HOME > 目的別で探す >  機能別設定ガイド >  PPPoEマルチセッション設定手順

PPPoEマルチセッション設定手順

  • 対象機種 
    WG2600HP3、WG2600HP2、WG2600HP
  • OS、ブラウザの種類など、ご利用の環境によっては表示内容が異なる場合がありますが、同様の手順で設定できます

対象機種

1.クイック設定Webを開き、「基本設定」-「接続先設定」をクリックします。

設定画面イメージ

クイック設定Web画面全体からみた設定位置

▲ページトップ

2.「接続先を選択」から「接続先2(もしくは3)」を選び「選択」をクリックします。

設定画面イメージ

クイック設定Web画面全体からみた設定位置

補足

  • 「接続先設定(PPP)」と記載されていない場合は、設定できません

補足

▲ページトップ

3.「IPv4接続先名」、「IPv4ユーザー名」、「IPv4パスワード」を入力し、「設定」をクリックします。

設定画面イメージ

クイック設定Web画面全体からみた設定位置

補足

  • 「IPv4接続先名」は、任意の名称で設定できます。フレッツ会員向けサービスの設定を行う場合「IPv4ユーザ名」、「IPv4パスワード」には、事前にご準備いただいた「接続用ユーザー名」、「接続用パスワード」を入力します
  • DNSサーバアドレスを登録する場合は「詳細な項目を表示」をクリックします。

    「ネームサーバ」の設定項目が表示されるので「サーバーから割り当てられたアドレス」を「OFF」にし、指定されたDNSサーバアドレスを入力し、「設定」をクリックします

補足

▲ページトップ

4.「インターネット利用可能状態が~」のメッセージが表示されたら「OK」をクリックします。

▲ページトップ

5.設定が反映されると「設定内容を更新~」と表示されます。

設定画面イメージ

クイック設定Web画面全体からみた設定位置

▲ページトップ

6.ホーム画面に戻り、「基本設定」-「接続先の選択設定」をクリックします。

設定画面イメージ

クイック設定Web画面全体からみた設定位置

補足

  • ホーム画面は、画面上部のホームアイコン(以下)を選択すると開けます
    設定画面イメージ

補足

▲ページトップ

7.登録した接続先名の「接続可」を「ON」になっていることを確認します。

設定画面イメージ

クイック設定Web画面全体からみた設定位置

補足

  • 「OFF」になっている場合は、「ON」にして「設定」ボタンを押します

補足

▲ページトップ

8.ホーム画面に戻り、「詳細な項目を表示」をクリックします。

設定画面イメージ

クイック設定Web画面全体からみた設定位置

補足

  • ホーム画面は、画面上部のホームアイコン(以下)を選択すると開けます
    設定画面イメージ

補足

▲ページトップ

9.ドメイン名でルーティング設定を行う場合は、「詳細設定」-「DNSルーティング設定」をクリックします。

IPアドレスのみでルーティング設定を行う場合は、手順13へ進んでください。

設定画面イメージ

クイック設定Web画面全体からみた設定位置

▲ページトップ

10.「DNSルーティングエントリ」画面で「追加」をクリックします。

設定画面イメージ

クイック設定Web画面全体からみた設定位置

▲ページトップ

11.必要な情報を設定し「設定」をクリックします。

設定画面イメージ

宛先ドメイン名 手順3で登録した接続先を使って、接続しにいくドメイン名を入力します。最大64文字まで設定可)
指定方法 「インタフェース」と「ゲートウェイ」が選択できます。
インタフェース 「指定方法」に「インタフェース」を選択した場合に設定できます。
ゲートウェイ 「指定方法」に「ゲートウェイ」を選択した場合に設定できます。
プライマリDNS 「指定方法」に「ゲートウェイ」を選択した場合に設定できます。
セカンダリDNS 「指定方法」に「ゲートウェイ」を選択した場合に設定できます。

クイック設定Web画面全体からみた設定位置

参考

  • フレッツ会員向けサービスの設定を行う場合は、以下のように設定します。
    1. 「宛先ドメイン名」には、フレッツ会員向けサービスの接続先URLを入力
      (例)接続先URLが、「http://www.flets/」の場合、「www.flets」
    2. 「指定方法」-「インタフェース」を選択
    3. 「インタフェース」-手順3で設定した接続先名を選択
    4. 「設定」を選択

