HOME > 目的別で探す >  機能別設定ガイド > 初期化方法と初期化後の設定手順

初期化方法と初期化後の設定手順

  • 対象機種 
    WG1200HP、WG1200HS、WF800HP、WF300HP2、WR8165N
  • OS、ブラウザの種類など、ご利用の環境によっては表示内容が異なる場合がありますが、同様の手順で設定できます

対象機種

1.以下を参照し、初期化を行ってください。

新規画面で開きます WG1200HP、WG1200HS、WF800HP 初期化方法

新規画面で開きます WF300HP2、WR8165N 初期化方法

注意

  • 初期化をするとインターネットに接続できなくなります。初期化前にあらかじめ、設定手順を印刷するなどしてください
  • Aterm中継機※の初期化後の設定方法は、Wi-Fi(無線LAN)中継をご参照ください
    ※WG1200HP、WF300HP2、WR8165Nのみ対応

注意

▲ページトップ

2.ブラウザを起動して、ホームページが表示されれば設定完了です。

PPPoEルータの設定が必要な場合は、この時点でホームページは表示されません。
STEP2へ進み、引き続き設定を行います

補足

  • ブラウザ起動時にPPPoE(ブロードバンド)接続の画面が表示される場合は、この画面が表示されないように設定を変更してください。設定方法が不明な場合は、ご契約のプロバイダまたは、パソコンメーカーにご相談ください。

    設定方法の一例として以下のページもご参照ください

    新規画面で開きますパソコンのPPPoE設定(ブロードバンド接続)を削除する方法

注意

▲ページトップ

STEP2 PPPoEルータの場合の設定手順

  • PPPoEルータの設定が必要な場合の設定手順です。それ以外の場合は、以下の設定を行う必要はありません
  • プロバイダから発行されたインターネット接続用のID、パスワードが記載された資料をお手元にご用意ください。
    これらの情報がないと設定できません

対象機種

2-1.ブラウザを起動し新規画面で開きます192.168.10.1にアクセスします。

「ユーザー名」と「パスワード」を入力する画面が表示されたら、プロバイダから発行された資料を参照のうえ、それぞれ入力し「次へ」をクリックします。

設定画面イメージ

 

補足

  • 入力する設定情報
    ユーザー名 接続用IDを入力 フレッツは、ドメイン(@以降)必須
    パスワード 接続用パスワードを入力

    大文字ABC・・・と小文字abc・・・は区別されます

    接続用ID、パスワードはプロバイダにより名称が異なります。契約書類のどの部分が該当するのか不明な場合は、プロバイダにご相談ください

  • 入力したパスワードは●で表示されます

補足

▲ページトップ

2-2.Atermの管理者パスワードを設定する場合は、「新しいパスワード」と「新しいパスワードの再入力」に任意の英数字を入力し「設定」をクリックします。

設定画面イメージ


補足

  • 管理者パスワードを設定しない場合は「スキップ」をクリックします

補足

▲ページトップ

2-3.「設定値を有効に~」の画面が表示されたら「OK」をクリックします。

設定画面イメージ

▲ページトップ

2-4.「再起動中」の画面が表示されます。そのまましばらく待機します。

設定画面イメージ

クイック設定Web画面全体からみた設定位置

▲ページトップ

2-5.ブラウザを起動すると、ホームページが表示されます。

 

▲ページトップ

うまく動作しない場合は・・・

  • 「ページが表示できません」になった場合は、Atermとパソコンが正しく配線されているかご確認ください。無線LANでご利用の場合は、AtermのSSIDと暗号化キーを変更していた可能性があります。らくらく無線スタートを実施して無線の通信を確立してください。その後、ブラウザを起動して、ホームページが表示されれば、こちらの手順を行う必要はありません
  • AtermのACTIVEランプが1秒間隔の点滅する場合は正しい接続用ID、パスワードが設定されていない可能性があります。 手順2-1から設定をやり直してください
  • ACTIVEランプが1秒よりも短い間隔で点滅する場合は モデムと正しく配線されていない可能性があります。配線を確認してください

設定が正しく反映されない場合は、
メールにてお問合せください。
メール問合せはこちら

▲ページトップ