WL54AGとWL54AG (S)の違い

概要

WL54AGは、パソコンに装着して無線LAN端末(子機)として使用できます。また無線LANアクセスポイント(親機)の拡張カードスロットにも装着可能です。

WL54AG (S)は、パソコンに装着して無線LAN端末(子機)として使用できます。ただし無線LANアクセスポイント(親機)の拡張カードスロットに装着して使用するのは不可能です。

参考

WL54AGを装着可能な無線LANアクセスポイント(親機)については、「WL54AGを装着可能な無線LANアクセスポイント(親機)」をご参照ください。

WL54AGとWL54AG (S)の見分け方

WL54AG (S)は、本体背面の機種名が「WL54AG (S)」と記載されています。

機種によっては、以下のようなシールが貼付されています。

「本カードは、パソコン装着用です。Atermシリーズの拡張スロットに装着して使用することはできません。」

「本カードは、AtermWD605CV/WD606CVの拡張カードスロットに装着して使用することはできません。」

また一部の機種では、本体背面の機種名が「WL54AG」でも、無線LANアクセスポイント(親機)の拡張カードスロットにも装着して使用するのが不可能な機種があります。

詳細につきましては、「WL54AGを拡張カードスロット装着時、無線LANができないことがある現象について」をご参照ください。

参考

WL54AG (S)のリサイクル品には、「リサイクル品」と記載されたシールが背面に貼付されています。

リサイクル品と記載されたシールの画像

» このページのトップへ戻る

この画面を閉じる