    (Atermシリーズの無線LAN子機をご使用の場合は、ソフトウェアページよりダウンロードできます。)

  3. インストールされれている特定のソフト(セキュリティ、無線設定ソフト)により、設定が行なえない場合があります。

    →セキュリティ(ウィルス対策)ソフトは、設定中は停止してください。手順はソフトのマニュアルをご確認ください。

    →他社製の無線設定ソフト(フレッツの無線LAN接続ツールなど)は、完全停止または削除を行ってください。

  4. 接続に使うネットワークアダプタと同系統のネットワークアダプタが存在している場合、競合により設定が失敗します。

    →使用しない同系統のネットワークアダプタ(例:Ethernet子機に対するEthernetボードなど)は、無効にしてください。

    (無効にする手順は、使用しないネットワークアダプタを無効にしたいをご参照ください。)

  5. 無線LANアクセスポイントモード時に、パソコンのIPアドレスが固定されている場合は接続に失敗する場合があります。

    →パソコン側の設定で、IPアドレスの取得方法を自動取得に変更して、再度お試しください。

    (自動取得にする手順は、無線LAN端末のIPアドレスを自動取得に設定したいをご参照ください。)

その他の原因と対策

  1. 無線LAN内蔵パソコンや他社製子機から接続を行なう場合は、らくらく無線スタートEXをご使用ください。

    らくらく無線スタートは、弊社製の無線LAN子機(カードタイプ・USBタイプ)専用です。

  2. 無線LANアクセスポイントモードでご使用の場合は、Atermが接続を行なっているネットワーク体系と異なった状態でIPアドレスが設定されている可能性があります。

    この状態ですと、らくらく無線スタートで接続を行なうことはできません。

    以下の手順で初期化を行い、初期化完了後に再度らくらく無線スタートを行なってください。

    1. Aterm本体のLANポートに接続されたケーブルをすべて取り外した上、RESETスイッチ(ボタン)で初期化を行なう。

      (初期化の手順は、初期化を行いたいをご参照ください。)

    2. 初期化が完了した時点で、Atermの電源を一度落とす。
    3. モデムやCTUなどの外付けルータ側のLANポートとAterm側のWANポートをケーブルでつなぐ。
    4. Atermの電源を入れて、再度らくらく無線スタートを行なう。

ご注意

Atermの設定を初期値から変更している場合は、以下の点にもご確認ください。

  1. ECOモード対応機種は、設定時はECOモードを解除してください。

    設定内容によっては、無線が使用できません。

  2. Atermの暗号化を無効にしている場合は、暗号化設定が必要です。

    暗号化無効時は、設定を行えません。

  3. AtermにMACアドレスフィルタリングの設定をしている場合は、MACアドレスフィルタリングの登録数が上限になっていないかご確認ください。

    上限を超えている場合は、設定を行えません。

パソコンの仕様、セキュリティソフトや無線設定ユーティリティの停止方法などは、各メーカーにお問い合せください。

電話やメールでお問い合せいただいてもお答えすることはできません。ご了承ください。

より良いサポート情報ご提供のため、アンケートにご協力をお願いいたします。

この情報は役に立ちましたか?

対象機種

W300P、W500P、WF300HP、WF300HP2、WF800HP、WF1200CR、WF1200HP、WF1200HP2、WG300HP、WG600HP、WG800HP、WG1200CR、WG1200HP、WG1200HP2、WG1200HP3、WG1200HS、WG1200HS2、WG1200HS3、WG1400HP、WG1800HP、WG1800HP2、WG1800HP3、WG1800HP4、WG1900HP、WG1900HP2、WG2200HP、WG2600HP、WG2600HP2、WG2600HP3

WR1200H、WR4100N、WR4500N、WR6600H、WR6650S、WR6670S、WR7800H、WR7850S、WR7870S、WR8100N、WR8150N、WR8160N、WR8165N、WR8170N、WR8175N、WR8200N、WR8300N、WR8370N、WR8400N、WR8500N、WR8600N、WR8700N、WR8750N、WR9300N、WR9500N

MR03LN、MR04LN、MR05LN

WM3400RN、WM3450RN、WM3500R、WM3600R、WM3800R

WL130NC、WL300NC、WL300NC-G、WL300NE-AG、WL300NU-AG、WL300NU-G、WL300NU-GS、WL450NU-AG、WL54AG、WL54AG-SD、WL54GC、WL54GU、WL54SC、WL54SC2、WL54SE、WL54SE2、WL54SU、WL54SU2、WL54TE、WL54TU

※主な対象機種は、現行機種および2004年以降に発売されたブロードバンド機種です。