HOME > 目的別で探す > ソフトウェア > MR04LN

MR04LN ソフトウェア

本ページでは、MR04LNに関するソフトウェアを提供しています。

ソフトウェアの内容

掲載のソフトウェアは、MR04LNのファームウェア[*1]です。

事前に「バージョンアップを行う前に」をよくお読みいただき、バージョンアップ作業を行ってください。

バージョンアップを行う前に

LTE/3G回線を使用してバージョンアップを行う場合、お客様の契約内容によっては、データ通信量の増加により一時的に帯域制限がかかったり、追加の通信料金が発生する場合があります。
定額制のブロードバンド回線をお持ちのお客様は、以下の方法でLTE/3G回線を使わずにバージョンアップすることができます。

■ 定額制のブロードバンド回線を使用する方法
「公衆無線LAN環境」または「ご家庭のホームWi-Fiルータ」に、本商品をWi-Fi接続して実施してください。

→ Wi-Fi(公衆無線LAN)接続設定方法は、こちら
※「ご家庭のホームWi-Fiルータ」を接続する場合は、公衆無線LAN接続設定方法の「■その他の公衆無線LANサービスをご契約の場合」以降をご確認ください。

バージョンアップの操作手順

バージョンアップの手順には、次の3つの方法があります。
いずれかの方法でバージョンアップ作業を行ってください。

「オンラインバージョンアップ」でバージョンアップを行う
本商品のクイック設定Webを使用して、自動でインターネット上にあるファームウェアを取得して、バージョンアップする方法です。
※オンラインバージョンアップを行う場合、本ページでソフトウェアのダウンロードは必要ありません。

 → オンラインバージョンアップ手順は、こちら

「ディスプレイメニューでのバージョンアップ」でバージョンアップを行う
本商品のディスプレイメニューから、自動でインターネット上にあるファームウェアを取得して、バージョンアップする方法です。
※ディスプレイメニューでのバージョンアップを行う場合、本ページでソフトウェアのダウンロードは必要ありません。

 → ディスプレイメニューでのバージョンアップ手順は、こちら

「ローカルファイル指定バージョンアップ」でバージョンアップを行う
本商品のクイック設定Webを使用して、「ローカルファイル指定」を行ってバージョンアップする方法です。
以下のファームウェア(ZIP形式圧縮ファイル)を、WindowsまたはMac OS Xを搭載したパソコンにダウンロードして、ファイルを展開(解凍)します。その後、クイック設定Webを開き、ダウンロード・解凍したファイルを指定してバージョンアップを行います。

 → ローカルファイル指定バージョンアップ手順は、こちら

ダウンロード前に「ソフトウェアのご使用条件」を必ずお読みください。
ダウンロードをされた場合は、本使用条件にご同意いただけたものといたします。

MR04LNファームウェア Ver1.2.1
fw  MR04LNファームウェアをダウンロード
公開日 2016/01/26
ファイルサイズ 54,962KB
ファイル形式 ZIP形式圧縮ファイル
対応OS Windows、Macintosh、LinuxなどTCP/IPプロトコルスタックに対応したOS[*2]

(利用可能OSは日本語版に限ります。)

更新内容
  1. 一部のご利用環境において、ディスプレイに不要なポップアップが表示されてしまう現象を改善しました。
  2. ユーザビリティの向上を行いました。
   ※必要に応じて、マニュアルを参照してください。
これまでの更新内容は、バージョンアップ履歴を参照してください。

※ 旧バージョンのソフトウェアの公開はありません。

*1 本ソフトウェアを対象製品以外で使用しないでください。
*2 USB接続時の対応OSは、Windows 10/8.1/8/7[32bit(x86)/64bit(x64)版]、Windows Vista[32bit(x86)版]、
    OS X v10.11/v10.10/v10.9/v10.8/v10.7、Mac OS X v10.6(Intel)のいずれも日本語版です。