参考

補足

  • 設定内容を間違えた場合は、「前のページへ戻る」を選択し、「DNSルーティングエントリ」画面で削除後、再度登録しなおしてください

補足

▲ページトップ

12.設定内容が反映されると「設定内容を更新~」と表示されます。

設定画面イメージ

クイック設定Web画面全体からみた設定位置

▲ページトップ

13.IPアドレスでルーティング設定を行う場合は、「詳細設定」-「静的ルーティング設定」をクリックします。

この設定が必要ない場合は、手順17へ進んでください

設定画面イメージ

クイック設定Web画面全体からみた設定位置

補足

  • フレッツ会員向けサービスをご利用の際は、必要に応じてこの設定を行ってください

補足

▲ページトップ

14.「静的ルーティングエントリ」画面で「追加」をクリックします。

設定画面イメージ

クイック設定Web画面全体からみた設定位置

▲ページトップ

15.「静的ルーティングエントリ追加」に必要な情報の設定を行います。

「設定」をクリックします。

設定画面イメージ

宛先IPアドレス ルーティングを行うIPアドレス(左)とネットマスク(右)を設定します。ネットマスクはビット数形式で入力します。
指定方法 「インタフェース」と「ゲートウェイ」が選択できます
インタフェース 「指定方法」に「インタフェース」を選択した場合に設定できます。
ゲートウェイ 「指定方法」に「ゲートウェイ」を選択した場合に設定できます。

クイック設定Web画面全体からみた設定位置

補足

  • 設定内容を間違えた場合は、「前のページへ戻る」を選択し、「静的ルーティングエントリ」画面で削除後、再度登録しなおしてください

補足

▲ページトップ

16.設定内容が反映されると「設定内容を更新~」と表示されます。

設定画面イメージ

クイック設定Web画面全体からみた設定位置

▲ページトップ

17.ホーム画面に戻り、装置情報に表示された登録した接続先名の「接続」ボタンをクリックします。

「最新状態に更新」を選択し、「インターネット未接続」の部分が「インターネット利用可能」と表示されれば利用可能な状態です。

設定画面イメージ

クイック設定Web画面全体からみた設定位置

補足

  • 「回線接続中」にならない場合は、手順3で設定した「ユーザー名」、「パスワード」が正しくないか、回線がマルチセッションに対応していない可能性があります。回線事業者などにご相談ください
  • クイック設定Webの画面右上または右下に「ログアウト」が表示されている場合は、設定終了時に「ログアウト」をクリックしてからブラウザを閉じてください

補足

▲ページトップ

うまく動作しない場合は・・・

  • Atermの設定完了後のフレッツ会員向けサービスの利用方法は、NTTにお問合せください。

  • フレッツ接続ツールが起動して接続できない場合は、起動しない設定に変更して接続をお試しください。フレッツ接続ツールの設定は、NTTにお問合せください。

  • パソコンのIPアドレスを固定している場合、DNSにはAtermのIPアドレス(初期値:192.168.10.1)を設定してください。
    DNS設定の確認方法の一例を紹介いたします。ここに掲載のない機器確認方法や不明な点は、各メーカーにご相談ください。

    Windows 10/8.1/8/7、Windows Vistaの場合

    1. 「コントロールパネル」を開き、「ネットワークとインターネット」を選択
    2. 「ネットワークと共有センター」を開き、「アダプター設定の変更」を選択
      ※Windows Vistaの場合は、「ネットワーク接続の管理」を選択
    3. ネットワークアダプタ名を右選択し、「プロパティ」を選択
      ※無線接続の場合は、「ワイヤレスネットワーク接続」、有線接続の場合は「ローカルエリア接続」を選択
    4. プロパティ画面で「ネットワーク」タブを開き、「この接続は次の項目を使用します」の中から「インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IPv4)」を選択し、「プロパティ」を選択
    5. 「次のDNSサーバーのアドレスを使う」が選択されている場合は、AtermのIPアドレス(初期値:192.168.10.1)を設定し「OK」で閉じる

    Windows XPの場合

    1. 「スタート」から「コントロールパネル」を開き、「ネットワークとインターネット接続」※を選択、「ネットワーク接続」アイコンをダブル選択
      ※「ネットワークとインターネット接続」アイコンが見あたらないときは、 「ネットワーク接続」アイコンをダブル選択し、手順2に進む
    2. Atermが接続されているネットワークアダプタ名を右選択し、「プロパティ」を選択する
      ※無線接続の場合は、「ワイヤレスネットワーク接続」、有線接続の場合は「ローカルエリア接続」を選択
    3. 「ローカルエリア接続のプロパティ」画面で「ネットワーク」タブを開き、「この接続は次の項目を使用します」の中から「インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IPv4)」を選択し、「プロパティ」を選択
    4. 「次のDNSサーバーのアドレスを使う」が選択されている場合は、AtermのIPアドレス(初期値:192.168.10.1)を設定し「OK」で閉じる
  • DNSサーバアドレス(手順3の「補足」参照)、ルーティングサーバアドレス(手順13~15参照)を設定することで接続できる場合があります

設定が正しく反映されない場合は、
メールにてお問合せください。
メール問合せはこちら

▲ページトップ